仕事や日常生活で人と会話するとき、自分の考えを適切に表現できていないと感じることがありますか? そうであれば、語彙力が十分でない可能性があります。今回は、語彙力を高めるための方法をご紹介します。

語彙力が低いことのデメリット

語彙力(ボキャブラリー)の低さがもたらす弊害はたくさんあります。そのなかからいくつかご説明しましょう。

1.トラブルを招いてしまう
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会代表理事の安藤俊介氏は、若者に多い「ヤバい・キレる・ふつう」といった言葉で感情すべてを表現する傾向は、とても危険だといいます。なぜならば、「ヤバい」や「ふつう」で感情を表現できなくなると「キレる」という言葉を用い、その言葉通りキレやすくなるから。人は言葉で表現できなくなると行動で示してしまうのです。

それに、ボキャブラリーの少ない人は自分の感情をうまく言い表せないことから、強い言葉をつかいがちだと安藤氏は述べています。つまり、語彙力の低さは、コミュニケーションにおいてトラブルを招きやすいということ。怒りを表現するボキャブラリーを増やせば、コミュニケーションを円滑にできるはずだと同氏はいいます。

2.どんどんストレスが溜まる
中谷塾の主催者で、数多くの本を執筆する中谷彰宏氏は、著書『なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。』のなかで、「言葉をひとつ知っているだけで世界観が変わる」と述べています。つまり、何かに腹を立てた場合、その感情を「むかつく」という言葉以外に言い換えられなければ、その人はずっと「むかつく」から抜けられません。つまり、語彙力がなければネガティブな落とし穴にハマり、どんどんストレスが溜まってしまうというわけです。

しかし、もしも語彙力が高ければ自分の感情を明確に言い表し、論理的な思考が可能となるので、「むかつく」“ なぜ?”→「こんなことがあって悔しい」“ どうしたい?”→「見返したい」“ どうしたらいい?”→「勉強しよう」といった具合に、いつのまにか負の感情から抜け出すことができます。

3.仕事の成否を左右する
例えば上司に「なぜその企画をやりたいのか」と聞かれたとき、「ずっと、これがやりたかったんです」では話が進みません。つまり、どんな相手からでも「なぜ?」と聞かれたとき、語彙力がないとそれについて明確に答えることが困難になってしまうのです。それに、稚拙な表現でしか物事を言い表せなければ相手に理解されにくいのはもちろんのこと、相手の言葉さえも理解することが難しくなります。ならば当然、語彙力は仕事の成否までも左右してしまいます。

それに、意思疎通ができなければ、ビジネスシーンにかかわらず学校や日常生活においても困難が生じます。だからこそ、語彙力を高めていく努力は誰であっても必要だと言えるでしょう。

それでは次に、その語彙力を高めていくためのステップをお伝えします。

goiryoku-takameru-02

solize-ec
【法人様 ご導入事例】英語パーソナルトレーナーによる「90日集中研修」で英語人材を科学的に育成!
人気記事

ステップ1-本を読む

1番最初に行うべきことは、やはり、言葉で紡がれた知識がたくさん詰まっている本を読むことです。それに、読書は発想力や想像力・共感力を豊かにして、コミュニケーション能力を高めてくれます。さらに、大脳が活性化されるため記憶力・集中力が高まり、 おまけにストレスも軽減して、寿命も延ばすというメリットまであります。

ただし、本を読むのはあくまでもインプット。身につけたボキャブラリーを、自分の言葉でアウトプットできなければ意味がありません。 そこで、次のステップに進みます。

ステップ2-感情を述べる

日々の生活において生まれる様々な感情を、すべて明確な言葉で述べてみましょう。例えば「今日のランチはおいしかった」「仕事がいまひとつだった」といった大まかな感情を、「新鮮な野菜と肉汁たっぷりなハンバーグが1プレートに盛り付けられていた今日のランチはとてもおいしかった」や、「今日の仕事はあまり捗らなかったうえ、書類作成でミスしたり、商談をまとめられなかったりしたため、1日を通して60%程度の出来だった」というふうに、自分の言葉で隅々まで表現するのです。Twitterであれば140字という文字数制限があり、人の目に触れるのでより効果的です。

または、「なぜ?」に答えるかたちでも良いでしょう。例えば「なぜ今回のテストは成果が出なかったのか」という自分自身の問いかけに、「苦手な科目に時間を割き過ぎたので、その他の科目の勉強が滞ってしまった。インターリーブ学習法を用いて交互に勉強したら、もっと成果を出せたはず」といった具合です。

これが2番目の、自分の言葉でアウトプットする大切なステップです。語彙力を高めるだけではなく、思考の整理にも役立ちます。

ステップ3-短い会話のキャッチボール

ある研究では、「語彙力」をつけることは、「会話力」をつけることと結びつくと理論づけています。そこで最後は、友人と短くてはっきりした言葉で会話のキャッチボールを繰り返し、楽しみながら語彙力を鍛えるステップです。

玉川大学大学院の佐藤久美子教授は、応答するタイミングが早くて発話時間が短く、明瞭に話しかける母親の子供は語彙力が高くなるといいます。もちろんそれは成長過程の子供について述べられていることですが、成熟していない語彙力を高める段階では大人でも有効なはずです。「語彙力をアップしたい」という同じ目的を持った友人であれば、なおさら有意義な時間になることでしょう。

なお、これらは3ステップで終了するのではく、常にリピートすることで安定した語彙力を身につけられるはずです。

***
本を読み、自分の言葉にして、会話を楽しみながら、語彙力を高めてたくさんの恩恵を受けてくださいね。

(参考)
リクナビNEXTジャーナル|「怒り」をモチベーションにできるアンガーマネジメントを学ぼう
ランキングBOX|イライラ解消!怒りのプロが教えるビジネスシーンで怒られた時の解決法BEST3
中谷彰宏著(2015),『なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。』,PHP研究所.
総合人材サービスのヒューマントラスト|仕事の成否を左右するボキャブラリーの有無
Study Hacker|読書家は長生きする!? 1日たった30分の読書が、私たちにもたらすもの
Study Hacker|読書習慣で収入も寿命もアップ。そんな読書を、無理なく続ける3つの方法。
Study Hacker|言えないのは、考えていないから。「言葉にできない」に逃げない、言語化トレーニング
TCM|思考言語化で「考えているつもり」から卒業しよう
PRESIDENT Online|子どもの「語彙力格差」は母親との会話に原因がある
梶原秀夫(2003),『語彙力と会話力の相関関係について』,文京学院大学外国語学部文京学院短期大学紀要,文京学院大学総合研究所 ,Vol.2 pp.49-67