歴史の教科書を黙々と読んでいても頭に入ってこない、眠くなってしまって勉強できない。受験生あるあるですね。

ishidasama-ec
「英語が聞けない」を克服! 外国人上司と仕事するまでに。TOEIC®でも900点獲得。
人気記事

今日はそんな「眠くならずに歴史を勉強できる方法」をひとつ紹介します。

ishidasama-ec
「英語が聞けない」を克服! 外国人上司と仕事するまでに。TOEIC®でも900点獲得。
人気記事

学校の先生は授業中自分が寝てしまったりすることはありません、当たり前ですね、自分が生徒の前に立って声を出して教えているわけですから。

ishidasama-ec
「英語が聞けない」を克服! 外国人上司と仕事するまでに。TOEIC®でも900点獲得。
人気記事

それならば、

自分が「先生」になれば眠くならずに勉強できるのでは?

というのが今回紹介する語りかけ勉強法のヒントです。

teach_capture_original

ishidasama-ec
「英語が聞けない」を克服! 外国人上司と仕事するまでに。TOEIC®でも900点獲得。
人気記事

語りかけ勉強法とはあたかも目の前に生徒がいるように、声に出して教科書の内容を説明しながら読んでいく勉強法です。

ishidasama-ec
「英語が聞けない」を克服! 外国人上司と仕事するまでに。TOEIC®でも900点獲得。
人気記事

そもそも教科書を読んでいるのに頭に入っていないのは「読んでいる」だけで「理解しようとしていない」からです。

ですから、先生になりきって「理解し、自分の言葉でそれを説明する」というプロセスを踏むことで、脳みそをちゃんと使って内容を刻み込むことができ、時間と努力が無駄にならずに済みます。

ishidasama-ec
「英語が聞けない」を克服! 外国人上司と仕事するまでに。TOEIC®でも900点獲得。
人気記事

ポイントは

①教科書の文をそのまま読むのではなく重要と思われる箇所を要約すること

②なぜそのような出来事が起こったのかという因果関係や歴史的な流れを説明できるようにすること

③同時期に他の地域では何が起こっていたかを軽く説明できるようにすること

です。

ishidasama-ec
「英語が聞けない」を克服! 外国人上司と仕事するまでに。TOEIC®でも900点獲得。
人気記事

その他に「声に出す」というのも重要なポイントです。頭の中でぐるぐる考えているだけでは必ず眠くなりますから。声を出しても眠くなるのなら立ってやってみましょう。

ishidasama-ec
「英語が聞けない」を克服! 外国人上司と仕事するまでに。TOEIC®でも900点獲得。
人気記事

余裕があれば、「生徒に配るつもりで」レジュメを作成するのもよい勉強になるでしょう。試験前に見直すことも出来て良いことずくめなはずです。

ishidasama-ec
「英語が聞けない」を克服! 外国人上司と仕事するまでに。TOEIC®でも900点獲得。
人気記事

この勉強法、ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、良い気分転換になりますよ!


京都大学工業化学科化学プロセス工学コース所属。京都教育大学附属高等学校卒業。大学では、京都アカペラサークル Crazy Clef に所属。