Working

自分は今なんのために努力しているのか。
それがわからないと、頑張れないのが人間というもの。
受験など目標が明確に定めやすい時には、志望校を決めることで、その時頑張るための目標を決めることができます。

けれど、もっと違う自分になりたい、など、目標が漠然としている時、いざそのために努力しようとしても、何をしたらいいのかよくわからなくなってしまうことがあります。

そんな時におすすめしたいのが、経営コンサルタントの小宮一慶さんがおすすめする、ステップアップ式の長期目標の立て方です。
長期目標を立てることによって、自分が生きる目的が見えてきます。

今回は、小宮さんの著書、『どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座』をヒントに、長期目標の立て方についてご紹介します。


『どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座』

小宮一慶著
ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009年

assocbutt_or_buy7

badge_columns_1001711従来の目標の立て方が、失敗しやすい理由

「今年の目標」を立て、その目標を達成するためにしなければいけないことを考え、それらを月ごとの目標に落とし込んでいく。
「長期的な目標を立てる」というと、多くの人はこのような方法をとるのではないでしょうか。
この方法を、小宮さんはブレークダウン式と呼びます。
まず大きな目標があって、それを小さな目標に分割していくという方法です。
でも、最初から長期目標がはっきりしている人は、そんなに多くありません。
新年の最初に、「今年の抱負」を決めても、今となっては覚えていないという人がほとんどではないでしょうか。
そんな忘れてしまうような長期目標を、最初から無理矢理決めてしまうのではなくて、まず小さい目標から決めて、長期的な目標を設定しよう、というのが、小宮さんのやり方です。

hiraisama-ec
45日でTOEIC®260点アップ! ベンチャー企業CTOが取り組んだ『時短型英語学習』
人気記事

badge_columns_1001711ステップアップ式で目標を定める!

小宮さんのおすすめするやり方は、ステップアップ式です。
まず月間目標をたてます。一つはプライベートなこと、もう一つは仕事や勉強など、やらなければいけないことに関してのこと。
いくつでもかまいませんがよくばりすぎないようにしましょう。
それぞれについて期限を設けておくのも重要です。
なんでもいいので毎月目標を設け、それが期限内に達成できるように努力する。いわば小ゴールの設置です。それを積み重ねていくうちに、長期目標が見えてくるようになります。

young fitness woman running up on stairs

badge_columns_1001711ステップアップ式が、達成可能な長期目標の設定につながる理由

この目標の立て方が長期目標へとつながる最大の理由は、「進歩」にあります。

最初は、なかなか実行できないものですが、繰り返しているうちにできるようになります。というより、できることを見つけ出せるようになります。
つまり、少しだけ進歩するわけです。そうやって進歩して達成感があると、もうちょっとやってみようかな、と思う。この達成感の連続が大事です。

引用元:『どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座』

最初は達成できなくてもいい。一つでも達成できるようになると、次も頑張ってみようかなというやる気が出てくるのです。
もう一つポイントなのが、「できることを見つけ出せるようになる」という点。
私たちは、それぞれが資源を持っています。その資源に応じて、何ができる、できないが決まってきます。
月間目標を毎月決めるというのは、その自分の資源との向き合い、また、資源のあぶりだしにつながります。
自分ができることできないことの見極めは、自分の持っている能力を最大限活かすために重要なステップです。
こうした達成感の連続と、個人の能力の見極めができるという点で、小宮さんのステップアップ式の目標の立て方は、なりたい自分といった、人生の目的とつながるような長期的目標を立てるのに最適なんです。

長期的な目標を立てるのは難しいもの。でも、ステップアップ式の目標の立て方をすれば、数年かかるかもしれませんが、必ず自分の中での大きな目標が見えてきます。
まずは、来月の目標を書いてみることから始めてみませんか。

参考・引用文献 小宮一慶著/ディスカバー携書/2009『どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座』


京都大学文学部所属。長野県立松本深志高校卒業。ぱんだとししまいがとても好き。在学中は京都でしか見られないししまいを見てまわりたい。