woman in the field

あなたのペンケースは何色でしょうか。
手帳は?
ボールペンはどうですか?

もし黄色や赤、暖色系のものなら、すぐに『青』のものに換えた方がいいかもしれません。なぜなら、寒色系の色は勉強にぴったりだから。

視覚は人間の感覚の大部分を占めるといわれています。今回は、作業効率に影響を与える「色」のおはなし。

badge_columns_1001711「青」で気分リラックス!

寒色系のものを見ると、副交感神経が活発にはたらくと言われています。副交感神経は安静時に活発になる神経。青には人をリラックスさせる効果があるんだとか。

また、

セロトニンの分泌を促し、(略)その結果、リラックス効果と集中心が生まれる。
(南雲治嘉著「色の新しい捉え方」光文社新書より)

とも言われています。セロトニンは「幸せホルモン」とも言われる物質。興奮を沈め、人を落ち着かせる。青色の知られざるパワーですね。

イギリスのあるショッピングストリートでは、街灯の色を青に変えたところ犯罪発生率が激減。日本でも駅ホームの照明を青にした結果自殺者が減少したことが知られています。

青い空を見たら気分が落ち着いた…
そんな経験、誰にでもあるはず。作業がすすまない時って、イライラしがちですよね。そんな時、リラックスしてスムーズに生活するためにも、青色のアイテムを増やしてみてはいかが?

Young woman in hat

kishimotosama-ec
15年以上のブランクから3ヶ月でTOEIC845点! 英語を身につける最速の方法と、いま英語を学ぶ理由。
人気記事

badge_columns_1001711「青」は時間を加速させる?

青色を見ると時間が早くたったように感じられる…
そんな研究結果が出されています。

1人をピンクの壁紙と深紅の絨毯が敷かれた赤い部屋に入れる。そしてもう1人をブルーのカーテンと水色の壁紙が張られた青い部屋に入れる。そうして時計を持たずに1時間たったら出てきてほしい依頼すると、赤い部屋に入った者は40~50分ぐらいで出てくるが、ブルーの部屋にいる人は70~80分は出てこない。

色によって異なる時間感覚 より)

驚くべきことに、色は人の時間感覚にも影響をあたえるんだとか。これを利用して、あるファストフード店では客の回転率をあげるために、店内を暖色系で統一しているとのこと。

カラーカウンセリングを専門とするサイトでは、会議室の内装を寒色系でまとめることを推奨している。そうすることで、会議時間が短く感じられ、中身の濃い議論が期待できるとしています。

集中していない時ほど、時間はゆっくりと流れるもの。ダラダラ作業を続け、時計を見るとたったの15分しかたっていない……。ちょっとぞっとしますね。

身の回りのアイテムを青でまとめれば、あっという間に時間がすぎ(ていくように感じ)ます。早くしないと終わらないぞ、まずいまずい。こんな風に、意識も変わるはず。

***

作業効率に影響を与える「青」。たかが色を変えただけで……と思う方もいるかもしれませんが、あなどるなかれ。リラックス効果と時間を操るパワーで、作業がぐんぐん進むかもしれませんよ。

参考
青色防犯灯で犯罪が激減?
色によって時間の感覚が違う?
愛知県共済 インターネット文化講座 「カラーコーディネーターに聞く色の活用術」
色によって異なる時間感覚
南雲治嘉著「色の新しい捉え方」光文社新書


東京大学理科二類所属。県立浦和高等学校および駿台予備校出身。小さいころから自然や生き物に関心を持ち、高校時代に読んだ福田伸一の「生物と無生物のあいだ」に刺激をうけ、分子生物学を志す。テニス歴6年。AKB48の大ファン。