アイス待っててね勉強法

「なんだこのふざけたタイトルは?」と思いつつこれをクリックしたあなた。

おめでとう。この究極の勉強法は、世界でまだ私とあなたしか知らない―――

araisama-ec
2ヶ月でTOEIC®200点アップの935点。課題発見の精度を高め、ハイスコアでも『時短』を達成。
人気記事

ice_wait_for_me_1

araisama-ec
2ヶ月でTOEIC®200点アップの935点。課題発見の精度を高め、ハイスコアでも『時短』を達成。
人気記事

毎日続く長時間の勉強というのは、どうしてもだらだらとやってしまい、メリハリがなくなるものである。特に受験の天王山といわれる夏休みなどは、なかなか刺激を取り入れることが難しく飽きてしまいがちだ。

それでは、時間を意識するためにはどうするか?

―キッチンタイマーで時間を計るもよし。

でもそれじゃ普通だ。さらにプラスαで何かないか?

―そうだ、ご褒美だ。勉強にそれがあれば、不思議と張り合いがでる。

でも、そんな「時間を意識できる」&「ご褒美にもなる」なんて都合のいいモノ、あるわけな・・・

…あ、アイスだ。

araisama-ec
2ヶ月でTOEIC®200点アップの935点。課題発見の精度を高め、ハイスコアでも『時短』を達成。
人気記事

ice_wait_for_me_2

araisama-ec
2ヶ月でTOEIC®200点アップの935点。課題発見の精度を高め、ハイスコアでも『時短』を達成。
人気記事

というわけで、受験生時代の私は、以下の方法を実践していた。

araisama-ec
2ヶ月でTOEIC®200点アップの935点。課題発見の精度を高め、ハイスコアでも『時短』を達成。
人気記事

【アイス待っててね勉強法】

①    アイスを用意します。(ガ◯ガリ君が好ましい)

②    解きたい問題を用意します。(センター数学などがのぞましい)

③    アイスを袋から出し、皿にのせ、目に見えるところに置きます。

④    じわじわと溶けてゆくさまを横目で見ながら、必死に問題を解きます。

⑤    見事解き終わったら、溶けかけのアイスを味わって食べます。

え、時間がかかって溶けきっちゃったら?    …飲みます。

araisama-ec
2ヶ月でTOEIC®200点アップの935点。課題発見の精度を高め、ハイスコアでも『時短』を達成。
人気記事

以上。じつにシンプルかつスリリングである。

あのアイスを一刻も早く味わいたい…という本能的欲求が、あなたの計算能力を加速させる。いつにも増して、集中力が研ぎ澄まされていく。

これぞ究極の勉強法。

受験勉強なんて必ずしも「死に物狂いで」、「髪振り乱して」やるもんじゃない。

こういった馬鹿げた工夫で、自分なりに楽しんだもんがちなのだ。

さぁ、アイスはあなたを待っている。


京都大学教育学部。和歌山県和歌山市出身。県立向陽高校卒業。教員を支える Web 事典「EDUPEDIA」の関西リーダーとして、日々学校現場を駆け回り、面白い授業を全国に発信している。