みなさんは、聞き手が納得できるような、論理的な話し方をすることができますか? また、つい感情的になって意見の押し付けになってしまった、という経験をしたことはありませんか?

自分では伝えたいことが伝えられたと思っても、もしかしたらちゃんと伝わっていなかったり、偏った内容になってしまって相手にストレスを与えてしまっていることがあるかもしれません。

そうならないよう、しっかりと筋道を立てた話し方をすることができれば、聞き手にしっかりと伝わる話し方ができるはずです。

“論理的”に話すためには“論理的”に考える必要がある

論理的な話し方をしようとするならば、まず事前に話す内容について論理的な思考をしておかなければなりません。

伝える情報量は、多すぎても少なすぎてもいけません。ダラダラと長い話をすると聞き手は飽きてしまいますよね。できれば、話すポイントは3つまでに絞り、無駄を省くと良いでしょう。長い説明に代わって、グラフや数字を用いて、聞き手が視覚からも情報を受け取れるようにするのも有効です。

もし論理的思考を経た上でも感情的になってしまいそうだと思ったときには、“言葉”で表現することを意識しましょう。ただ感情を言葉に乗せて話してしまうのでは、聞き手にとって意見を押し付けられているように感じてしまいます。

論理的に話したいのなら、自身がまず論理的な考え方をする必要があるのです。もちろん、時には感情を乗せて話さなければ伝わらないこともあるかもしれません。そこは、論理的に考えたうえで使い分けるようにしましょう。

nakajimasama-ec
海外業務も効率化! わずか2ヶ月でTOEIC®も265点アップの945点に。
人気記事

ロジックツリーを用いる

内容をわかりやすくまとめるためには、ロジックツリーを用いることが有効です。ロジックツリーとは、問題をツリー状にして分解、整理し、その原因や解決策を考える方法のこと。まず、話す内容の結論、根拠、その詳細を考えます。それをツリーに当てはめていけばいいのです。

まず、問題の「結論」をツリーの頂点に持っていきましょう。ツリーの2段目には「根拠」、3段目には「根拠」の「詳細」を置きます。あとは、それに合わせて内容を当てはめるだけです。話す順番もロジックツリーの通り、「結論→根拠→詳細」の順に話していきます。

この方法は、実際に話すときにも逐一思い出すと良いでしょう。ロジックツリーに沿って話すと、本当に伝えるべき要素を無駄なく相手に印象付けることができます。また、ロジックツリーを思い浮かべながら話すと、話している最中に頭が真っ白になったような時であっても軌道修正をすることが可能です。

adobestock_94276122

「結論」と「理由」はセットで

話をするときに重要なのは、「結論だけ」「理由だけ」といったどちらかに偏った内容にならないようにすることです。

もし、「結論だけ」を話すのであれば、相手にストレスを与える話し方になってしまいます。
例えば、「今日のミーティングで〇〇が決まりました」と結論だけの報告を受けたとします。誰がどのように決めたのか、もう少し詳しく教えて欲しいとは思いませんか? これだけでは情報が足りず、聞き手はモヤモヤとしてしまいます。

だからといって、「理由だけ」では話し手が意図している通りに聞き手が判断してくれるとは限りません。
例えば「明日のミーティングには△△さんが来られないそうです」という報告を受けたとします。結局△△さん抜きでミーティングを行うのか、ミーティング自体を延期するのかどうか不安になるでしょう。そもそも、理由だけを話しても、何が言いたいのか伝わりません。

聞き手にストレスを与えないためにも、「結論」と「理由」は一緒に話すようにしましょう。

***
このように、ちょっとした工夫でロジカルシンキングを踏まえた話し方ができるようになります。みなさんも相手が困ることなく話すことができるように、ぜひ試してみてください。

(参考)
リクナビNEXT|「話を上手に伝えたい!」“説得力がある人”になるための7つのコツ
日経ウーマンオンライン|その順番では何が言いたいのか伝わらない!
MANA-Biz|上司に「おっ!」と思わせる論理的な話し方
Latte|説明が通りやすい人が実践している3つの論理的な話し方!ロジカルに筋道立てて話すためのビジネススキルポイント