Couple listening to music on headphones

勉強や仕事を音楽を聴きながらやると能率が上がると言われるのをよく聞きます。
でも、聴くと良いと言われるのはクラシックやジャズなど馴染みのないものばかり……。
「聴き慣れていないのだと逆に気が散る」「クラシックのCDとか持っていないから聴こうにも聴けない」
やっぱり聴くなら自分のお気に入りの曲がいいですよね。
今回はお気に入りの曲で能率を上げる方法を紹介します。

badge_columns_1001711音楽にも適材適所がある

冒頭で「勉強の能率を上げるのにクラシックが良いとされる」と書きました。
このように同じ音楽でもその曲調によって勉強の効率を上げたり下げたりする効果があるのです。
海外の記事“Is Background Music a Boost or a Bummer?”によると
勉強中は“単調で反復が多く、歌詞のない曲”が良いとされています。
これがクラシックやジャズが推奨される理由ですね。
反対に、ポピュラー音楽は脳の情報処理を妨げてしまうそうです。
なるほど確かに、激しい曲や歌詞がある曲だと耳から入る情報が多いため、脳が忙しくなってしまうというのは納得ですね。

erina-840-ec
就活に向けてTOEIC840点獲得! 単語暗記が大嫌いでも3ヶ月で240点アップしたワケ。
人気記事

badge_columns_1001711お楽しみは休憩中に

でも、若い方でクラシックやジャズがお気に入りという方は少ないですよね。
J-POPSやアニソンなど、アップテンポな曲を聴きたいはず。
件の記事では、アップテンポな曲を休憩中に聞くことを推奨しています。
休憩中にアップテンポな曲を聴くことで気分を盛り上げる、想像力を高める効果があるそうです。
アップテンポな曲がお気に入りという方は休憩中のお楽しみとして聴くのはいかがでしょうか。
勉強中に、無理に知らない音楽を聴くよりもずっと効果があることでしょう。

Rock n roll Style. Song. Karaoke

badge_columns_1001711Walkmanのおまかせチャンネルを利用しよう

さて、どういう音楽をいつ聴くといいのかはわかりました。
しかし、そういう曲だけ集めるのって大変ですよね。
アルバムやアーティストごとにしてもバラードからポップなのまで混ざってしまっていて……。
こんなとき便利なのがWalkmanの「おまかせチャンネル」機能。
この機能は音楽を解析してシーンや気分に合わせて自動的にプレイリストを作ってくれます。
「リラックス」や「ソファラウンジ」などのチャンネルでは、クラシックなどと同じ効果までとは言えずともお気に入りの曲の中からリラックスできる曲を選んでくれるので勉強のお供に最適です。
また、「アップビート」「ダンスフロア」といったチャンネルで休憩中の気分を盛り上げるのに使うのもいいでしょう。
残念ながらこの機能はiPodなどには実装されていないみたいですが、Walkmanユーザーは一度試してみてはいかが?

参考文献
Joanne Cantor Ph.D (2013) Is Background Music a Boost or a Bummer?


京都大学農学部森林科学科所属。岐阜県立岐阜高校卒業。高校時代は剣道部、大学では体操部に所属。大の神社好き。年間60社以上参拝している。