「社内で出世していきたい」「ビジネスの世界で成功したい」と思ったことはありますか?

そう思うことはあっても、具体的にどういった行動をとれば成功につながるのかよくわからない、という方もたくさんいらっしゃるでしょう。そこで今回は、ビジネスにおいて成功をつかみ取れる人になるための方法について考察していきたいと思います。

夢を夢のままで終わらせるなんてもったいない

大なり小なり、なんらかの夢や願望を持っているビジネスパーソンの方は、それらを叶えるためにどの程度努力をされているでしょうか。もしかして、夢や願望を思い描いた次の瞬間には、やっぱり自分には無理だと諦めてしまってはいませんか?

もちろん、「明日、空から1億円が降ってこないかな」など、あまりにも現実的でないものは諦めるほかありませんが、「社内でトップの成績をあげたい」「将来は起業したい」など、自分の気持ちと取り組み方次第では達成できることもあります。

yoko815
苦手の文法を克服! TOEIC815点を獲得し、国際会議でスピーチ。英語力を大きく変えた3ヶ月の科学的トレーニング。
人気記事

成功に至るまでのエピソード

ビジネスで成功を収めた人物の例として取り上げたいのが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへの来園者数をV字回復させた、株式会社ユー・エス・ジェイの元執行役員で、現在は株式会社刀代表取締役CEOである森岡毅氏です。

森岡氏は、大学卒業後、株式会社プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)に入社、2010年に株式会社ユー・エス・ジェイに転職し、2017年1月に退職。その後、株式会社刀を設立し、今に至ります。

就職活動時、森岡氏は、彼の両親も希望していた大手総合商社の内定を断ってP&Gに入社しました。その決め手となったのが「時間」です。30歳になったときにどのような業務をやっているのかということを考えると、自分の成長が加速するような場にいたいと彼は感じていたのだそう。また以下のようにも述べています。

「僕は『どの会社に勤めているんですか?』ではなくて、『あなたは何ができるんですか?』という問いに、耐えられる人間になりたかった。」

(引用元:朝日新聞デジタル|USJ大ヒット仕掛け人の就活論 「会社と結婚するな」

これは業績が低迷していた株式会社ユー・エス・ジェイへ2010年に転職した後も変わりませんでした。ゲーム「モンスターハンター」や漫画「ONE PIECE」など、人気のあるエンターテインメントは全て自身で体験したうえでイベントに取り入れたり、偶然性をできるだけ排除して成功する確率を合理的に高めていったりというマーケティングの手法を取った結果、700万人台まで落ち込んでいた来場者数を、なんと1,000万人以上にまで伸ばすことができたのです。

adobestock_127110593

私たちができること

では、私たちはどうすればビジネスで成功をつかみ取れるような人になることができるのでしょうか。

1.「やらざるを得ない環境」に自分を置く
森岡氏の場合、自身に足りないビジネススキルとして「英語」を挙げています。P&Gに入社したのも、英語を身につけざるを得ない環境に自分を置きたかったから、というのがあったのだそう。そして結果的に、入社後は死に物狂いで英語を勉強することになったと言います。

たとえ苦手・嫌いな分野でも目的のために必要なことならやるしかありません。森岡氏は、「自分のインプットを増やす機会をどれだけ作れるかが、重要なキャリアの差を生む」ということを自覚するべきだと述べています。

どうしても自主的に行動するにはモチベーションが上がらない、という方は、彼のように自分を追い込む環境へと身を移してみてはいかがでしょうか。

2. 偶然に頼らない
森岡氏は、革新的なアイデアを生み出す際にはそのアイデアを思いつく確率を上げていた、と伝えています。何の手がかりもない中からアイデアを探すのではなく、以下のようなフレームワークをもとにしてアイデアを探す効率を高めていくことで成功に近づいたようです。

1.良いアイデアとはどんな条件を満たすアイデアのことか?
2.それらの条件を組み合わせて、良いアイデアを探すにあたっての着眼点(釣るポイント)をどこに定めて頭脳をフル回転させるべきなのか?

(引用元:森岡毅(2016),『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』, KADOKAWA/角川書店. )

何も考えずに目的が達成されるような棚ぼた的展開を期待していては、いつまでたっても成功は近づいてきません。自分がこれから取ろうとしている行動について、より成功する確率が高いのはどれなのか、頭の隅に置いておくと良いかもしれませんよ。

***
森岡氏だけでなく、成功している人から “成功のヒント” がたくさん得られます。せっかくの夢をそのままにせず、成功に近づけるよう一歩ずつ頑張ってみてください。

(参考)
森岡毅(2016),『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』, KADOKAWA/角川書店.
朝日新聞デジタル|USJ大ヒット仕掛け人の就活論 「会社と結婚するな」
PRESIDENT Online|USJ、“カワイイ音痴”のマーケターの仕事術
GLOBIS知見録|【森岡毅氏インタビュー】売れるマーケターより強いリーダーになりたい(2)