いよいよ受験生活も佳境ですね。
今回は受験が終わってから、いざその大学に通うまでにするべきこと・しておくといいことを紹介します。

3dbad07a-dd21-407f-a160-7b8fb61c20d2

badge_columns_1001711両親に感謝

これは言わずもがなだと思います。
必死に一つのことに打ち込むあなたを毎日支えてくれた両親に、しっかりと感謝の気持ちを伝えましょう。
特に多くの人が今後大学に入るにあたって一人暮らしを始めるため、家を出ます。
日々の感謝とともに巣立つと、両親も「成長したな〜」なんて思うのかもしれません。

miyauchi-980
TOEIC980点獲得! 「読むのが遅い」を乗り越えるために、トレーナーが課した意外な方法。
人気記事

badge_columns_1001711住む場所の予約

上にも書きましたが、大抵の人が大学入学を機に親元を離れて一人暮らしをすると思います。
大学の合格発表のあとに家探しをしても良いのですが、多くの人が合格発表後に行動するため、良い物件がない可能性があります。
特に大学の近くのアパートは人気のため、合格発表の前に仮契約をしておくといいでしょう。
実際、不動産屋さんも仮契約してくれます。余分なお金も一切かかりません。
僕の場合は二次試験の翌日に仮契約をし、「12時に合格発表があるので受かっていたら契約します」と伝えたら12時半に確認の電話が来ました。

badge_columns_1001711「大学でやりたいことリスト」を作る

高校までと違って、大学は自由です。何もかも自分の思い通りにできるし、そのかわり全ての責任が自分につきまといます。
ただ、あまりの自由さに時々自分が何をしたいのかわからなくなってしまう時がくるかもしれません。自分に降り掛かる責任を顧みずに、自由をはき違えた行動をしてしまうかもしれません。
大学生活を充実させるためにも、入学前に「大学でやりたいことリスト」を作ってみてはいかがでしょうか。
勉強は後回し、とりあえずアルバイトをしてサークル活動に参加し、週末は飲み会。
よくある大学生のパターンですが、そんなサイクルにはまりたくない方にもおすすめです!

Office workplace with wooden desk.

badge_columns_1001711遊ぶ

受験が終わってから最もやりたいことに当てはまるかもしれません。
今まで長時間机に向かってきたので、そのストレス発散と、あと自分への慰労も込めて存分に遊びましょう。
また、まだ受験が終わっていない人は「あと少し頑張れば、思いっきり遊べる!」という心境に持って行って切り抜けましょう。
実際多くの学生が「受験さえ終わればあとは遊ぶだけだ」と思ってラストスパートを駆け抜けたと思います。

badge_columns_1001711第二外国語の勉強

大学に入ると、第二外国語を選択しなくてはならない場合があります。
英語で苦労した人はわかるかもしれませんが、言語を学ぶのは容易ではありません。
大学での単位や点数が確実に欲しい人は、入学前に第二外国語の勉強をしておくことをおすすめします。
「どの言語がいいのかわからない」という人はこちらの記事

大学で学ぶ「第二外国語」って?人気の3つの言語をご紹介します!

も参考にしてみてください。

高校時代最後の春休みになります。人生の中でも大きな区切りとなる期間だと思うので、ぜひ有意義に過ごしてくださいね。


東京大学文科三類所属。磐田南高校卒業。4歳からサッカーとピアノを始める。大学ではスペイン語を学んでいる。三島由紀夫とMr.Childrenをこよなく愛する。将来はスペインに住んで日がな一日レアルマドリードの試合を見て天寿を全うしたい。