時間がない、やり方がわからない、どうせできやしない……。

そんな風に嘆き、勉強を諦めてはいませんか?

勉強は、学生だけのものではありません。社会人の方でも、英語や資格、MBAなどの勉強をする方は増えてきています。しかし、日々の仕事の忙しさに追われ、なかなか時間を取れないという方も多いのではないでしょうか。

そんな人にお勧めしたいのが、今回ご紹介するこの書籍です。

saikyono-benkyoho02

ハーバード×MBA×医師 目標を次々に達成する人の最強の勉強法

猪俣 武範 著

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2016年

(以下引用は本書より)

著者は医学博士として米国の大学に留学し、激務をこなしながらも「経営学修士=MBA」を取得した強者です。お医者さんといえば、忙しい職業の代名詞。それなのに、MBAに挑戦するとは、尋常ではありません。スポーツの世界で例えるならば、テニスプレーヤーとしてグランドスラムに挑戦しながら、陸上競技でオリンピックを目指すようなもの。

そんな著者が、自分の勉強法を凝縮させたのが、この一冊。忙しくても、結果を出し切る方法論が、ここには詰まっています。

時間は無いけど、勉強したい! そんな人はぜひ読んでみてください。

1, SMARTゴールを立てる

目標を立てる、というのは勉強法を紹介する本でよく言われることですが、この本では非常に細かく、段階に分けて目標を立てることを提案しています。

目標設定のテクニックのひとつとして著者が挙げているのが、「SMARTゴール」です。

別にかっこいい目標を立てる、とか、スマートに目標を達成する、ということではありません。

SMART とは、Specific(より具体的な)、Measurable(評価可能な)、Achievable(実現可能な)、Realistic(現実的な)、Time-bound(期限内に達成可能な)、という5つの言葉の頭文字をとったもので、これらを満たす目標を設定するわけです。このフレームワークを用いることで、目標をより明確に設定できます。

スマートでないゴールの例は、こんな感じです。
「経営スキルを身につけるために、MBA留学する」

一方で、これをスマートにすると、こんな感じ。
「2020年までにTOEFLで110点を取得し、ハーバード大のMBAに合格する」

目標を決めずに行動すると、モチベーションがわかないものです。受験勉強を思い出していただければ、分かりやすいでしょう。志望校を決める前の受験勉強は、なかなかはかどりません。しかし、一度「この学校に入りたい!」と思えば、俄然やる気が湧いてきますよね。社会人だってこれは同じ。勉強するからには、明確な目標を設定しましょう。

saikyono-benkyoho03

kumiko895-ec
10年ぶり英語への挑戦で、TOEIC895点。秘訣は「毎日続けること」への科学的アプローチ
人気記事

2, 無駄なく「LEAN」に勉強しよう。

時間のない社会人だからこそ、ムダなく勉強する必要があります。

しかし、ムダの省き方がわかっていないと、実行は難しいもの。著者は、そんな読者の悩みを解決するために、「LEAN勉強法」を提案します。

①「目標を視える化」し、「やるべきこと」と「やらないこと」を明らかにする
②「ムダを省き」時間を捻出し、やるべきことにフォーカスする
③「カイゼン」を繰り返し、プロセスを磨き上げる
④そのプロセスを「習慣化」する
⑤長期的な展望を見据えながらも「小さな勝利」を意識し、モチベーションを高く保ち、LEANの良循環を継続していく

世界一ムダのない企業と評されるトヨタ。彼らの生産過程における考え方が、LEANです。少し前には、米国起業家のエリック・リース氏が書いた書籍『リーン・スタートアップ』が話題になりましたね。leanというのは、簡単に言ってしまえば、「筋肉質な、スリムな」という意味。

この本を読めば驚かれるかと思いますが、著者は、驚異的なまでに、とことんスキマ時間を利用しています。

例えば、会議を待つ10分間。バスや電車を待つ5分間。さらに、コンビニでレジに並ぶ3分間。この間すらも、自分への投資に使うんだとか。

オフィスでの仕事のときも、スキマ時間が5分あれば、1日のTO DOリストの確認をしたり、スパムメールを削除したりできます。10分あれば、机の上の整理や書類のサイン、メールの返信ができるでしょう。20分以上あれば、レポート、発表に使うパワーポイントの骨組みの作成などをやってしまいましょう。

著者はいつも、ポケットにwi-fiルーターとKindleを忍ばせているといいます。少しでも暇になったらサッと取り出し、インプットを欠かさないそうです。勉強量を少しでも増やすために、参考にしたい方法の一つですね。

***
この本を読むと、自分の努力がいかに甘いか、いかに時間をムダにしているか、痛感させられます。

忙しくても、時間が無くても、勉強の時間は作れますし、成果をあげることだってできるのです。

何かと言い訳をして、すぐ「勉強できない」と考えてしまう自分を変えたい、と思っている人に、今すぐ手にとってもらいたい本です。