朝、目が覚めても「出勤するまでにはまだ時間があるから、もうちょっとゴロゴロしていてもいいかな~」と、布団の上でゴロゴロ。気付いたらまた夢の中……。

あなたもこんな経験をしたことはありませんか? 「朝起きる」ということは、非常に難しい課題です。特に冬、朝から元気に動き出すことができるなんてことは、もう完全に夢物語です。

しかしながら、朝、すぐに動きだすことができないと、二度寝をして遅刻してしまったり、しっかり目が覚めないまま仕事に取りかかって大きなミスをしてしまったりと、大変なことになってしまいます。

とにかく眠くてしかたがない朝、どうしたらすぐに動きだすことができるのでしょう。今回は、朝からスムーズに行動を始めるための習慣について紹介します。

朝、気力を振り絞って起きるのは非常にもったいない

毎朝、気力を振り絞って出勤ギリギリの時間にようやく布団から出てきて動きはじめる。その行動は非常にもったいないといえます。

何がもったいないのかというと、「意志力」です。意志力とは、私たちが決断や選択をするときに消費される力のこと。たとえば、朝の時点で10/10あったはずの意志力は、何か決断をするたびにどんどん消費されていくのです。

【決断1】⇒ 意志力(9/10)
【決断2】⇒ 意志力(8/10)
【決断3】⇒ 意志力(5/10)

そしてこの意志力は朝起きたときが最高で、日中はほとんど回復せず、決断を行うたびに消費されてしまいます。ですから、朝、気力を振り絞って起きるような場合、10/10あったはずの意志力が、起床の決断のために消費されてしまい、起きるだけで9/10になってしまうのです。

本来ならば、決断力が必要な日中こそ意志力を使いたいですよね。ただ朝起きるためなんかに使ってしまったら、それ以降の決断に支障が出てしまうかもしれません。そこで意志力を浪費しない方法を紹介します。それは、朝すっきりと起きることを習慣化してしまうことです。

しかしながら、朝、すぐに動きだすことを習慣化するのはあまり簡単ではありません。どうすれば早起きなんてできるようになるのでしょうか?

ishidasama-ec
「英語が聞けない」を克服! 外国人上司と仕事するまでに。TOEIC®でも900点獲得。
人気記事

小さいことからコツコツと

物事を習慣化するときに大切なのは、「小さなことから始めて、徐々に負荷をかけていく」ということです。

「ディープ・イグジスタンス」というサイトを運営し、自己成長について調査をしているスティーヴン・ガイズさんは、著書『小さな習慣』の中で小さいことから始めることの大切さを伝えています。

「新たな習慣にしたい」と思っている行動を、もっともっと小さくすることを勧めています。失敗しようがないぐらい、ばかばかしく思えるほど小さなステップを決めて、それを繰り返す。徐々に生活の一部にしていき、気づけば大きな成果が得られる…

(引用元:リクナビNEXTジャーナル|ばかばかしいぐらい小さい目標が大きな成果に!「小さな習慣」のススメ

たとえば、英語学習を始めたばかりの人が「毎日、単語帳を一冊全て読む」という習慣をつけようとしても、うまくいかないでしょう。これは極端な例ですが、自分の実力からかけ離れたことを習慣化しようとしても、できない自分に嫌気がさし、止めてしまう可能性が高いですよね。

これは、朝すっきりと起きることができない人にも当てはまります。つまり、「朝、目覚まし一回ですっきりと起きる」という目標が「毎日、単語帳を一冊全て読む」のような大きすぎる目標になっているのです。

もっと小さい目標、「ばかばかしく思えるほど」の目標を立ててみましょう。

asa-mezamashi1kai02

起きたらまずはガムを噛もう

そこでおすすめなのが、「朝起きたらすぐにガムを噛む」という簡単な方法です。どうしてガムを噛むことで眠気がはれるのかというと、噛むという行為が脳への刺激となるからなのだそう。

朝食をよく噛んで食べたりすることで脳が刺激され、目が覚めます。
朝食をとれない場合はガムでもOK。

(引用元:フミナーズ|朝なかなか起きられないのですが、すっきりと目覚める方法はありますか?

朝食をよく噛んで食べることで、脳をつかさどる前頭前野が刺激され活性化されることが実証されていますが、朝食を食べるまでの行動は割と面倒です。眠い時は、布団から出て、席へつくだけのそれだけのことですら嫌になります。ひとり暮らしなど、自分で朝食の準備をしなくてはならないという場合は、なおさら面倒です。

その点ガムであれば、枕もとにガムのボトルを置いておくだけで、起きたその瞬間に口に入れることができます。朝起きたら、まず何も考えずにガムを噛むことに集中する。そうすることで簡単に朝すっきりと動き出すことができますよ。

***
朝、目が覚めても動き出すことができないという方は、まずはガムを噛むという簡単な習慣から始めてみてはいかがでしょうか?

(参考)
リクナビNEXTジャーナル|ばかばかしいぐらい小さい目標が大きな成果に!「小さな習慣」のススメ
フミナーズ|朝なかなか起きられないのですが、すっきりと目覚める方法はありますか?
フミナーズ|朝起きられない私が試した二度寝しない方法【不眠解消レポート】
STUDY HACKER|意志力なんか当てにするな! 習慣化を成功させる、上手な “しくみ” の作り方。
nikkei WOMAN Online|朝が苦手なあなたへ。すっきり目覚める秘策