本を買うとき、あなたはどこで買いますか? 最近はネット書店で買う方も多いのではないでしょうか。私自身かなりの本好きで以前は本屋さんに足しげく通っていたのですが、最近ではAmazonで本を注文することが増えています。

そういう方が増えていると思うからこそ、改めて感じた、本屋さんへ足を運ぶことのメリットです。

書店でフラフラ歩く時にこそ発見がある

みなさんはネットで本を買うとき、どのように探すことが多いでしょうか。事前にほしかった本を探したり、そこから派生しておススメされた中から興味のある本を探すことが多いのでは? 「オススメ」は類似の本が表示されるわけですから、お分かりのとおり、自分の興味のある本しか出会うことができません。

もちろん、最終的には自分が興味のある本しか買わないのですから、特に忙しい人はこちらのほうが効率はいいかもしれません。でも、本屋さんで興味がなかったジャンルなのにたまたまタイトルや表紙に惹かれて手に取ったところ、意外に素敵な出会いがあったという経験、誰にでもあるのではないでしょうか。

ネットでは能動的に取りに行った情報しか得られませんが、本屋に足を運べばそれ以外にもたくさんの情報を得られます。たまには受動的になってみると、思いもかけない出会いがあったりするものですよ。

solize-ec
【法人様 ご導入事例】英語パーソナルトレーナーによる「90日集中研修」で英語人材を科学的に育成!
人気記事

脱! 「積読」

最近昔に比べて「積読」が増えたな、って思う方はいませんか。私は格段に増えました。

ネットでは、書店で買う時よりもあまり吟味せずについついたくさん購入してしまいます。その結果、買ってからちょっと違うな、ということも増え、なかなか最後まで読み切れなくなってしまったのです。

これは、あまりに手軽に買えてしまうからこそ起きる弊害。書店では棚に本が実際においてあるので手に取って中身を読んだり、そのサイズを確認したりすることができます。そうすると、この本は思ったより難しそうだからと基本書に変えたり、また大きすぎて持ち運びに向かない本を、外での学習用に買わずに済んだりします。

小説やビジネス書でも、本当に買って読み切れるかな? と不安に思うときこそ一度手にとることをおすすめします。本屋で少し立ち読みをすれば、自分が興味を持てるか、理解できるかが分かるので、「よし、これなら最後まで読みきれる!」と確信を持たない限り購入しません。

このように実は本屋に行くほうが効率的な買い物ができる、のかもしれません。

情報収集も効率よく

ネット書店で参考書を買う場合、中身が分からないためにどれがいいのかわからず困った経験がある方は多いと思います。参考書や問題集は、難易度や解説の詳しさなどが大切ですが、中身が見れるのはほんの数ページ。

とりあえず上位に出てきたもののレビューを読んでみたり、改めて発行元のホームページを見てどれがいいか吟味している方が多いのではないでしょうか。

ですが、本屋に行けばそんな手間はかかりません。本屋の棚には分野ごとに売れ筋ランキングが作られていたり、入荷数が多いものは人気が高く、使い勝手がよいのだなと大体のことはわかります。さらに場合によっては書店員の方のポップがついているので、どんな本か一目瞭然です。

小説でも、ビジネス書でも、書店を一周ぐるりと回れば、自分の目で今のトレンドを知ることができ、それはネット書店をずっとスクロールし続けるよりも早いでしょう。

もし気になることがあれば本のプロである店員さんに聞くこともできます。家でクリックを繰り返すより、ちょっと外に出て本屋を覗くほうが実は効率よくありませんか?

real_bookstore2

もちろんネット書店にもメリットはある

とはいえ、ネット書店にもやはりメリットはあります。

それは希少本が見つかりやすかったり、それを探すために何件も書店をめぐる必要はないということ。また立地によっては本屋さんが家の近くになく、買いに行くのも一苦労というかたもいらっしゃると思うので、そういう方にとってはネット書店はなくてはならない存在ですね。

ですが次に本を買うとき、良ければネット書店でポチる前に一度本屋さんをのぞいてみてください。ここで挙げた以上の発見があったり、購入予定以外の本を眺めることで、あらたな本の魅力に気がつくかもしれませんよ。

(参考)
せんちえ|2種類の本屋を使い分ける~リアル書店とネット書店の活用
NAVERまとめ|出そうで出ない仕事のアイデアは本屋で作れる