motivation-iji01

勉強しようとするとき、仕事を頑張らなくてはならないとき、誰もが頭を悩ませるのがモチベーションの問題ではないでしょうか。やる気が出ない、最初はやる気があっても維持できない、などという悩みを一度は持ったことがあるでしょう。今回は、モチベーションを維持するための大切なポイントについてのお話です。

「好きなことは仕事にするな」仕事と遊びの違いとは

次のような話があります。

イギリスには、夏場に四頭立ての乗客用馬車を毎日30キロから50キロも走らせる、裕福な紳士がいる。相当な金がなければ、このような特権は行使できない。けれども、もしもそれに対して金が支払われることになれば、それは仕事に変わる。そうなったら紳士たちは馬車を走らせたりはしないだろう。

(引用元:ダニエル・ピンク著・大前研一訳(2010),『モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか』,講談社.)

この話から分かるように、報酬は行動に対して奇妙な作用を及ぼします。すなわち、報酬が払われるようになると、いくら興味深いことも、退屈な仕事に変わってしまうのです。

「好きなことは仕事にするな」と言われることがありますが、これにも同じ原理が働いています。どれだけ大好きな趣味であっても、報酬や義務が伴う仕事となってしまうと、楽しくないものとなってしまうということなのです。

hironosama-ec
90日でビジネス英語も "正しく" 読めるようになりました! 脱・文法嫌いでTOEIC®も920点に。
人気記事

モチベーションのカギは「自律性」

では、報酬が仕事に対するモチベーションにならないとすれば、何がモチベーションを生むのでしょうか。それをダニエル・ピンク氏はこう語ります。

自律性は、個人のパフォーマンスや姿勢に強い影響を与える。行動科学の分野で最近実施された多数の研究から、自律的なモチベーションによって、全体的な理解が深まる、成績が向上する、学校生活やスポーツで粘り強さが強化される、生産性が上がる、燃え尽きる(バーンアウト)ケースが少なくなるなど、精神的健康に大きな改善が見られたと報告されている。

(引用元:同上)

自分なりのルールで自分を律し、自分から行動を起こす、という自律性こそが、モチベーションにつながるのです。

motivation-iji02

モチベーション維持のために、強制はご法度

子供の頃に「勉強しなさい! 」と叱り半分に親から言われ、かえってやる気をなくしてしまったという経験はないでしょうか。ある教育研究者によると、勉強を強制するような指導が逆効果であることの背景には、次の3つのメカニズムがあるのだと言います。

1つ目が、「悪循環のメカニズム」。子供にとって勉強とは嫌なこと。学校でも勉強しなくてはならないうえ、家庭でも勉強しなさいと言われ、もっと嫌になってしまうというもの。
2つ目が、「強制→抵抗のメカニズム」。子供たちは、勉強しなければならないということはわかっている。勉強しようと思っているのに、親から勉強しなさいと言われ、腹が立って反発してしまうというもの。
3つ目が、「偽善嫌悪のメカニズム」。勉強の必要性は理解しているが、親からそれを強制されることで、親が世間体を気にしているように感じてしまい、勉強意欲が減退するというもの。

2つ目のメカニズムはまさに自律性に関係しています。勉強に対する自律性はあるのに、親から強制されると反発してしまうというわけですから、その自律性を尊重しながら勉強に向かわせるのがいかに大切か、分かりますね。

***
自分自身を振り返ってみてください。仕事や勉強に対し、自律性をもって取り組めていますか? 誰かに強制されて、嫌々ながらに取り組んでいませんか? やる気を出し、そのやる気を維持するカギは、自律性です。自由にやって構わないのです。自分で決めた目標のために、自分で決めた行動を、自分から起こすということを意識してみてくださいね。

(参考)
ダニエル・ピンク著・大前研一訳(2010),『モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか』,講談社.
教育研究所ARCS-独断的教育論-|勉強しなさいは逆効果のワケ


京都大学法学部所属。京都教育大学附属高校卒業。高校の頃は生徒会をやりながら模擬裁判選手権で関西大会三連覇を果たす。大学ではよさこい踊りを踊るサークルに所属し、1年中お祭りに参加するために全国を駆け回っている。