情報過多で簡略化が進む現代社会。

スマホという文明の利器が、我々の手を侵略し始めている。

文明の利器と言えば聞こえはよいが、諸君ら受験生からみたら、まさに天敵であろう。

嗚呼、机に向かわなくてはならないのにスマホが手放せない。辛いご時世である。

sp_woman

hironosama-ec
90日でビジネス英語も "正しく" 読めるようになりました! 脱・文法嫌いでTOEIC®も920点に。
人気記事

そんな諸君ら受験生は、誰しも一度は“LINE”というアプリを耳にしたことがあるだろう。

今ではメールや電話を凌ぐほどのコミュニケーションツールだ。

リアルタイムでのチャット機能、さらには画像挿入の容易さ、それからスタンプといった個性的な魅力に押されて、我々はLINEにずっぽりとはまってしまっている。

勉強しようと思って机に向かっても、なかなか友達とのLINEがやめられない。そうこうしているうちに1時間が経過していた。そんな経験を、全国津々浦々の受験生はしたことがあるだろう。無論、私もある。

なにジョジョ? LINEが君の手を捕らえて離さない?

ジョジョ、それは無理矢理引き離そうとするからだよ。

逆に考えるんだ。「あげちゃってもいいさ」と考えるんだ。

説明しよう。どうしても諸君がLINEをやめられないというならば、それを逆手に取って利用するのだ。どういうことかと言うと・・・・・・

古文でLINEをする!!!!!!!!!

kobun-line

理解していただけただろうか。上の画像は実際に私が友人としていた日常会話だ。

受験シーズンは何かとストレスがたまる。学校に行ったとしても勉強三昧で、友達と会話をする時間というのは当然、以前より少なくなってしまう。

そんな諸君は夜な夜な今日あったことを友達とLINEしていることだろう。だからこそ、日中の勉強のストレスの消化のために、LINEが手放せなくなっているのだ。だったらそれを逆に利用して、消化を昇華にかえてしまおう。

**

前置きが長くなってしまったが、やり方は至って簡単である。

一日の出来事をLINEに古文で投稿するだけだ。

別に古文でなくてもかまわない。漢文で会話してもよい。英語でするのだって、諸君の力を高めてくれるだろう。私の場合、古文で会話するグループと、漢文で会話するグループを作っていた。それぞれグループのメンバーは同じで、どちらのグループにも今日あった出来事をそのグループにあった言葉で投稿する。そしてメンバーは、その言葉でそれに反応する。

想像せしのみに楽しくなりてくるらむや

(想像しただけで楽しくなってきただろう?)

例えば、今日は古文の単語帳で10単語覚えたとしよう。その日の夜は、覚えた単語を10個使ってLINEをしたりする。他にも助動詞の活用を完璧に覚えるためにも、とにかく覚えたい助動詞を使いまくった文章を投稿する。そうすることで、諸君の古文の読解力が格段にあがるのだ。

友人との交流もしつつ、諸君の能力を飛躍させる。そして1日のストレスを消化しつつ、昇華もする。一石二鳥どころか三鳥、四鳥にもなるのだ。

LINE依存症の諸君も、今日から心置きなくLINEができるぞ!!!


東京大学文科三類所属。磐田南高校卒業。4歳からサッカーとピアノを始める。大学ではスペイン語を学んでいる。三島由紀夫とMr.Childrenをこよなく愛する。将来はスペインに住んで日がな一日レアルマドリードの試合を見て天寿を全うしたい。