「仕事にとりかかろうと思ったのに、なかなか気持ちがついてこない」
「集中し始めるまでに時間がかかる」
そんなことに悩まされたことはありませんか?

人間の精神状態は、いろいろなことに非常に大きく左右されます。
例えば、職場の空調がいつもより効き過ぎていたり、近くで工事をやっていたり、身辺にちょっとした悩み事があるといったことが大小関わらず1つや2つあるだけで、やる気や集中力というのは大きく減衰してしまうのです。

そんな中でも、安定して仕事をこなしていくというのが“デキる人”に共通する1つの資質であると言われています。

でもそれは、生まれ持った才能や性格だけに根差したものではありません。実は、ちょっとしたことを実践するだけで誰でもスパッと物事の切り替えができる人間になることが可能なのです。

刷り込みで切り替えのできる人間に

“刷り込み”という言葉を聞いたことはありますか?

ある特定の条件が特定の反応を引き起こす、というものですが、この典型的な例が「パブロフの犬」と呼ばれる実験です。

この実験では毎日決まった時間にベルを鳴らして犬に餌を与えることを続けると、ベルの音を聞かせるだけで犬が唾液を分泌するようになった、と言います。

条件反射と呼ばれるこの反応は、「梅干しを見ると唾液が出る」のように、人間にとっても身近なところに多く存在しているのです。
長く接客業を続けていた人の中には、買い物中に自動ドアが開いただけで「いらっしゃいませ」と言いそうになった、という経験をした人もいるのではないでしょうか?

そんな刷り込みを上手に利用すると、スパッと気持ちを切り替えて集中できる人間になることが可能なのです。

couple
TOEIC600点台のご夫婦が二人とも850点オーバーに! 科学的トレーニングで英語力急上昇。
人気記事

自分なりの儀式を作ろう

「仕事に入る儀式」を用意することが、切り替えのできる人間になる最大のポイントです。

儀式と言っても座禅を組んだり、怪しげなお祈りを唱える必要はありません。毎日、仕事に入る前に決まった行動を1つ用意しておくのです。

大切なことは、儀式を「ルーティン」として確立させることなので、儀式の内容は自分の好きなことで構いません。
例えば、鉛筆を綺麗に削る、眼鏡ふきで眼鏡を拭く、目を閉じて3回深呼吸をする、という簡単なことで大丈夫です。甘いものが好きな人は「チョコレートを一欠食べる」というのも良いでしょう。それをした後、すぐに仕事にとりかかるようにしてください。

これを繰り返していくことで「“儀式”をしたら次は仕事」と、身体に刷り込みが完了し、その行為を行うだけで自然と集中モードに入れるようになるのです。

根気強く続けることで、あなただけのやる気スイッチが自然と確立されるでしょう。

adobestock_126752229

刷り込みは環境よりも強し

このルーティン化の習慣というのは、一流のアスリートの間でも広く取り入れられているものです。

野球・イチロー選手がバッターボックスに入ったときのことを思い出してみてください。袖を引っ張りながら、バットの先端を投手側バックスクリーン方向へ向ける仕草をしていませんか?

これは打席に立つ前の、彼なりの”儀式”だと言われているのです。

他にも、ラグビー・五郎丸選手の“五郎丸ポーズ”や、力士・琴奨菊の“琴バウアー”をはじめ、ウサイン・ボルト、タイガー・ウッズ、クリスティアーノ・ロナウド、内村航平など、重要な場面でのルーティンの活用で知られるアスリートは数多く存在しています。

これには願掛けの意味もありますが、絶え間なく繰り返してきたその儀式が1つのスイッチとなることで、試合への集中力や平常心を後押しし、最大限のパフォーマンスを実現するものだそうです。

さらに“刷り込み”には、もう1つの魅力があります。

あなたなりの儀式を確立することで、どのような場面でも平常心で最大限のパフォーマンスを実現してくれるのです。ここ1番という勝負所で緊張に負けてしまった、ということが多い人には、この効果は特に絶大なものになります。

例えば、重要なプレゼンの直前、緊張で平常心を失いかけたらいつもの”儀式”で落ち着きを取り戻しましょう。

失敗をしてしまったときにも、慌てたまま作業を続行することはミスの連発に繋がります。そこで一度”儀式”を挟んでやることで、さらなるミスの発生を防ぎ、落ち着いて埋め合わせができるようになるのです。

世界を相手に戦うプレッシャーさえ跳ね返してしまう儀式の力を味方につけることができれば、必ずあなたの背中を押してくれるでしょう。

***
メンタルが不安定になってしまうと、せっかくの実力も発揮できずに終わってしまいかねません。だからこそ、まずはそんな自分をきちんと制御するためにも、ちょっとした”儀式”を作ってみてはいかがでしょうか。

(参考)
日経Gooday|五郎丸ポーズ、イチローのカレー…大一番で“いつもの力”を発揮するコツ|プレッシャーで折れない心のカギ“ルーティン”を味方につける
Wikipedia|刷り込み
マイナビウーマン|仕事前に自分なりの儀式を行うと集中できるのはなぜ?
はてなキーワード|パブロフの犬