受験期の朝は単調になりがち……。
毎朝同じ時間にアラームが鳴り、眠いけれど仕方なく起き、慌ただしく出かける準備をして学校に行く。
決まりきった日常生活は、習慣化されている分ラクな側面もありますが、単調でつまらないとも言えます。
そんな単調な毎朝をちょっとした心がけで爽やかに彩る方法を紹介します!

kids-small

badge_Columns_100好きな音楽で目覚める

寒い季節になると、アラームが鳴っても気持ちいいお布団からなかなか出られない……。そんな人は、アラームを好きな音楽に変えてみてはいかがでしょうか。
好きな音楽が聞こえてきたら、楽しい気分で起きられるはずです。
毎朝同じ音楽だと飽きるという人は、セットする音楽を日替わりにしてもいいかもしれませんね。
セットする時間はたったの1分! iPhoneのアラームならアプリで起きる時間とかける音楽を指定するだけですね。

夜、ほんの少し工夫するだけで爽やかに目覚めることができるので、ぜひ実践してみてください。

araisama-ec
2ヶ月でTOEIC®200点アップの935点。課題発見の精度を高め、ハイスコアでも『時短』を達成。
人気記事

badge_Columns_100テレビをつけない

起きたらなんとなくテレビをつけることが習慣になっている人は、一度それをやめてみましょう。
テレビがなくても情報はいくらでも手に入る時代です。
テレビをつけるのをやめると、静かな朝を過ごすことができます。
いつもとは違った音が聞こえてきて、新鮮な感覚を味わえると思います。

badge_Columns_100入浴剤を入れてお風呂に入る

朝にシャワーを浴びたりお風呂に入ったりすることが習慣になっている人も、そうでない人もいます。
朝に入浴する習慣がない人は、たまには入浴してみると、気持ちの良いひと時を過ごせるのではないでしょうか。
これからだんだん寒くなっていきますので、シャワーではなく湯船にお湯をためて入浴した方が良さそうですね。
どうせなら、爽やかな入浴剤を入れて香りや様々な効果を感じてみてください。
慌ただしい朝にもゆとりは必要です。
心の余裕がなくなっていると思う人は、1週間に1度くらい、朝に入浴してみることをオススメします。

goodmorning3-small

badge_Columns_100日用品にこだわってみる

お風呂に入る時間的な余裕がなく、慌ただしく出かけてしまう人でも、日用品を変えることで新鮮な感覚を味わうことができます。
例えば……
・石鹸を香りの良いものに変えてみる
・洗顔後、新品のフワフワなタオルを贅沢に使ってみる
・歯ブラシや歯磨き粉にこだわってみる
このような小さな工夫で、朝の気分は大きく変わります。
できることからやってみてください。

badge_Columns_100通学時間を「楽しい散歩」に変える

通学を通学だと思うと楽しくありません。
それなら、通学時間を散歩の時間と思ってみましょう!
散歩だと思うと心に余裕ができ、楽しい気分で歩くことができます。
通学を散歩に変えるための具体的な方法は、次のようなものがあります。
・少しだけ早く家を出て、いつもとは違うルートで学校に向かう
・空を見上げ、雲の形を楽しむ
・風や匂いを感じてみる
・植物に目を向ける(どんなに都会でも全く植物がないということはないはず。植物に目を向けようと意識すると、「こんなにもあったんだ!」とビックリするかも……!)

***

いかがでしょうか。
慌ただしく単調な毎朝を過ごしている人は、何か1つでも実践してみてください。
心に余裕ができ、いつもとは違った爽やかな朝が迎えられるはずです。

参考文献
横倉恒雄、2008年『脳疲労に克つ ストレスを感じない脳が健康をつくる』角川SSC新書