勉強に集中していると思っていても、突然
「あ、そろそろ友達からLINEの返信来たかな……」
というふうに、何か気になることが生まれることって、結構ありませんか?
私は、しょっちゅうありました。今回は、こんなときの対処法をお話しします。

portrait-317041_1280

badge_columns_100171人は、「いけないこと」の方に興味を向けてしまう

では、こういう事態の対処法として正しいのは、次のどちらでしょうか?

A:「気になってしょうがないから、先に返信しとこう」
B:「今は勉強に集中しないと。LINEの返信のことは一旦忘れよう」

答えは……

実は、どちらも不正解なんです!
この理由を、順に説明していきます。

takashima-ec
苦手だったリスニングを克服し、90日でTOEIC845点ゲット! リスニング練習の「質」を変えた、プロトレーナーのトレーニングメソッド
人気記事

badge_columns_100171スマホは、一度触ったら離せない

まずAについて。
皆さんは、本当に、「友達のLINEに返信して、すぐスマホを手放す」ことができますか?
私は無理です。絶対、「ついで」と称して、Twitterをチェックしたり、サイトをチェックしたりしてしまいます。

StudyHackerでも、今や世界中の学生がスマホ依存であることは紹介しています。
スマホ依存から抜け出すたった1つの方法
これは、多くの人にも当てはまるのではないでしょうか?

polar-bear-404314_1280

badge_columns_100171「考えるな」と考えるほど、忘れられなくなる

つづいてBについて。
皆さんは、「シロクマの実験」をご存知でしょうか?
これは、「シロクマについて絶対に考えてないでください」と言われると、余計にシロクマのことを考えてしまうというものです。

「LINEのことは忘れよう、忘れよう……」と思うたびに、あなたはLINEのことしか考えられなくなっていくのです。
こうなれば、もはや勉強どころではないでしょう。

badge_columns_100171「付箋」で欲求を客観視しよう

そんなときに役立つお助けアイテムは、ずばり「付箋」。

「LINE返信」と書いて、壁に貼っておく。
文字にすることで、自分の欲求を客観的に把握することができます。
こうすることで、いったん欲求を頭の外に追い出してしまうのです。
また、勉強中にたまった付箋を見返せば、

「これだけ勉強をがんばったんだ」

という達成感も得られ、一石二鳥です。
勉強が終わったら、付箋に書いてあることを、どうぞ心置きなくやり尽くしてください。

***
いかがでしょうか?

付箋があればできる、「誘惑を断ち切る方法」。
皆さんも、ぜひやってみてください。


東京大学文科二類所属。明星高等学校卒業。東京でも大阪弁を貫く決意で日々を送っている。現在は、有名フリーペーパー制作にかかわり、多くの企業の協賛を獲得している。