予習、授業、復習。このサイクルを守ることが、学力をつけるには必要です。予習で疑問点を把握し、授業でその疑問点を解決し、復習で知識を定着させる。このサイクルの中で最も重要なのが、復習であると言われています。

しかし、効果的に復習をするのはとても難しいということを、多くの人が感じてきたことでしょう。「エビングハウスの忘却曲線を意識して、タイミングよく復習しよう」であったり、「憶えたいことをもう一度インプットするには寝る前15分が最適」といった方法を聞いては、実践してみようとした経験がある人は少なくないと思います。

確かにこれらの方法は効果的でしょう。しかし、非常に手間がかかります。そのため、勉強することが増えていくうちに、その復習サイクルを保つことが難しくなったり、復習に力をいれる分、新しく知識をインプット・アウトプットするために使う時間が短くなったりしまいます。

そこでこの記事では、筆者のようにずぼらな人間でも簡単に取り組める、「A4のコピー用紙を使った超効率的な復習方法」を紹介します。

なぜコピー用紙?

最初に、コピー用紙を使って復習することのメリットをお伝えしましょう。

1. 圧倒的なコストパフォーマンス

何といっても、一枚当たりの値段が安いのがメリットです。事務用品店に行けば、500枚入りのものを400円ほどで買うことができます。ルーズリーフを使った復習法なども世の中にはありますが、ルーズリーフは大体100枚で300円ほどしてしまうもの。性能も対して変わりありません。コピー用紙は、とてもコスパが高いのです。

2. 自由度が高い

そして、コピー用紙には線も枠も何も書いていない真っ白な紙であるため、文字のサイズを好きに変えたり、図形を自由に書いたりすることができます。時間をかけずに復習するためには、紙に書き写すことに多くの時間を使ってはいられません。無地のコピー用紙を使えば、罫線などを気にせず、スピーディーに情報を書き写すことができるのです。

kaji-855-ec
TOEIC 3ヶ月で400点アップ! 英語の「ジム」 English Company モニターインタビュー
人気記事

コピー用紙をどう使う?

コピー用紙の利点が分かったところで、次にコピー用紙の使い方を見ていきます。これが、効率的な復習を行うために大事な準備段階となります。

ここで新しく用意してほしいものは、さきほどのコピー用紙と、クリアファイル(科目の数だけ)。それらが用意できたら、あとは、コピー用紙にその日に新しく学んだことを書いていくだけです。

ただコピー用紙に書くだけであれば特に効率のよさそうな要素はない、と思うかもしれませんね。コピー用紙を使って復習を効率化するには、3つのポイントをおさえる必要があるのです。

1. コピー用紙は片面しか使わない

このことが、実際に復習をする段階で極めて重要になります。詳しくは、次の項目で紹介します。

2. 憶えたいポイントは、1枚の紙につき1つに絞る

例えば、政治の形態というテーマが授業で扱われ、自由主義、民主主義、独裁主義の3つがその中で説明されたとします。そうしたら、1枚の紙には、自由主義という1つだけの話題について書くのです。コピー用紙はたっぷりあります。惜しまず、ポイントごとに分けて書きましょう。

3. できるだけ簡潔に書く

復習の時にこのコピー用紙を見直すことになります。その時、すぐに内容が見て取れるように、できるだけ簡潔に書きましょう。さきほど、1枚の紙にテーマは1つに絞る、と書きましたが、テーマを1つに絞ってもさらに項目がわかれるのであれば、1枚の用紙内に情報がまとまるくらいの量になるように、適宜分割しましょう。またこの時、1つの授業のために使った用紙には、通しの番号を振っておいてください。

copy-yoshi02

効率的な復習の手順とは?

さあ、ここからが復習の本番です。コピー用紙に情報をまとめる方法をお伝えしてきましたので、最後に、クリアファイルを使って用紙をまとめ、実際に復習する手順を紹介しましょう。

クリアファイルの使い方

やり方はシンプル。1つの科目につきひとつクリアファイルを用意し、通し番号を振った順番に上から重ねて、用紙をクリアファイルに入れていくという、たったこれだけです。

復習の手順

1. まず、ファイルに入っている紙をすべて取り出して、一番上から順番に、それを見ていきましょう。見ていくものの中で、内容がぱっと思い出せないもの、理解がまだできていないものを見つけたら、それを抜き出してください。

2. そして、ファイルの中の紙を一通り見終わったら、抜き出した紙を一番上にして、ファイルの中にしまいましょう。それを、どの科目に対しても行います。このようにすると、インプットが不正確な部分、つまり、復習の優先順位の高い情報が書かれていいる紙が上に行くようになります。

3. あとは、優先順にしたがって復習を行うだけです。

コピー用紙を使って復習することのメリット

優先的に復習すべき内容がどれなのかがはっきりしているので、テスト前などにどこを重点的に見直したらいいのかが一目瞭然になります。本来時間をかける必要のなかったところに時間をかけてしまい、本当に復習が必要だった箇所を復習する時間が足りなかった、などという事態を防ぐことができます。

また、コピー用紙の入ったクリアファイルさえあれば復習ができますので、非常にコンパクト。1枚のコピー用紙にはポイントが絞られていますので、まとまった時間が取れないときには、「とりあえずこの1枚だけ」のような形で復習することもできます。とても効率的ですね。

さらに、紙には通し番号が振ってありますので、復習が終わったら番号順に戻せばよいですし、連続した内容を確認するのにも役立ちます。

***
授業の復習だけでなく、資格試験の勉強などにも使えるのではないかと思います。

限られた勉強時間。この、まったく新しい復習法を使って、優先順位の高いものから集中的につぶして、実りある復習をしてみてはいかがでしょうか。

(参考)
野口悠紀雄著(1993),『「超」整理法―情報検索と発想の新システム』,中央公論社.
野口悠紀雄著(2015),『「超」集中法 成功するのは2割を制する人』,講談社.
高橋政史著(2011),『すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術』, クロスメディア・パブリッシング.