周りを見ていると、同じ年でしっかり進路を決めていたり、社会に出て成功したりしている人はたくさんいる。なのに自分はこんなにふらふらしていていいんだろうか。

そんな風に、周囲と比べて焦りを感じてしまう時はありませんか。
こうした焦りは、ちょっとした考え方の転換で、和らげることができます。
今回は気持ちを軽くしてくれる、考え方のヒントをご紹介します。

badge_columns_1001711『人生時間』

自分の年齢を3で割ってみてください。
例えば、18歳の人なら3で割ると6。人生という1日の中の、朝6時。これが人生時間です。
まだ1日が始まったばかりです。
株式会社リトルクラウドの代表取締役神原太郎さんは、そのブログ「『24歳の自分がよりよくすることで、他人をよりよくする』社長がキーワードで綴ってみる」の中で、20歳の時にこの人生時間を知った体験について書かれています。
20歳当時の神原さんの人生時間は朝の7時。

道に迷っても、忘れ物をしても取り返せる時間。
引用元:3.『自分の年齢を3で割ってみろ

そう気が付いたことで踏ん切りがついて、神原さんは一般的な就活をやめ、起業することに決めたそうです。
周りの人と比べるのではなく、自分は今何時にいるのか。それを基準に考えるようにすると、その自分の時間をどう有意義に使うのか、きちんと向き合って考えられる気がしてきませんか。
1日は長いようで短いです。周りを見ている間に自分の時間とと向き合って、後悔しない、充実した1日だった!と思えるような1日が過ごせるようにしてみませんか。

Try as you can

st-ec
90日でTOEIC910点! 英語が聞けない僕にパーソナルトレーナーが教えてくれた「音読のきほん」
人気記事

badge_columns_1001711『人生は7掛け』

自分の年齢に0.7をかけてみてください。
18歳の人なら、18×0.7=12.6。12歳か13歳。
この年齢が、昔の人たちの年齢や、実際の年齢と相当すると言われています。
人生時間について書かれたほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞というウェブサイト)への投稿に、こんなエピソードがあります。

俺の父ちゃんが言ってくれる上がる言葉を
思いだしたので、送らせて頂きます。
「おまえらの人生は常に七掛けだっ!」
今32歳になったばかりの道楽次男の自分に、
いつもこの言葉を掛けてくれて安心させてくれます。
つまり32×0.7=21か22
だからまだ成人したばかりの
ガキんちょなんだよ、おめーわ、と言ってくれます。
ただの親ばか発揮しまっくりの父ちゃんかも知れませんが
ふっとあせりを取ってくれる、余裕をくれる言葉です。(甲)

引用元:ほぼ日postman@1101.comから。【人生の時間と、隣人について】

現代は、可能性が広がっている時代です。
昔なら21か22が適齢期だったような可能性を、今なら32歳になっても実現できるんです。
自分の年齢を考えて踏み出せずにいる人は、7掛けの年齢ならどうするか考えてみませんか。
まだまだスタートするに遅くない年齢であると、余裕を持てるのではないでしょうか。

***

いかがでしたか。
考え方一つでも、気持ちは全然変わってきます。
今焦っている人は、上の2つの計算をしてみてください。
なんだかやる気が湧いてきませんか。
気の持ちようで、いくらでも自分の可能性は広げることができます。
どうせなら楽しい考え方で、人生を充実させてみませんか。

参考・引用サイト
『24歳の自分がよりよくすることで、他人をよりよくする』社長がキーワードで綴ってみる」3.『自分の年齢を3で割ってみろ』
HUMAN GUILD 再び「7掛け人生」のすすめ
ほぼ日postman@1101.comから


京都大学文学部所属。長野県立松本深志高校卒業。ぱんだとししまいがとても好き。在学中は京都でしか見られないししまいを見てまわりたい。