「寡黙な自分が評価を得るのは難しいだろう」
「仕事で成果を出すのはいつも目立てる人だけで、おとなしい自分には無理」

そんなふうに悩んでいませんか? 人間には、「外向型な人」「内向型な人」の2種類がいます。そして一般的に外向型の人の方が、仕事に対して積極的であると理解されがちです。

しかし実際は仕事のできるできないに外向型と内向型は関係ありません。今回は内向型の人が今以上に仕事で評価されるコツをご紹介します。

内向型の人は生きにくい?

内向型人間に関する研究における第一人者であるマーティ・O・レイニーは、人間の75%は外向型なので、現代社会は外向型社会であると言っています。そのため、内向型である25%の人たちにとって、とても生きにくい世の中になっているのかもしれません。

しかし、作家のスーザン・ケインは「内向的な人が秘めている力」というスピーチの中で、「内向的な人は世界にものすごい才能と能力をもたらしているのであり、内向性はもっと評価され奨励されてしかるべきだ」と言っています。なぜならば、オバマ前米大統領やマイクロソフト創業者であるビル・ゲイツ、米著名投資家のウォーレン・バフェットなど、世界的なリーダーには内向型の人間が数多くいるからです。

kaji-855-ec
TOEIC 3ヶ月で400点アップ! 英語の「ジム」 English Company モニターインタビュー
人気記事

内向型の人の強みとは

ではなぜ、内向的な人は評価されるまでに時間がかかってしまうのでしょうか。外向型の人は、対人関係を楽しんでいて、自然にネットワークを形成したり日頃からコミュニケーションを取ることができます。そのため、特技をアピールできるチャンスが多いと言えます。反対に、内向型の人は、自分の特技をアウトプットする機会が少ないので素晴らしい考えも評価されません。

しかし最近は、メールやSNSなどコミュニケーションの手段が増えたことから、内向型の人でも自己アピールする機会が増えました。また、ダイバーシティ(多様性)に代わる言葉として「インクルージョン(一体化)」が注目されています。これは「共通の目標に向かって、一人ひとりの社員が個性を発揮し、自分らしさを生かして仕事をしている」ということ。必ずしも全員が明るく元気でしゃべりがうまい必要はないのです。

ここで内向型人間の強みを挙げてみましょう。

(1)慎重である
(2 本質的なものを見出す
(3)集中力がある
(4)人の話を聞くことができる
(5)落ち着いている
(6)優れた分析力をもつ
(7)自立している
(8)辛抱強い
(9)書くことが(話すことより)得意
(10)人の気持ちがわかる

いかがですか?
この強みを活かしつつ発信の場を設けることで、今よりも評価されやすくなるはずです。

naikougata-shigotojyutsu02

内向型の人がアピールするには

では実際に内向型の人が自己アピールするにはどうすればいいのでしょう。

1. 定期的な報告ルートでアピールを
週報などの定期的な報告ルートを使って、自分がどのような成果を残したかを数値に落としておきましょう。「〇〇案件の見積り A社とB社から受け取り済み」など週報として上司へメールするだけで、自身の仕事の進捗をアピールすることができます。また定例ミーティングなどで現状を報告するだけでも、仕事がうまくいっていることを相手に伝えることができるでしょう。

2. 伝える内容を半分にすればインパクトは2倍
プレゼンなど人前で話す場合は思い切って伝える内容(文字数)を半分にしてみましょう。話をする要素を徹底的に絞りこみ、情報をとことんシンプルにすることです。そうすることでインパクトが2倍になるそうですよ。また、一番伝えたい内容を冒頭に持ってくることが重要です。絞り込むことで論点が明確になり、聞いている人にもプレゼンの内容が伝わりやすくなります。

3. 無理に話そうとせず聞き役にまわる
接待などで相手と直接話をしなければならないときは、無理に話そうとせず、相手の話にとことん耳を傾けましょう。相手の話を聞くということは、自分について話すことと同じくらい重要です。また、「無口でおとなしい」というイメージは裏を返せば「真面目そう」「うそがなさそう」「警戒しなくていい」という印象なのです。話を遮らずきちんと聞くことで、相手はあなたに好感を抱くはずですよ。

***
内向型の人にとって重要なのは、大多数の人とは違う「自分の活かし方」を知ることです。強みを生かす機会を意識して設けることで、あなたの能力は世界に伝わっていくはずです。

(参考)
マーティ・O・レイニー著(2013),『内向型を強みにする』,パンローリング.
ブライアン・トレーシー著(2002),『フォーカル・ポイント―仕事の「その一点」に気づく人、気づかない人』,主婦の友社.
加藤 昌治著(2003),『考具 ―考えるための道具、持っていますか?』,CCCメディアハウス.
TED|Susan Cain: スーザン・ケイン 「内向的な人が秘めている力」
リクナビNEXTジャーナル|コミュニケーションが苦手でも、自己アピールが下手でも問題なし! 内向的な人が普通に仕事をこなしていく方法
シルビア・レーケン著,岡本朋子訳(2014),『内向型人間のための人生戦略大全』,CCCメディアハウス.
石田健一著(2015),『しゃべらない仕事術』,クロスメディア・パブリッシング.
ニューズウィーク日本版|ネガティブになりがちな内向型人間にも、10の強みがある