夜になかなか寝つけない……。

明日も早いからと布団に入ったものの、なかなか眠気が訪れない。このままでは明日の仕事に差し支えるかもしれないと焦ってしまって、一層眠気が遠くなってしまった経験はありませんか?

もしかしたら、寝つきが悪くなった原因はブルーライトかもしれません。今回はブルーライトから目を守りつつ安眠を確保する方法を紹介します。

ブルーライトは睡眠の敵?

スマートフォンやパソコンの液晶画面が発しているブルーライトがどんな光なのか知っていますか?

ブルーライトは、可視光線の380nmから500nmの紫から青色の短波長光を指します。光の中では紫外線の次に強く、可視光線の中では最もエネルギーが強い光がブルーライトです。 眼への負担が強く、太陽光にも含まれる光であることから、夜間に長時間浴びると、体内時計を狂わせるとも言われています。

(引用元:メガネ本舗│ブルーライト対策/ブルーライトとは

このようなブルーライトが目から入ると、睡眠を誘発するホルモンであるメラトニンの分泌が抑制され、眠気が遠ざかってしまうことになります。ブルーライトは日光に多く含まれていることから、日光浴には目覚まし効果があるのです。

それと同様に液晶画面の光もブルーライトを多く含んでおり、日光を浴びるかのように人間の目を覚まさせる効果があります。このことから、夜遅くまでパソコンやスマートフォンを使っていると、身体が覚醒モードになってしまい寝つきが悪くなるのです。

しかしそうは言っても、なかなか液晶画面から離れられないという人も多いでしょう。メールをチェックしたり、翌日のスケジュールの確認をしたり、電子版の新聞を読んだりと、寝る直前までパソコンやスマートフォンを手放せず、ブルーライトを浴び続けてしまうのではないですか?

そんな人には少しでもブルーライトの影響を避けるため、ブルーライトカットメガネの使用をオススメします。

kaji-855-ec
TOEIC 3ヶ月で400点アップ! 英語の「ジム」 English Company モニターインタビュー
人気記事

ブルーライトカットメガネとは

ブルーライトカットメガネとは、その名の通りブルーライトをカットする特殊なレンズを使用したメガネです。Zoff PCJINS SCREENなど、多くの種類のブルーライトカットメガネが市場に出回っています。

ブルーライトカットメガネは、サングラスが日光を遮るようにモニターや蛍光灯のブルーライトを遮断してくれる効果があります。このメガネを着用すると目に入るブルーライトの量が軽減され、それによって睡眠リズムの乱れや、強いブルーライトによる疲れ目の発生を軽減することが可能なのです。

また普段使っている度入りのメガネにブルーライトカット機能を追加することもできますし、裸眼やコンタクト装用の場合は、度なしのレンズを選択することもできます。ブルーライトカットメガネは視力にかかわらず使うことができるのです。

長時間のパソコン作業でも目が疲れにくくなるため、デスクワークの多い人には愛用者が増えています。筆者も実際そのひとりで、今ではパソコンを開くと同時にブルーライトカットメガネをかける習慣がついています。

bluelight-cut02

選ぶときのコツ

市場に出回っているブルーライトカットメガネには、実に様々な種類があります。フレームの色や形はもちろん、レンズの「ブルーライトカット率」にも種類があり、「ブルーライトカット率」で見え方も違ってきます。

ブルーライトカットメガネのレンズは一般的に濁った褐色をしているものが多く、メガネをかけたときの見え方の違いはブルーライトのカット率に比例しています。ブルーライトは光の一部ですので、それをカットしてしまうことが色合いの違いに繋がるのです。

それゆえ、カット率の高いメガネは必然的に視界が黄色がかって見えてしまうことになります。この「色合いの違い」がストレスになってしまう人は、色合いに影響の少ないカット率50%までのブルーライトカットメガネを使うのがよいでしょう。どの程度のカット率が自分に合うのか、実際に店舗に行って試してみるのをオススメします。

併せて気をつけたいポイント

このようにブルーライトカットメガネはブルーライトから目を保護してくれるので、目を疲れにくくしたり安眠の確保に効果がありますが、さらにその効果を高める方法があります。それは部屋の照明を変えることです。

白色の明るい蛍光灯やLEDにはブルーライトが多く含まれていて、その強い光自体が睡眠誘発ホルモンであるメラトニンの分泌を抑制する性質を持っているのです。そのため、寝る時間が近づいたら、部屋の電気を暖色系の間接照明などに切り替えることで、身体が自然に睡眠モードに切り替わります。

パソコンのモニターやスマートフォンを使用する場合にも、画面の明るさをなるべく落として使うようにしましょう。パソコンのモニターは色温度を調節することが可能なので、色温度を暖色に整えてブルーライトの割合を減少させます。また「ブルーライト軽減フィルター」などスマートフォンのアプリを利用するのもよいでしょう。

ブルーライトカットメガネを使用し、照明やモニターの設定を変更することで、だいぶ眠りに入りやすくなるはずです。

***

現代人の生活は、液晶画面と切っても切れないものになっています。
その新しい環境の中で睡眠障害を起こさないために、今よりも少しだけブルーライトに気をつけるようにしてみましょう。

(参考)
Wikipedia|メラトニン
Simplify the Internet Business|目が疲れないスマホとPCモニターの明るさ調節とディスプレイ設定方法
東京西川|ブルーライトと睡眠の関係
メガネ本舗|ブルーライト対策/ブルーライトとは
いしゃまち|スマホから出る「ブルーライト」 体内に悪影響
日本経営合理化協会|第29回 「ブルーライト」のお手軽緩和術
Zoff|Zoff PC
JINS|JINS SCREEN