Man plugging a memory stick in his head

歴史の年号を覚えるとき、どのように覚えましたか?
例えば、「1192(いいくに)作ろう鎌倉幕府」というように語呂合わせで覚えた方もいらっしゃると思います。
ただ、今回紹介するのは語呂合わせではありません。
今回は理科や社会科の暗記に最適な、「メモリーツリー」について紹介します。

badge_columns_1001711記憶と関連付けの関係性

一見何の関係もなさそうな二つの事柄を、関連させて記憶する。
この記憶方法は記憶を引き出しやすくすることで記憶効率を上げる方法です。
記憶には入れ込む(記憶する)作業と、引き出す(思い出す)作業があります。二つ以上の物事を関連させることで、どれかの記憶が思い出されたとき、つながった記憶も同時に思い出されるため、思い出しやすくなるのです。

Business. Businesswoman with an empty diagram

daito-ec
90日でTOEIC835点、英語会議もストレスなしに。パーソナルトレーナー × 科学的トレーニングの『英語の90日』
人気記事

badge_columns_1001711関連させて暗記するには「メモリーツリー」がおすすめ

関連させて記憶する方法に「マインドマップ」というものがあります。

マインドマップとは、私たちの頭脳の中で行われていることを、私たちの脳のやり方で目に見えるようにしてくれる思考ツールです。 そのため記憶・整理(理解)・発想が格段にやりやすくなり、ひいては解決策を見つけ出したり、何かを実現して行くということがとてもやりやすくなります。

(引用先:mindmap.jp「マインドマップとは?

マインドマップは、中心には絵を描かなくてはならなかったりとちょっとルールが多いのが難点。
今回紹介する「メモリーツリー」はマインドマップを簡略化したようなものです。
このメモリーツリーですが、あの有名な漫画「ドラゴン桜」で紹介されていました。
やり方は以下の通り。

1、中心にテーマを置く。
2、周囲にテーマに関連するキーワードを書き出していく。
3、キーワード同士を結び付け、カテゴリーごとにまとめる。
4、新しい紙にきれいに清書する。

これでメモリーツリーの作成は終了です。書く際に色をカテゴリーごとなどに使うとなお良いです。
出来上がったメモリーツリーを復習すれば、さらに学習効果は高まります。

復習の方法としては、メモリーツリーの原本からキーワードだけを穴抜けにしたものを印刷して何枚も作り、その穴を何度も埋めるという方法がおすすめです。単純に見直すよりも、私がやった中では一番効果的な方法でした。

私は大学受験の時、ベンゼンの反応系をベンゼン中心にしてメモリーツリー書くことで暗記しました。図として、イメージにも残りやすいので、紙の場所を思い出すことで化合物を思い出すこともできます。
ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

参考文献
青木双風ホームページ「メモリーツリーの作り方」


早稲田大学先進理工学部生命科学科所属。松本深志高校出身。大学では理系分野を浅く広く勉強している。