みなさんは、1人で勉強をするとなかなか捗らないことはありませんか? つい違うことをしてしまったりしますよね。
そこで、おすすめしたいのが“オンライン勉強会”です。

オンライン勉強会とは

オンライン勉強会とは、インターネットを介して行う勉強会のことで、パソコンやスマホがあれば、場所や時間を選ばずに行えるのが魅力です。東京と大阪であろうと、深夜0時であろうと一緒に勉強することができます。

皆さんご存じのSkypeというサービス。 オンライン勉強会のツールの基本はこのSkypeを利用すること。パソコンやスマホを通して無料でチャットやテレビ通話ができる便利なサービスですね。2人以上でテレビ通話をしながら、手元やパソコンで勉強を進めるのです。

Skypeといったチャットサービスは、家族や友達との交流などに活躍していましたが、最近ではこういったサービスを通して一緒に勉強をする“オンライン勉強会”が増えています。

また、友達と一緒に勉強をするとやる気が出てスラスラと進んだり、記憶に残っていることはありませんか? 記憶に関する権威である、ポール・リクールの側近のアベル・オリヴィエは「人間の記憶は会話とともに形成される」と語っています。

ひとは決して独 りきりでは記憶せず、他者たちと共に記憶します。自ら自身の記憶を他の人から受けとり、 自らの記憶を他者に差し出すわけです。記憶とは、会話とともに形づくられ、だんだんと 〔近しい者から近しい者へと〕織りなされていくものなのです

(引用元:アベルオリヴィエ, & 杉村靖彦. (2015). 正しい記憶の哲学的諸条件.

友達と勉強をするメリットは、記憶に良いことだけではありません。友達と勉強するとなれば必ず時間を決めるでしょう。約束をしていればその時間に勉強をするので、勉強を始めるきっかけにもなるというわけです。

最近では、そういったメリットがあることからも“オンライン勉強会”をする人が増えてきました。

AdobeStock_87985033

takashimasama-wata
60日でTOEIC920点。"ビジネスレベル" のスピードと正確さを身につけた90日の英語パーソナルトレーニング
人気記事

友達だけに留まらない

友達と行う勉強会についてご紹介してきましたが、企業も勉強会をオンラインで行っていることをご存じでしょうか? 特にIT系企業など、パソコンを仕事で使う企業はオンラインでの勉強会を頻繁に開催しているのです。

これまでも勉強会は開催していましたが、開催日時が休日に限られることや場所の確保が難しいこと、どうしても都市部での開催に限られてしまうことなどから開催頻度に限界があったのです。

しかし、オンラインで勉強会を開催してみるとどうでしょう。平日夜での開催が可能になり、さらには場所代がかからないため費用が安く済み、その結果、より多くの勉強会が開催されるようになりました。

また、参加者側も地方から都心に出向く必要がなくなったり、「勉強会は敷居が高くて申し込みにくい」といった人たちも気軽に参加できるようになったのです。よく問題にもなる、”ネットの匿名性”がいい方面に働いているのですね。

「dots.」という情報検索サイトでは、オフラインはもちろん、オンラインで参加できるITに関わる様々な勉強会やセミナー、交流会などの情報が掲載されています。

オンラインに頼りすぎは注意

ただ、オンライン勉強会にもデメリットはあります。

例えば、大人数が参加する勉強会の場合、全員でテレビ通話を行う訳にはいかないのでチャット形式になるのが通例です。しかし、チャット形式では相手の顔を見ることができないので、先生側は皆がちゃんとついてきているのか把握しにくく、相手の反応が直にわかりにくいのです。

オフラインとオンラインでは、それぞれにメリット、デメリットがあるので用途に合わせて上手く使いこなしていくとよいでしょう。

最近では、企業だけでなく、掲示板を利用してオンライン勉強会を開催している分野もあります。勉強会が開催されるほどでもないようなことやそういった友達がいない場合は、そういった掲示板で同志を探すのもいいかもしれません。が、どのような人が相手かはわからないので、個人情報の扱いには気を付けましょうね。

いかがだったでしょうか? 普段忙しい人も、オンラインサービスを使えば勉強の幅が大きく広がるはずです。ぜひ、実践してみてくださいね。

(参考)
CiNii|アベルオリヴィエ, & 杉村靖彦. (2015). 正しい記憶の哲学的諸条件.
@IT|@IT|第3回 HolyGrail–オンライン勉強会Roppongi.JSの挑戦|
dots.