受験生のみなさん、手帳はお持ちでしょうか。

受験生のスケジュールというと、単調なものというイメージを持つかもしれません。
実際、プライベートな予定は最小限。塾や予備校の時間が羅列してあるだけということも多いものですね。
でも手帳が要らないわけじゃありません。

「やる気がどうも起きず、気づいたらテスト前日だった。」とか「問題集が予想以上にヘビーで放棄しちゃった。」とか、そんな経験ありませんか?

とはいえ、自分でカレンダーやリストを作ろうと思ってもなかなか難しいですよね。今日はそんな受験生にぴったりな「合格手帳2015」をご紹介したいと思います。

fujitasan-ec
会社経営&子育てしながらでも62日でTOEIC250点アップの950点! 秘訣は正しい「学び順」と「鍛え方」
人気記事

『合格手帳2015』

著者:田村仁人

assocbutt_or_buy._V371070157_

badge_Columns_10012月にはじまり、3月に終わる「受験のための」手帳

大きな特徴は「完全に受験に準拠したつくり」ということ。12月から始まり15ヶ月後の3月で終わるようになっていて、まさに受験生専用の手帳になっています。

まず月間目標をたてるページがあり、そこには「科目別の目標」と「そのための手段」という欄が。「英語:駿台模試で偏差値60」「そのためにターゲットを一周終わらせる」といった風に書き込むようになっています。
techo1

badge_Columns_100朝昼晩の絶妙な三部構成!

それを今度は「週」の単位で整理。一日を「午前、午後、夜」の三つに分けて「やること」を書き込めるようになっています。techo2

ここが合格手帳のすごいところ。一日を時間で区切った手帳ならよく見かけますが、「朝・昼・晩」とは。

考えてみると、受験生の勉強時間帯ってその三つで区切られている気がしませんか?
朝起きてから勉強…昼ご飯を友達と一緒に食べて休憩…午後から再開して帰宅…寝るまでカリカリ…意識せずとも三つに分かれているんです。

単に一日勉強するだけじゃ中だるみしちゃいます。だからといって分刻みのスケジュールもなかなか厳しいですよね。「朝昼晩」の三部構成。緩すぎず厳しすぎず、受験生をよく理解した手帳といえるでしょう。

badge_Columns_100反省点とその対策を書き込める

一週間が終わったら、終わりには「反省」「対策」を書き込む欄が。「終わらせるはずだった問題集が全然進まなかった…」「電車の中で勉強せずにケータイばかりいじってしまった…」勉強には失敗がつきもの。今度はそんな失敗が無いように「対策」を書き込みましょう。「家に帰ったら宿題よりも先に問題集を一ページ進めてみる」「電車に入ったらケータイの電源をオフ、鞄の奥の方に滑り込ませる」

筆者のおすすめとは、「反省」のところには「テストが何点だった〜」「模試が悪かった〜」というような勉強成果そのものに対する反省を書くのではなく、この時間はより良い活用法があったんじゃないか。こうすれば効率があがるんじゃないか。など勉強の取り組み方に関する反省を書くこと。

受験生は、勉強の成果・結果に対して感情的になりがちです。そうではなく、どうすれば効率良い勉強ができたのかを振り返って見ましょう。感情的になるのはその後。せっかく手帳があるのだから、冷静な分析を心がけてみては?

badge_Columns_100自己マネジメントが身に付く3つのステップ

目標までのスケジュールを把握→やるべきノルマを分割→自己評価。

勉強だけじゃなく何をするにも重要な3つのステップです。完全に自分でできればそれに越したことはないですが、なかなかそうは行きません。
人生経験の浅い高校・大学受験生であればなおさら。その型を提示し、子供でも簡単にできるようにしているこの合格手帳、かなりの優れものだといえるでしょう。

writing-336370_1280 (3)

badge_Columns_100アナログだからできること。手帳のもつ「紙」のよさ

でも、今ではスケジュール管理のアプリはたくさんあります。プライベートのスケジュール管理はスマホで、という人もいるかもしれませんね。

でも筆者はそんな今だからこそ「紙」である手帳をおすすめしたいのです。それは「モノとしてそこにある」から。合格手帳は自分の計画・欠点・対策・分析の書かれたいわば「分身」。勉強中に机の上に出しておく、視界に入る。それだけでモチベーションの維持につながるでしょう。

スマホが机の上にあったらどうでしょうか。何でもかんでもスマホに入れて持ち歩ける、それは同時に余計なものも机の上に出しておくことになるのです。SNS、ゲームそしてマンガ。手帳以外にも余計なおまけが一杯ついてきてしまいます。

今では何でもかんでもスマホやネット。データで管理する世の中ですが、だからこそ手帳というアナログなツールで管理してみてはいかが?

***

外見はちょっぴりキュートになっていて、大人の方は手に取りにくいかもしれませんが、カバーを外してしまえばただの手帳。資格試験や英語テストを目指す社会人にもおすすめできます。

あなたと一緒に15ヶ月を終えぼろぼろになった手帳は、きっと一生の宝物になるはずです。

参考
合格手帳|Discover
http://www.d21.co.jp/diary/gokaku_techo


東京大学理科二類所属。県立浦和高等学校および駿台予備校出身。小さいころから自然や生き物に関心を持ち、高校時代に読んだ福田伸一の「生物と無生物のあいだ」に刺激をうけ、分子生物学を志す。テニス歴6年。AKB48の大ファン。