友人や同僚の成功を素直に喜べない。そんな人はいませんか?

難しい試験に合格したクラスメイト、取引先との困難な交渉をうまくまとめて成果を挙げた同僚。本当なら、心から祝福してあげるべきなのですが、どうも心がひねくれてしまう。誰しも、そういう気持ちを抱いたことがあると思います。最近ではSNS経由で、幸せをアピールするリア充投稿がいくらでも流れてきます。そんなのにも正直うんざり、という人もいるかもしれませんね。

人の成功を一緒に喜んであげることができれば、その人に良い印象を与えることができ、人間関係がスムーズにいくものです。逆に、ちょっとでも嫌な態度が伝わってしまうと、相手にもネガティブな気持ちを抱かせてしまうかもしれませんし、人間関係が破綻してしまう可能性まであるのです。

では、他者の成功やハッピーな出来事を、心から一緒に喜ぶためには、どうしたらよいのでしょうか。

人はなぜ、他人の成功を喜べないのか

なぜ人は、しばしば他人の成功を素直に喜べないのでしょうか。

産業カウンセラーの資格を持ち心模様を描くエッセイストとして活動するたちばなりょうこ氏は、人が特に嫉妬心を抱きやすい瞬間は、自分が一番手に入れたいものを、自分と同じレベルだと思っていた友人が手に入れたのを見た時だ、と言います。

相手も自分と同じレベルだと思って安心してつきあっていたのに、実は相手が一歩上に行っていたことを突然知ったら、複雑な気持ちになるものです。相手が明らかに自分よりも充実した毎日を送っていて幸せそうにしていたら、自分を相手と比べて落ち込んだり、情けない気持ちにったりするという心理は、誰にでも理解できるのではないでしょうか。同じ職場、同じ学校に所属している、いわば「良いライバル」である友人の成功ならなおさらです。

しかし、もし友人や同僚が自分の幸せや成功を話してきたら、本来なら妬まずに祝福できることが理想ですよね。例え人が手に入れたものが自分が一番欲しいものであったとしても、笑顔で祝福できる人こそが、心の豊かな人と言えそうです。

yoko815
苦手の文法を克服! TOEIC815点を獲得し、国際会議でスピーチ。英語力を大きく変えた3ヶ月の科学的トレーニング。
人気記事

他人の成功を喜ぶ方法1 表面的な成功のみを見ない

それでは、どのようにすれば、人の成功や幸せに共感し、祝福してあげることができるのでしょうか。

まず1つ目の方法が、表側に見える成功だけを見ないことです。成功や幸せの裏には、積み重ねてきた努力や、それを手に入れる上で失ったものがあるはずです。それらを見ずに、表のキラキラした部分だけ見ているから、自分が不遇に思えたり、卑屈な気持ちになったりするのです。

また、その成功や幸せを掴んだ友人がうらやましいと言っても、人生の何から何まで(例えば、家族、趣味、家、など)全部交換したいかと問われたら、ほぼ全員がノーと答えるはずです。そう考えてみると、自分が妬んでいる部分が、取るに足らないことだと思えてくるでしょう。

自分は自分、他人は他人、比べる必要はない。このことが実感できれば、妬みの気持ちが生まれることはなくなるでしょう。

hitonoshiawase-yorokobu02

他人の成功を喜ぶ方法2 自分のことに集中する

2つ目の方法は、人の動向に気を取られず、自分のことに集中するということ。

特定の相手だけでなく、さまざまな友人・知人に嫉妬感情を抱いてしまうという人は、知らず知らずのうちに、他人の幸せや成功を常に気にしすぎているという場合があります。

特に現代では、Facebook、Twitter、Instagramなど自分の生活を誰でも発信できるSNSが盛んです。SNSが多くの人に気軽に使われるものとなった今、SNS上で友人の充実した生活を目にする機会も多く、それを見て少し妬ましく思うことは、無意識のうちにストレスをためることにもつながります。

そうしたストレスを抱えないようにするためには、他人の幸せな情報を運んでくるSNSなどの媒体を、一定期間意識的にシャットアウトすることが効果的です。SNSを見る頻度を減らし、自分の生活に集中することで、友人の成功、幸せを気にしすぎないことが可能になるでしょう。

***
友人の成功や幸せに妬みの感情を持ってしまうことは、多くの人に起こることです。友人の幸せや成功を見た時には、自分は自分、他人は他人であることを意識すると、心から人の成功を喜んであげることができるでしょう。そうすれば、嫉妬心に振り回されることなく、自分のことに集中して穏やかな日々を過ごせるかもしれません。

また、人の成功をうらやましく思うことがあるのと同じで、自分の成功は他者に妬ましく思われてしまう可能性があるということも忘れてはいけません。もし、あなたが自分の成功を他人に伝えたいと思ったときには、相手の気持ちに寄り添った言い方を心がけましょう。例えば、違う分野に属する人に成功を伝えたり、まったく立場の異なる人に成功話を聞いてもらうのがおすすめです。

幸せ話を分かち合う時には、自分も相手もハッピーな気持ちのままでいられるようにするための心配りが大切なのですね。

(参考)
おかしな幸福論|人を妬んでしまう自分を克服する方法
ダイヤモンド社書籍オンライン|「成功している友人・知人」を妬んでしまう。38歳男性がとった意外な行動
日経ウーマンオンライン|私の幸せや成功を妬む親友……女友達という面倒な関係