みなさんは、自分の頑張っていることに対してモチベーションを維持できていますか。長期的に取り組んでいるプロジェクトなどの場合、最初はやる気を出していても次第に諦めモードに入ってしまう、といった経験が少なからずあるかもしれません。

せっかくの意欲を途中で失うことになってしまってはもったいないものです。そこで今回は、下がってしまった意欲を回復する簡単な方法についてお伝えします。

意欲が下がってしまう原因

だんだんと意欲を失ってしまうことがあるのはいったいどうしてなのでしょうか。考えられる理由をいくつか挙げてみました。

1.  義務感が生じている
心理カウンセラーである木村祥典氏によれば、行う対象について「やらなければならない」という義務感が生じているとき、自分の本心は「やりたくない」と感じているため、やる気を出そうとしてもなかなかうまくいかないのだそう。

例えば試験前、最初はきちんと決まった時間に机に向かっていたのがだんだんと嫌になってきて、もういいやと思ってしまうことはありませんか。しかしやらなければならないことに無理やり取り組もうとすると、かえって意欲が下がってしまうのです

2.  周囲の評価が伴っていない
自分があげた成果に対して評価がついてこない、もしくは自分の努力を周囲に認められていないと、やる気を失ってしまうことがあります

仕事で優れた結果を出したにもかかわらず他の社員と同じ評価しかされない、見えないところで自分が頑張っていることに気づいてもらえない。そのような状況では自分の行っていることに対して次第に意味を見出せなくなり、労力の無駄だと感じてしまうのです。

3.  疲労が溜まっている
心理的理由だけでなく、身体的理由も意欲が下がってしまう原因になり得ます。労働環境などが整っておらず身体に疲れが残っていると、持っているエネルギーを疲労回復のために用いることになってしまうためやる気が出ないということがあるのです。

身体が疲れていると、自分では気づかなくともネガティブな考え方に偏ってしまうなどといった心理的悪影響を及ぼします。やる気が出ないと感じた時は、まず身体が疲労していないかどうか確認してみてください。

iyoku-kaihuku02

takashima-ec
苦手だったリスニングを克服し、90日でTOEIC845点ゲット! リスニング練習の「質」を変えた、プロトレーナーのトレーニングメソッド
人気記事

意欲を回復するには

では、私たちはどのように行動すれば自分の意欲を回復させることができるのでしょうか。具体的な方法をご紹介します。

1.  小さな目標を設定する
目標がぼんやりとしか見えていなかったり設定した目標が大きすぎたりすると、達成するまでにハードルが高く感じられ、私たちはやる気をなくしてしまいがちです。そこで、モチベーション管理をしやすいよう目先のより小さな目標を決めて取り組んでみてはいかがでしょうか。

例えば、「2週間後の商談を成功させる」というのが一番大きな目標であったとしましょう。その目標を細かく区切っていくのです。その際、「先方にアポイントメントを取る」「前回取引までの資料を読み込む」「上司に内容の確認をする」など、達成しやすい小さな目標にすることがポイントです。「たったそれだけのこと?」と思うような小さな目標であっても、目標をどんどん達成することで満足感が定期的に得られます。そうすることで、意欲を回復させることができる可能性が高まるのです。

2.  積極的な発言や行動を意識する
自分の仕事に対してやる気が出なくなってしまった場合、職場で積極的な態度をとることでモチベーションを上げることができます。

この方法は一見矛盾しているように思えるかもしれません。しかしそうではなく、より重要な仕事に関わる機会を積極的に増やしていくことで、上司などから自分の仕事への関心を認めてもらいやすくなるのです

例えば、会議において発言する回数を意識的に増やしてみるのはいかがでしょうか。会議の資料作りを丁寧に行うよりもきっと上司の印象に残ることでしょう。やる気が出ないのにできるはずがないと思われるかもしれません。しかし、意気込む必要はありません。むしろ肩の力を抜いて考える方が良い案が浮かぶこともあるからです。もしその案が周囲に認められれば、自分の必要性を実感でき仕事意欲の回復につながるでしょう。

3.  休息をとる
自分の心理的な問題を解決することで意欲を回復させる方法もありますが、逆に、対象から離れてゆっくり休むことも1つの大切な方法です。特に身体的に疲労がかなり溜まっている場合には、作業に正面から向き合うことは決してオススメしません。

残業が多いなどで睡眠不足に陥っている方も中にはいらっしゃるでしょう。しかしその状態でやる気が十分にあるという方が稀だとは思いませんか。最低でも休日には睡眠をしっかり取る、そして映画を見たり散歩をしたりするなど自分がリラックスできる方法で体力を回復させることが意欲を取り戻すことにつながります

***
みなさんも、ぜひお伝えした方法を試してみてください。失った意欲を取り戻すために役に立つこと間違いありません。

(参考)
東洋経済ONLINE|モチベーションは「アゲる」ものではない
ITmediaエンタープライズ|やる気が出ない本当の理由
リクナビNEXTジャーナル|やる気が出ない…仕事のモチベーションが下がっているときに意識したい5つのこと
Counseling Service|やる気の心理学
PRESIDENT Online|アドラー心理学で解明「やる気」の出し方