目をつむってもなかなか眠れない夜。誰しも経験したことがありますよね。
睡眠不足になってしまっては、勉強の質はどうしても落ちてしまいます。

今回はそんな眠れない日の対処法を紹介します。

badge_Columns_100「眠れない」とは?

「眠れない」とは、科学的に言うと、交感神経が活性化している状態です。
端的に言えば興奮しているということですね。

眠るためにはこの交感神経の興奮を鎮め、副交感神経を優位にしなければなりません。
副交感神経は、リラックスしているときに活性化しています。

sleep01

daito-ec
90日でTOEIC835点、英語会議もストレスなしに。パーソナルトレーナー × 科学的トレーニングの『英語の90日』
人気記事

badge_Columns_100副交感神経を働かせる方法

副交感神経を働かせて脳をリラックスさせましょう。すぐに眠りにつくことができますよ。

50寝る前のスマホはダメ!

強い光は脳に刺激を与えます。寝る1時間前くらいから、強い光を見ないように気をつけましょう。
スマホやゲームは寝る前には使わないようにしましょう。
「『眠れない』ってツイートする」とか、「眠くなるまでYouTube」とか、そういうのは逆効果ですよ。
眠れなくても電気は点けず、部屋は暗いままにしておくべきです。

50ストレッチをする

ストレッチをすることで全身がリラックスし、それによって脳もリラックスして副交感神経が働き始めます。
20秒ずつゆっくりかけて、身体の色んな部位をほぐしましょう。
ただ、あまりにも気合いを入れてやりすぎると、逆に交感神経が活性化してしまいます。
日々の疲れをとるイメージで、ほぐす程度に。

50睡眠用BGMを利用する

世の中には、眠れなくて悩んでいる人がたくさんいます。
そんな人たちために、たくさんの睡眠導入BGMが無料で手に入ります。

YouTubeなどで検索してみましょう。

おすすめはこちら

これを流しながらぼーっと目をつむっていれば、いつの間にか朝です。
ちなみに、URLのyoutubeの後ろにrepeatをつけるとエンドレス再生できますよ。
たとえば、上記波の音ならこう→ http://www.youtuberepeat.com/watch?v=XVmH2F8ySZ8

50蒸しタオルを目に当てる

電子機器を見続けたり、ずっと机にむかっていると目がとても疲れます。
この「目の疲れ」も眠れない理由のひとつ。

そんなときは蒸しタオルを目に当てるのがいいでしょう。
蒸しタオルの作り方は簡単です。

・フェイスタオルを濡らしてしぼる
・しぼった状態(ロールケーキみたいな状態)でそのまま電子レンジに投入する
・500wで40〜50秒チンする
・目に当てる

sleep02

badge_Columns_100快眠のために朝起きたらやること

その日の夜の快眠のために、朝起きたら必ず朝日を浴びるようにしてください。
2500ルクス以上の光を浴びると体内時計がリセットされて身体が朝だと知覚します。
太陽がだいたい10000ルクス程度なので、朝起きたら散歩をするのが好ましいです。
このとき、セロトニンが分泌されますが、人間の身体は起床してセロトニンが分泌されてから14-16時間後にメラトニンという睡眠を促すホルモンが分泌されます。
つまり、朝起きて太陽光を浴びることで、当日の夜はすんなりと眠りに入ることができるのです。

眠れない経験は誰にもありますが、焦ってあれこれ考えるよりも、上記の方法を試してみてください。
特に受験生は睡眠がとても大切なので、眠れないからと自暴自棄になるのではなく、心を落ち着けてリラックスしましょう。


東京大学文科三類所属。磐田南高校卒業。4歳からサッカーとピアノを始める。大学ではスペイン語を学んでいる。三島由紀夫とMr.Childrenをこよなく愛する。将来はスペインに住んで日がな一日レアルマドリードの試合を見て天寿を全うしたい。