天才とは、1%のひらめきと99%の努力である。-トーマス・エジソン-

(引用元:癒しツアー|トーマス・エジソンの名言・格言

この言葉を知らない方は、さすがにいないはずです。努力なくして成功なし。一生懸命取り組むことで、成功は生まれるのだ。日本人の気質とも相まってか、日本で最も有名な格言の一つとも言えるでしょう。

しかし、努力を重視しすぎれば、必ずどこかにガタが来ます。頑張り続けているのに成果がでない。俺の方が頑張っているのになんであいつが……。そんな風に思う人がいるなら、努力の意味は問い直されるべきなのかもしれません。

今日は、努力することについて、エジソンの名言を通して考えてみたいと思います。

1%のひらめきこそが重要!?

白熱電球や蓄音機、活動写真や電力システムをはじめ、生涯で1,300もの発明を成し遂げた「発明王」トーマス・エジソン。現代に生きる我々の生活の基盤を作り上げた彼の偉業は、今更ここで取り上げるまでもないでしょう。

そんな彼が残した有名な言葉が、冒頭で紹介したものです。いわゆる「99%の努力と1%のひらめき」というやつですね。その意味が実は誤って解釈されていたということ、ご存知でしょうか。いろいろなメディアで、実はこの格言は「1%のひらめきがなければ99%の努力も無駄になる」というのが真意だった、と取り上げられています。ご存知でしたか?

「私は1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄になると言ったのだ。なのに世間は勝手に美談に仕立て上げ、私を努力の人と美化し、努力の重要性だけを成功の秘訣と勘違いさせている」

(引用元:NewsACT|エジソンの名言「天才とは1%のひらめきと 99%の努力である」は誤訳だった?彼が本当に伝えたかった事とは?

一方で、エジソンが会見や取材の場で、努力の必要性について何度も発言したのも事実です。

天才とはひらめきによるものだ、という議論がエジソンの前で起こった時、彼はこう言い放ったという。「フン!天才とはインスピレーションではない。インスピレーションは、まず汗をかき努力することで生まれるのだから」

(和訳して引用:Quote Investigator|Genius Is One Percent Inspiration, Ninety-Nine Percent Perspiration

また、彼の母国アメリカではこの言葉は「天才には努力が必要」という意味で使われているようです。(参考:Wikipedia|トーマス・エジソン

では一体、この言葉の真意はどんなものなのでしょうか。

kishimotosama-ec
15年以上のブランクから3ヶ月でTOEIC845点! 英語を身につける最速の方法と、いま英語を学ぶ理由。
人気記事

エジソンは100%の努力とは言わなかった

ここで注目したいのが、エジソンは決して「100%の努力」と言わなかったことです。

文字どおり努力の人であったエジソン。睡眠時間もロクに取らず、「私の若い頃には、1日8時間労働などというものはなかった。私が仕事を1日8時間に限っていたら、成功はおぼつかなかったはずだ」と語ったと言います。そのエジソンが「1%のひらめき」と言うのです。彼自身、何か思うところがあったのかもしれません。

発明王と名高いエジソンですが、彼の有名な功績の中は「改良発明」も多くあります。これは、他人が発想したアイデアを、材料やシステムを改良して効率的に作り変えること。一般的に日本人が得意とするものですね。

白熱電球も、エジソンの功績は「フィラメントの材料を変えて連続点灯時間を大幅に延ばした」ことですし、無線機や活動写真も、他人の発明をより使いやすくしたことが評価されました。もちろん、彼独自の発明もたくさんありますし、改良発明自体、素晴らしい功績です。

これは筆者の推論に過ぎませんが、「99%の努力」発言の裏には、努力だけで発明は成功しないという、彼自信の経験があるのかもしれません。

99doryoku-1hirameki02

1%のひらめきとは一体なんなのか

では、これほどまでにエジソンが重視した「ひらめき」とは、一体なんなのでしょうか。難しい数学の問題を唸りながら解く時に降りてくる、あの感覚でしょうか。それとも、IQクイズを解いた時の、あの快感でしょうか。

確かにそうしたものも「Inspiration=ひらめき」と呼ぶかもしれません。しかし、ここで筆者が提唱したいのは、ひらめきとは「努力を効率化するための工夫」だということです。

未だに日本では「努力とは、長時間頑張ること、自分に負担をかけること」という雰囲気が根強いままだ。そう語るのは、脳科学者の中野信子さんです。(参考:中野信子著(2014),『努力不要論』,フォレスト出版.)

筆者も同感です。身の回りにも、テスト前に「全然寝てないんだ」と自慢したり、就職活動で「10個も企業のブース回ってさ」とアピールしたりする人が多くいます。

たしかに長時間の頑張りが必要な時もあるでしょう。ですが、それが全てではないはずです。自分の目標を見つめ、何が必要なのかを把握し、計画的にそれを実行する。そして随時軌道修正を行う。自分を俯瞰し最短距離を走り続けようとするその姿勢が、Inspirationであり、ひらめきではないでしょうか。他人の発明であっても、より効率的な方法を探して改良を続けたエジソンの生き様からは、そんなメッセージが感じられるように思います。

参考
NewsACT|エジソンの名言「天才とは1%のひらめきと 99%の努力である」は誤訳だった?彼が本当に伝えたかった事とは?
Quote Investigator|Genius Is One Percent Inspiration, Ninety-Nine Percent Perspiration
Wikipedia|トーマス・エジソン
中野信子著(2014),『努力不要論』,フォレスト出版.
癒しツアー|トーマス・エジソンの名言・格言