SONY DSC

勉強やダイエットなどを始めても、成果が上がらず挫折しそうになることってありませんか?そういう時に努力を続けることはとても苦痛ですよね。続けていればきっと成果が上がる、と分かっているのにやる気が起きない。これこそが挫折の一番の原因。ではどうすれば挫折せずに続けることができるのでしょう?
実は挫折対策を考えるタイミングが重要なんです。今回は挫折しないためにはどうすればいいかについて考えてみたいと思います。

badge_columns_1001711挫折しそうになるのは成果が見えないから

成功曲線って聞いたことありますか?名前の通り、努力の成果の上がり方をイメージとして描いた曲線のことです。
毎日コツコツと努力したら、やはり毎日少しづつ成果が出てほしいですよね。しかし実際は下図のように、ある程度のあいだ成果を実感できない時期が続き、ある時を迎えると急激に成長し、大きな成果が得られることになります。

seikoukyokusen
引用:資格試験・資格取得情報館 「成功曲線と言うものをご存知ですか?

ダイエットでも「停滞期」という言葉がありますが、横ばいの期間は長い上に、努力の成果が感じられません。もし期限付きで目標達成しようとしている場合、時間だけが過ぎていく感覚になってとてもつらく感じます。挫折が最も多いのはこの時期。しかしこの期間さえ耐えることができれば急激な成長のおかげで成果が出てくるようになります。成果が出てくれば楽しくなって努力を続けやすくなり、そのまま目標達成することも可能です。
この図をよく頭の中に入れ、「成果が出ていなくても努力は力になっていて後から現れてくる。」そう思って続けていくことが大切です。

furukawa935-ec
60日でTOEIC935点! 受験英語のアセットを活かした、ビジネス英語の "磨き方"
人気記事

badge_columns_1001711挫折対策は始める前に立てておこう

成果のない期間を耐えている間は、挫折の方向に傾いた私たちの思考を「やめる」方向から「やめない」方向に変えることも大切です。最初に計画を立てる時は一番前向きなので、なかなか挫折対策まで考えてはいないのではないでしょうか。その結果、自分がやめそうになって初めてオロオロしたり気分を持ち直そうと焦ってしまいがち。
しかしメンタリストのDaiGo氏によると、それは良くないパターンなのだそう。

今まで続けていたのだから、やろうと思えばすぐできるのに、それをやりたくないな、何か飽きてきたなと、自分の心から遠ざけようとしているわけですよ。
その遠ざけようとしている時に、挫折しないようにする方法を考えようと思ってしまうと、そっちに時間を使ってしまって、結局やらなくなってしまって、いつの間にか習慣はなくなって、挫折してしまうということが起こるわけですね。
しかも自分の気持ちが、挫折しそうになっている時は気持ちが滅入っているわけですから、そんな時に考えたアイディアは有効な挫折対策になるわけがないんですよ。

引用元 logmi「挫折を防ぐための方法」

挫折しないようにする方法は人それぞれで、また数多く存在するかと思います。例えば、その日だけ問題集の演習量を半分にしたり、終わったらご褒美を用意したり。しかしこれを、いざやる気がなくなってから考えだすのではほとんど効果がありません。これらの対策は計画を始めるより前に考えることで、意味のある対策法になるのです。

挫折しそうになる瞬間は努力していれば何回も訪れるかと思います。ですが、自分の努力を信じ、目標を設定する前から挫折対策を練っておけば、挫折しにくくなります。「停滞期を乗り越えれば、恐ろしい程の効果が現れる」という事を信じて、ぜひ、挫折対策を練ってから始めてみてはいかがでしょうか。

参考:
POLKADOTZ|Content 16.なぜ挫折するのか
logmi|挫折を防ぐための方法
資格試験・資格取得情報館 「成功曲線と言うものをご存知ですか?


早稲田大学先進理工学部生命科学科所属。松本深志高校出身。大学では理系分野を浅く広く勉強している。