仕事の場面において、部下の働きはとても大事ですよね。

たとえ自分が先輩という立場であろうと、所詮は1人の人間にすぎません。時には、自分の方が間違っていたり、部下の方が良いアイデアを思いついたりすることもあるでしょう。

しかし、部下にそういった自分に対して本音を言ってもらいたいときに、遠慮してしまい、本音を話してくれない場合もあるのではないでしょうか?

信頼関係が築けている部下ならともかく、新しく入ってきた人や自分が異動で新しい部署に配属になったりしたときには、まだ信頼関係が築けていないこともありますよね。そういった状況で本音を引き出すことはなかなか難しいものです。

どうしたら、彼らの本音が聞けるでしょうか?
今回は、建築計画的手法を用いて、本音を聞き出す方法をお教えします。

パーソナルスペース

人間は、誰しも自分の周りに「パーソナルスペース」を持っています。

これは“自分の部屋”といった意味ではなく、自分が“他人に入らせたくないと思う物理的な領域”を指す言葉です。その領域は人間の前方に広く広がっており、その領域に他人が踏み込むと不快感を覚えます。

また、踏み込む人がどういった人かによって、許容できる距離は変わってきます。全く知らない人と親しい友達では、許容できる距離は違いますよね?

personal_space
(引用元:NAVERまとめ|距離で分かる恋愛の心理学!男女と性格の違いによるパーソナルスペース攻略

そして、パーソナルスペースの中でも相手がどの方向を向いているかで不快感の程度は変わるものなのです。

自分と同じ方向を向いているとき、横を向いているとき、向かい合っているときでは、向かい合っているときが1番不快感が強くなります。逆に、同一方向を向いているときは不快感は軽減されるのです。

エレベーターで他人と乗り合わせたときのことを思い出してください。
通常、エレベーターに乗ると大体の人が階数表示に目を向けますよね。これは、今何階かを気にしているのではなく、視線が交錯しないために自然と行っている行為なのです。

エレベーターのような狭い空間では、自分のパーソナルスペースを確保することが難しいため、少しでも不快感を軽減しようという心理が働きます。また、そういった心理が働くことを想定して、階数表示が上方に表示されるように設計されているのです。

kaji-855-ec
TOEIC 3ヶ月で400点アップ! 英語の「ジム」 English Company モニターインタビュー
人気記事

ソシオペタルとソシオフーガル

さて、近い距離で他人と視線が交錯することで、不快感が生じることがわかりました。実はこの現象は、椅子や家具の配置の際にも考慮されるものなのです。

椅子を設計する際は、その椅子がどのような人に使われるのかが考えられています。

友達同士で座って会話をする席であれば、互いが向き合い、視線が交錯する形の方が話しやすいですよね。ゆえに椅子もそのような配置になり、これをソシオペタルな配置と呼びます。

また、他人同士が共有する椅子の場合は、互いの視線が交錯するとパーソナルスペースを侵害してしまうので、視線は外側にを向く形で設計されてます。こちらは、ソシオフーガルな配置と称され、1人で友達を待つ場合の多い駅前広場などでよく見かけことができます。

%e3%82%bd%e3%82%b7%e3%82%aa%e3%83%9a%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%83%95%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%ab
(引用元:TAC建築士講師室ブログ|ソシオペタル

このように、席を共有する相手によって最適な席配置は変わってくるものなのです。これを知っておくと、仕事でのコミュニケーションにも活かすことができるでしょう。

面と向かって話さない

では、部下から本音の意見を聞きたい場合は、どちらの席配置の方がいいのでしょうか?

移動してきたばかりで信頼関係を築けていない上司は、部下から見たら委縮してしまう存在かもしれません。そういった人と机1つ挟んだ距離で向き合って話すと、パーソナルスペースの侵害を引き起こしてしまいます。ゆえに、緊張が促進され、うまく本音が言えなくなってしまうのです。

つまり、本音を聞くためにはソシオフーガルな配置で話をする方がいいでしょう。お互いが一方向を向けるような状況、例えばカウンターのような席で話をすると、部下は上司の目を意識する必要がなくなるので、安心して話をすることができます。

会議室の椅子を動かしてL字型にするだけでも視線の交錯を避けられるので効果的ですよ。

また、息抜きがてら外に連れ出すのも1つの手段。カフェは1人利用の客を想定して、ソシオフーガルなカウンター席を設けている場合がほとんどですから、そこでコーヒーを飲みながら話し合ってみるのもオススメです。

***
部下から本音が聞けていないと感じている方は、会話テクを学んだり、コミュニケーションを増やすことも大切ですが、体の向きを変えるだけでも良くなるかもしれませんよ。まずは、簡単なところから始めてみてはいかがでしょうか?

(参考)
​長澤泰(2011),「建築計画(改訂版)」,市ヶ谷出版社
長堀萌恵, & 向居暁. (2011). P2-31 二者間におけるパーソナル・スペースの認知的差異: 好悪感情と接近距離の関連性について (ポスター発表 (2)). 日本パーソナリティ心理学会大会発表論文集, (20), 135.
NAVERまとめ|距離で分かる恋愛の心理学!男女と性格の違いによるパーソナルスペース攻略
TAC建築士講師室ブログ|ソシオペタル
Wikipedia|パーソナルスペース