badge_Columns_1003つの後悔していること

受験期にしたことで、後悔していることは山ほどあります。
その中でも、特に後悔していて、みなさんには同じ後悔をしてほしくないと思うことを公開します。

portrayal-89189_1280

badge_Columns_100寝すぎた!!

睡眠時間をしっかりと確保することは大切です。
でも、私の睡眠時間は度を越していました。
夜は6時間睡眠。これはOK。

起きたら学校に行きます。もちろん、授業前に勉強するためです。
せっかく早起きして自習時間を確保したのに、そのほとんどは睡眠時間でした。
学校に行かず、図書館で勉強していたときも、2~3時間は睡眠にあてられていました。

一番後悔しているのは、センター試験の過去問を解いているときに睡魔に襲われ、はかっていた時間をいったん止め、机に伏せて寝てしまったことです。
起きてから再開しましたが、最初から最後まで時間をはかって感覚を掴むということができなくなってしまいました。

【教訓】寝て良いときと悪いときがある!

miyauchi-980
TOEIC980点獲得! 「読むのが遅い」を乗り越えるために、トレーナーが課した意外な方法。
人気記事

badge_Columns_100家族に八つ当たりしてしまった

受験勉強のストレスがたまったり、成績が伸び悩んでいたりすると、ついイライラしてしまいます。
イライラしていると、ちょっとしたことで八つ当たりしてしまいます。
私は家族に八つ当たりをしてしまいました。
普段なら気にならない些細なことにイラっとしてしまい、暴言をはいてしまったり・・・・・・
暴言をはいても、家族も自分も悲しい気持ちになるだけで、良いことなんてありません。
今振り返ると本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
STUDY HACKERでは、ストレス解消法や気分転換の仕方、楽しく勉強する方法などが紹介されています。
受験生のみなさんはストレスがたまっても家族に当たり散らすのではなく、コラムに書いてあることを実践してみてください。

【教訓】八つ当たりをする前にSTUDY HACKERを読もう!

cry-62326_1280

badge_Columns_100試験日の対策が甘かった

地元の大学を受験する人は、受験する日も実家から試験会場に向かうことができます。
でも、地元以外の大学を受験する人は、数日前~前日に大学近辺のホテル等に泊まる人も多いと思います。
当時広島県に住んでいた私は、東京の私立大学を受験する際、東京にいた身内の家に泊まることになりました。
2大学の複数の学部を受験するため、およそ1週間その家に泊まる予定でした。
しかし、身内の家には問題が2つありました。(お世話になったのにごめんなさい!)

1:大学から遠い
受験する2つの大学のうち、1つは近かったのですが、もう1つは電車を何度も乗り換えて行かなければなりませんでした。
東京に不慣れな高校生だった私は、東京の電車について詳しく知るはずもなく、受験よりも無事にたどり着けるかどうかを心配しながら大学に向かっていました。
実際、電車の乗り換えがよくわからず、時間に余裕をもって家を出たはずなのに、ギリギリに大学に到着した記憶があります。
電車に乗っているときも、降りる駅や乗り換えのことで頭がいっぱいで、勉強できませんでした。
宿泊場所を選ぶ際は、(当然ですが)できるだけ大学に近い場所を選びたいものですね。
大学から遠いところに泊まる人は、事前に大学への行き方を確認しておくか、行き方を知っている人に付いてきてもらった方がいいと思います。

2:寒い
身内の家は寒かったです。
冬だから寒いのは当然ですが、それでも異常に寒かったです。
それだけが原因とは言い切れませんが、体調を崩しました。
そして、受験していない学部を残したまま、私は広島に帰りました。
環境が変わると体調も崩れやすいです。
しっかりと体調を管理することが大切ですね。

【教訓】泊まる場所は真剣に選ぼう!

同じ後悔をする人がいないことを願っています。


東京大学文学部行動文化学科社会学専修課程。ノートルダム清心高校卒業。大学ではセクシュアリティについて勉強している。忍者が好き。服のセンスとユーモアのセンスがほしい。