「自分の考えや主張といったものが特になく、ふわふわと生きているような気がする」と感じたことはありますか? もしも、そんなモヤモヤとした気持ちがあり、自分の価値観や規範となるものが必要ではないかと考えているならば、自分の理念を明確にしてみてはいかがでしょう。

「理念」の大切さと、自分の理念の持ち方をご紹介します。

企業の理念とは?

理念というと、すぐに思い浮かぶのは「経営理念」や「企業理念」ではないでしょうか。

「経営理念」とは、経営者(特に創業者)の考え方や価値観、人生観や信念が反映されたもの。つまり、経営者自身の信条でつくられた経営の軸です。そして「企業理念」とは、会社としての目的や存在意義、価値観です。創業者の経営理念にも基づいており、会社のすべての人間が意思決定、行動する際に基準となります。経営コンサルタントの武田斉紀氏は「企業がめざす終わりなき理想」と表現しています。このように2つは厳密にいうと違うものですが、同じ役割で扱われている場合が多くあります。

たとえば、大手情報通信企業のソフトバンクグループが掲げる経営理念は「情報革命で人々を幸せに」。別にビジョンやバリューも明示されています。

また、無印良品でおなじみの良品計画が掲げる企業理念は「良品価値の探求 Quest Value」「成長の良循環 Positive Spiral」「最良のパートナーシップ Best Partnership」。このほかビジョンや行動基準も掲げています。

自動車メーカー販売台数で世界シェアトップ(2015~2016年)に君臨するトヨタ自動車の企業理念は、「内外の法およびその精神を遵守し、オープンでフェアな企業活動を通じて、国際社会から信頼される企業市民をめざす」からはじまり、7つの項目からなります。そこには、トヨタグループの創始者・豊田佐吉氏の考え方が基礎となっていることや、環境の変化にともない基本理念を改定したことなども明記されており、いかに理念を重要視しているかが分かります。

asazawa-805-ec
外資系の同僚が驚いた! 3ヶ月でTOEIC大幅アップの秘密を、本人&トレーナーに直撃インタビュー
人気記事

「理念」を持つことの大切さ

では具体的に、「理念」を持つことはどう大切なのでしょう。

人材サービス総合研究所℠の資料『経営理念」の重要性とその実践(2016)』には、理念の効用として、経営の原点・価値観が明確だと、ブレることがなく意思決定が加速化するといった内容が書かれています。また、社会に誇れる理念で従業員のモチベーションが向上すると→自発的な行動が生まれ商品サービスが向上→すると信頼性が増すのでブランド力も向上→優秀な人材が集まる→それにより従業員が生きがいを感じ職場環境が改善され→モラルも向上する――といった好連鎖を伝えています。

逆に、「経営理念」がないことの弊害については、働く意義や、向かう先、判断基準が不明瞭になると職場環境が悪化し、ブランド力が低下すると伝えています。

これは個人も同じことです。

何かしら自分の指針があれば、ブレることなく意思決定も楽になります。そして進む先が明確になれば、すべきことが分かり、モチベーションもアップするはず。逆に自分のモノサシがなければ、それら全てが曖昧になるでしょう。だからこそ、個人も理念をもつことは大切なのです。

jikorinen-motteru-02

著名人の理念と向き合い方

多くのことを成し遂げた人物は、理念の大切さをよく知っています。

民主的な南アフリカの礎を築いた南アフリカ共和国・第8代大統領のネルソン・マンデラ氏は、「革命を推し進めるリーダーたるもの、信念と原理原則を語るべきであり、世論や得票数、細かい戦術などについて語るべきものではない」と考えたそうです。外からの影響や方策ではなく、ゆるぎない自分の信条を持つことがリーダーには大切だということ。

また、モードスタイルの基盤を築いたココ・シャネルは「かけがえのない人間になるためには、常に他人と違っていなければならない」という言葉を残しています。

これが彼女の理念のひとつであることは明白です。そうでなければ戦時中に女性が労働しやすいようジャージー素材のドレスを発表したり、女性初のパンツスタイルを提案したり、それまで喪服でしかなかった黒い服を最先端のモードにしてしまったりといった偉業は成し遂げられなかったからです。

歴史に名を残した人々は、自分の理念があるからこそ強い意志で行動できたのです。

自分の理念を明確にする方法

では、自分の理念を明確化するには、どうしたよいのでしょう。

経営コンサルタントの武田斉紀氏は「人生理念は人生において何を大切にして、何をめざすかである」としています。つまり、自分の価値観がどんなことで、何を目的としているのかを見つければいいということ。しかし、そうなると、何か立派なことを示さなければと考えてしまいがちですが、その必要はありません。

武田氏は「それを見つけるには、自分の心に正直であること」と伝えています。

また、大手企業に市場価値測定と企業内研修を行っている藤田聰氏は、自己理念を明確化することは大変重要であるとし、その際にアチーブメント株式会社社長・青木仁志氏が伝えることが大変参考になるといいます。以下は青木氏の著書『20代から磨く一生モノの行動力』に書かれていること。

・何を求めて生きているか
・一番大切なものは何か
・本当に求めているものは何か
・そのために今何をしているか
・その行動は効果的なのか

これらを自分に問いかけることで、自分の理念を明確化できるのだそうです。自分に素直になれば、答えは簡単に出てくるはずですよ。

***
自分の理念は、人と違う発想で先駆者をめざす、常に利益の追求をめざすといった「自己的」なものでも構いません。学力のボトムアップに貢献したい、病気の人のため医学の進歩に貢献したい、犯罪のない社会をめざしたいといった「他己的」なものでも構いません。とにかく、自分の理念を明確にすることが重要です。そうすれば、おのずとブレない歩みが始まるのです。

(参考)
人材サービス総合研究所℠|「経営理念」の重要性とその実践
ネクストプラクティスコンサルティング|経営戦略上位概念①-「経営理念」と「企業理念」の違い
MOBY|自動車メーカー販売台数ランキング【世界シェア2015-16年最新】
日経ビジネスオンライン|第9回 ところであなたの人生理念は何ですか?(1)
日経ビジネスオンライン|第10回 もう迷わない~人生理念の見つけ方
All About|今こそセルフカウンセリング! 自己理念の重要性とは
ソフトバンクグループ|経営理念・ビジョン・バリュー
トヨタ|企業理念
株式会社 良品計画|企業理念
青木 仁志著(2013),『20代から磨く一生モノの行動力』,日本実業出版社.
経営プロ|「かけがえのない人間になるためには、常に他人と違っていなければならない。」シャネル 創業者 ココ・シャネル
リチャード・ステンゲル著,グロービス経営大学院訳,田久保善彦訳(2012),『信念に生きる――ネルソン・マンデラの行動哲学』,英治出版.