勉強や仕事で疲れたとき、みなさんはどうやってリラックスしていますか。
好きな音楽をきいたり、あたたかいお風呂にゆっくりつかったり……自分なりのリラックス法がある人も多いと思います。
そのうちの1つに、「香り」を使ったリラックス法を追加してみませんか。
このコラムでは、アロマオイルを使った手軽なリラックス法を紹介します。

badge_columns_100171アロマは脳にも良い

においに関するコラムは以前にも書かれています。
脳は「匂い」に逆らえない。匂いで記憶をコントロールする方法。

上記のコラムでは、においが記憶に残りやすいこと、においが他の記憶を思い出すきっかけになることを説明し、勉強机の上に好きな香りのお香やアロマを置くことを提案しています。
でも、においの効果は記憶にのみ作用するわけではありません。
においは脳をリラックスさせる効果もあるのです。

実際に好きなにおいを嗅いでリラックスした経験がある人も多いと思います。
これを脳の観点から説明します。
においの情報は大脳辺縁系に伝わり、安全なにおいであるかどうかの判断が下されます。
そして安全でかつ気持ちの良いにおいだと判断されると、瞬時にリラックスします。
なぜなら、大脳辺縁系は記憶だけでなく感情をつかさどる部分でもあるからです。

好きな香りに囲まれながら勉強すれば、リラックスもできて記憶にも役立てることができ、一石二鳥ということですね。

girl-470568_1280

fujitasan-ec
会社経営&子育てしながらでも62日でTOEIC250点アップの950点! 秘訣は正しい「学び順」と「鍛え方」
人気記事

badge_columns_100171手軽にアロマオイルを楽しもう

ではにおいを使ってリラックスするためにはどうすればよいのでしょうか。
好きな香りのお香やアロマを机の上に置いておくだけでなく、様々な楽しみ方があります。
以下で、手軽に様々な場面で使えるリラックス法を紹介します。

まずはアロマオイルを用意します。
一番好きな香りのするオイルを選びましょう。

◆ハンカチに◆
ハンカチやティッシュにオイルを数滴たらせば、外出中でも好きな香りを楽しむことができます。
通学や通勤の途中でも、トイレ休憩のときでも、ちょっとしたときに取り出せます。
ただし、ハンカチはオイルの種類によってはシミになる場合があるので注意してください。

◆マスクに◆
マスクをしているときは、マスクにオイルをたらせば、勉強中でもずっと香りを楽しめます。
ただし、皮膚や唇に直接オイルが触れないように注意してください。

◆マグカップに◆
マグカップにお湯を入れてアロマオイルを数滴たらすと、湯気とともに香りが広がり、勉強の気分転換になります。

◆スプレーに◆
スプレー容器に水を入れ、そこにアロマオイルを数滴たらします。
勉強に疲れたらシュッとひとふきし、気分転換しましょう。

◆お風呂に◆
湯船にアロマオイルを数滴たらすと、浴室中に香りが広がります。
香りがなくてもリラックスができるお風呂。香りを追加することで、一層リラックスできる至福の時間にしませんか?

◆枕元に◆
オイルをティッシュやコットンなどにたらして枕元に置くと、好きな香りに囲まれながら眠りにつくことができます。
勉強で頭をフル回転させたせいでなかなか眠れないときでも、気分がリラックスして気持ちよく眠れるはすです。

◆ハウスキーピング◆
アロマオイルを掃除するときの雑巾やシートにたらしたり、掃除機のごみパックの部分にたらしたりすることで、掃除しながら好きな香りが楽しめます。
洗濯のすすぎのときにオイルを1~2滴入れると、洗濯物がほのかに香ります。
日常生活に取り入れることで、勉強していないときでも自然にリラックスすることができます。

アロマオイルを使った香りの楽しみ方は、ポットやランプを使った芳香浴やアロママッサージ等、本格的なものもありますが、ここでは手軽にできるものだけを紹介しました。
勉強に疲れた人は、リラックス法の1つとして参考にしてみてください。

【参考資料】
横倉恒雄、2008年『疲労脳に克つ ストレスを感じない脳が健康をつくる』角川SSC新書
アロマオイル辞典


東京大学文学部行動文化学科社会学専修課程。ノートルダム清心高校卒業。大学ではセクシュアリティについて勉強している。忍者が好き。服のセンスとユーモアのセンスがほしい。