かねてより健康効果が期待されてきた冷水シャワーですが、ビジネスパーソンにも深く関わる研究が発表されたのをご存知ですか? たった30秒の冷水シャワーで、タフなビジネスパーソンになれるかもしれません。冷水シャワーによって期待される効果と、冷水シャワー嫌いな方でも取り入れやすい方法を探ります。

冷水シャワーで病欠が減る?

科学雑誌「PLOS ONE」のオンライン版に掲載(2016年9月)された、アムステルダム大学学術医療センターのヘルトA. バージュ氏らの研究では、「冷水シャワーを浴びると病欠が減る」と結論づけられました。

同氏らは、オランダでボランティア3,000人の参加者に、30日のあいだ毎朝冷水シャワーを浴びてもらったそう。その手順は、温水シャワーを浴び終える間際に、30秒・60秒・90秒間だけ冷たい水を浴びるというもの。比較のため、別の対照群は温水だけでシャワーを終えるようにしました。そして、その期間じゅう被験者らの職務勤怠状況を調べたそうです。

その結果、冷水シャワーを浴びたグループは、温水だけを浴びたグループに比べ、勤務先の病欠日数が29%少なかったのだとか。

ちなみに、どの秒数でも病欠日数の少なさは同じであったため、30秒未満でもよい可能性はありますが、この研究を受け現時点で明言できるのは「(温水シャワーを浴び終える間際に)30秒冷水シャワーを浴びれば十分」ということです。

nishibayashi-ec
就活に向けて学習開始! アルバイト3つ掛け持ちでも、90日でTOEIC®600点から850点に!
人気記事

なぜ冷水シャワーで病欠が減ったのか?

前項の研究では、冷水シャワーを浴びた参加者も、温水のみのシャワーを浴びたグループも、同じ程度で「不調」を訴えていたそうです。しかし、冷水シャワー群は、症状が軽度だったのか、気力が上回ったのか、それにより仕事を休むことはなかったそう。冷水シャワーにより、いったいどんな変化が起こるのでしょう。

shower-tough-02

1.「コルチゾール」と「褐色脂肪」

バージュ氏は、冷水シャワーによる一時的なコルチゾールの増加や、褐色脂肪の活性化との関係を示唆しています。

冷水によりストレスホルモンのコルチゾールが分泌されると、心拍数が増加して、体温・血圧・血糖値が上昇し、「逃げるか・戦うか」の状態になります。それにより、「よし、仕事に行くぞ!」と気持ちを奮い起こされた可能性があるということ。

また、褐色脂肪が活性化すると、カロリーを燃やして体を温かく保ち、エネルギー消費や代謝を高めます。 体温が上がり代謝がよくなるならば、免疫力アップにも関係すると考えられるのです。

2.熱をとじこめ自律神経を整える

温かいお湯で体が温まっても、血管が拡張し毛穴が開くと、いずれ体温は下がっていきます。しかし、最後に冷水を浴びると毛穴がキュッと引き締まり、体内に熱をとじこめて体温が下がりにくくなるのだとか。したがって代謝アップを期待できるわけです。

また、温水シャワーから冷水シャワーに切り替えると、副交感神経から交感神経への切り替えをつくりだすため、冷水シャワーを習慣化すれば、だんだん自律神経のバランスが整い、血行も代謝も正常化してくるのだそう。

3.ノルアドレナリンなどの分泌を促す

バージニア・コモンウェルス大学の研究者ニコライA・シェフチュク氏は、冷水シャワーがβ-エンドルフィンノルアドレナリンのレベル増大に影響し、ノルアドレナリンに関与する神経核を刺激するため、うつの治療を助けると主張しています。

神経伝達物質の一種「β-エンドルフィン」は、鎮痛・鎮静効果があり、快感物質とも呼ばれています。また、同じく神経伝達物質であるノルアドレナリンは意欲向上や集中力アップに影響します。

このように、冷水シャワーはあらゆる効果を生み出します。たった30秒の冷水シャワーでよいのなら、ぜひ取り入れてみたいところですよね。――とはいえ、世の中には、「冷水シャワーを浴びるくらいなら、タフにならなくていい」と考える人もいるでしょう。実は筆者もその1人です。何かいい方法はないのでしょうか。

冷水シャワー嫌いでも「冷」の恩恵を賜る方法

もしも心臓などの病気がなく健康で、冷水シャワーにも抵抗がなければ、ぜひ温水シャワーの最後に30秒間ほど、冷水シャワーをお試しください。いきなり冷水を浴びるのではなく、温水から徐々に冷水に移行していくと体に負担が少なく、スムーズなのではないでしょうか。

しかし、もしも筆者のように冷水シャワーが苦手な方であれば、シャワーの終わりに、ひざ下に2秒間ほどサッと冷水をかけるだけでも効果があるとのこと。ヘルトA. バージュ氏らの研究でも、秒数は関係なかったと説明されています。実際、筆者もこれを試していますが、気持ちが引き締まると同時に、足元がポカポカして代謝アップにも役立ちそうです。

また、全国冷え症研究所所長の山口勝利氏がすすめているのは、入浴やシャワーで体を温めたあと、「水で濡らしたタオルで足を数秒包む」というもの。それにより、先述したように拡張した血管を通常の状態に戻し、開いた毛穴から熱が逃げていくのを防いでくれるそうです。

ただし、いずれも心臓に不安がある方はお避け下さいね。

***
ヘルトA. バージュ氏らの研究に参加した人の中には、参加後も冷水シャワーを続けるようになった人が多数いたとのこと。快感物質β-エンドルフィンも関与しているといった話があるので、やみつきになってしまったのかもしれませんね。ご自身の健康状態を十分に考慮したうえで、お試しください。

(参考)
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー|冷水シャワーを浴びると病欠が減る
PLOS ONE|The Effect of Cold Showering on Health and Work A Randomized Controlled Trial
コトバンク|コルチゾールとは
Wikipedia|うつ病の治療
日本テレビ|PON!|過去の放送内容
ウーマンエキサイト|疲れを隠す朝の早ワザ5選「冷水をひざ下に」「レモンの香り」「明るいピンク」
HEALTH PRESS|冷水シャワーを浴びてポカポカ、「冷え性」を解消! 自律神経を刺激して<引き締め>で若返り