backpacker01

あなたは、日常的に英語を使っていますか? 英会話レッスンを受ける、留学生と話すなど、英会話を練習する手段はいろいろとありますが、普段の日本の暮らしの中では、外国の方に触れ日常会話として英語を使う機会はそう多いものではありません。

英語を日常的に使ってみたい、と思っている方に今回おすすめするのが、「バックパッカー」です。
旅行の醍醐味を味わえて、英語を話す度胸がつき、英会話も上達する、まさに一石三鳥のバックパッカー。そんなバックパッカーのメリットについて、ご紹介します。

世界中のバックパッカー仲間と交流ができる

バックパッカーとは、その名の通りバックパックを背負って旅行をする人のこと。最近は円安の影響で外国人観光客が増え、街中でもよく外国人バックパッカーを見かけるようになりました。大きなリュックサックを背負っている姿が印象的ですよね。低予算で旅行することから、主に若者に人気のある旅行スタイルです。

旅行会社のツアーは使わず、自分で旅程を組み、ユースホステルなどの安価な宿に泊まることが多いのが特長です。ユースホステルには外国から来たバックパッカーが集うことが多く、社交性が重要。バックパッカー間で交流しながら滞在しますので、言語や文化の壁を越えてコミュニケーションをとることが当たり前の環境となります。

日本人バックパッカー同士の交流を深めたり、現地にいる友人と交友を深めるのもまた良いことですが、外国出身のバックパッカーと積極的に交流して仲良くなってみましょう。

couple
TOEIC600点台のご夫婦が二人とも850点オーバーに! 科学的トレーニングで英語力急上昇。
人気記事

旅行の手配はすべて自分で、すべて英語で行う

日本人が海外でバックパッカーとして旅行する場合、大前提となるのが英語です。

バックパッカーとして旅行していると、英語を話すのに躊躇している暇などありません。自分で旅程を組んでいますので、いくら日本から持ち込んだ観光ガイドブックがあっても、旅行に必要なことは自分で現地の人に直接コンタクトしながら確保していく必要があります。

また、上述のように、宿泊先としてよく使われるユースホステルでは、バックパッカー同士交流しながら滞在することが普通ですので、起きてから寝るまでの間ずっと、必然的に英語を話す環境となります。また、日本人が宿泊していそうにないホステルを探したり、外国人のみのドミトリー(相部屋)を選ぶのも一つの方法。カウチサーフィンといって、現地の民家に宿泊できるシステムもありますので活用してみましょう。カウチサーフィンについては、STUDY HACKERで以前記事にしていますので、参考にしてみてください。
→STUDY HACKER|いま話題のサイト「カウチサーフィン」で国際交流はいかが?

backpacker02

旅程は完全カスタマイズ。思いのままに臨機応変な旅も可能

バックパッカーの良いところをもう一つ挙げましょう。好きなときに、好きなだけ、好きな場所に居られるということ。急に行きたくなった場所にも気軽に行けますし、気に入った場所には長く滞在することも可能です。

現地では積極的に情報を仕入れましょう。気になる情報や行ってみたい場所があったら、移動や滞在の手段を自分で手配し、興味の赴くままに旅行が可能です。
また、同じ場所に長く滞在していると、バックパッカー仲間が次々と入れ替わります。新たに加わった人におすすめの情報を教えてあげたり、滞在中の手伝いをする機会が出てくることも。

いろいろな場所で、多種多様な人と、その場に合わせたコミュニケーションを行いますので、自分の使える英語の幅も広がるでしょう。

***

日本にいるだけでは、英語を日常的に話す環境はなかなか作れるものではありません。
ぜひ、バックパッカーに挑戦してみませんか? 普段とは違った世界の中で、積極的に英語を使うことで、あなたの日常に英語を取り入れてみましょう。きっと一回り成長した自分になっていることが実感できると思います。

アジアなどの近場であれば、低予算かつ少ない時間でも旅行することが可能です。あなたに合ったスタイルを見つけてみてください。


東京大学文科三類所属。磐田南高校卒業。4歳からサッカーとピアノを始める。大学ではスペイン語を学んでいる。三島由紀夫とMr.Childrenをこよなく愛する。将来はスペインに住んで日がな一日レアルマドリードの試合を見て天寿を全うしたい。