みなさんが勉強や仕事をするとき、集中できる場所はどこですか?

自宅で勉強をしているけれど、誘惑が多くて机に向かい続けることが困難だという人も多いのではないでしょうか。自宅は自由空間ゆえ、何かに規制されることがありませんから、勉強や仕事をするための適度な緊張感を持続することが難しいようです。そんなときは、自宅外での学習スペースの確保をおすすめします。

最近は無料利用できるWiFi環境や電源を使える場所が増えたことにより、自宅以外でのワークスペースがかなり便利になりました。

そこで今回は、勉強や仕事に集中できる場所やコツを紹介します。

勉強や仕事がはかどる場所

勉強や仕事をする際、多少の雑音があるほうが集中力が増す人と、静かな環境に身を置いたほうが集中できる人がいると思います。自分がどういう環境だと集中できるのかを見極めて、集中力アップができるような場所を見つけてください。

- 図書館
利用するのにお金がかからないことや、雑音が少ないこと、参考文献になりそうな本が大量にある、などのメリットが挙げられます。また、周りには真剣に勉強をしている人がたくさんいるので、あなたのやる気も自然に引き出されることでしょう。

- カフェ、ファミリーレストラン、ホテルのロビーラウンジ、ファーストフード店
カフェのテラス席などは季節によってはとても気持ちがよいものです。また、ドリンクバーを設置している店がほとんどであるファミリーレストランは、ドリンクのおかわりをわざわざ注文する必要がありませんし、比較的安価なファーストフード店も使い勝手がよいのではないでしょうか。居心地のよい上質な空間という点から、ホテルのロビーラウンジもおすすめです。

これらの店は、軽食や飲み物をオーダーすることになりますが、空調や食器の片づけといった、店としての維持費がすべて含まれた価格だと考えましょう。それなりの雑音はありますが、周りの人の目があるため、適度な緊張感を保つことが可能です。営業時間や利用料金を比較して、自分が納得して勉強ができる店を発見できるといいですね。

- 漫画喫茶、ネットカフェ、カラオケ店
ほとんどの漫画喫茶やネットカフェには個室が用意されているため、自分だけの静かな空間で勉強や仕事に集中することができますし、備え付けのパソコンで調べものをすることもできます。漫画やネットサーフィンなどの誘惑も多いですが、飲み放題のドリンクを飲むなどして上手くリフレッシュを図りましょう。

カラオケ店で勉強する際に特におすすめなのは音読です。カラオケルームは防音壁なので、大きな声でテキストを読むことができます。また、会社に戻る時間的余裕がなかったり、外回り中にどうしても仕事をしなければいけないときなど、作業スペースとしても利用できるでしょう。

- 自習室、コラボオフィス、カプセルホテル
利用料金は高くなりますが、有料自習室やコラボオフィスの会員になるのもひとつの手です。目の前の勉学や仕事に打ち込むことができる静かな集中空間を確保することができる上、ネットワーク環境やプリンターといった設備が整っています。

また、最近のカプセルホテルは、「仮眠プラン」や「早朝プラン」など利用時間のバリエーションが増えているので、自宅や会社近くにあるカプセルホテルを調べてみてはいかがでしょう。

- 電車、バス、散歩
電車やバスなどの移動時間も貴重な学習時間です。スマートフォンを利用して、プレゼン資料をPDFで確認したり、イヤホンを使って語学のヒアリング学習に充てるのもよいでしょう。隙間時間は意外と集中することができるので、参考書を読むのはもちろんのこと、頭の中で企画を思考してみてはいかがでしょうか。

公園や海辺の散策もおすすめです。体を動かし、脳を活性化させることで、急にすばらしいアイデアが浮かぶかもしれません。歩き疲れたら、ベンチや椅子などに座って目の前の景色をのんびり眺めながら、気持ちを入れ替えてみましょう。

sotodebenkyo-kaiteki02

shinobu-ec
10年以上のブランクから56日でTOEIC920点! パーソナルトレーナーと走り抜けた英語学習の "最短距離"
人気記事

外で勉強するためのコツ

- WiFi環境や電源の確保
最近は飲食店や商業施設、駅や空港など、あちこちで無料WiFi接続サービスのステッカーを見かけるようになりました。海外からの旅行者が増えたこともあり、東京メトロや都営バスなどの公共交通機関が、次々に訪日外国人向け無料 WiFiサービスを開始しているようです。

そのほかにも、携帯電話会社などが提供する無料WiFiスポットも数多く設置されているので、以前に比べて、フリーWiFiスポットを見つけやすくなったのではないでしょうか。また、フリーWiFiに加え、電源まで無料で利用できるコンビニエンスストアも増えています。

しかし、場所によってはフリーWiFiを利用できないこともあります。そんなときはスマートフォンのデザリング機能を利用する人も多いと思いますが、電池の消耗が早いというデメリットがあります。WiFiルーターや携帯キャリアとのWiFi契約を検討してみてはいかがでしょう。

自宅外で長時間作業することが予想される場合は、スマートフォンやパソコンが電池切れにならないよう、携帯バッテリーも忘れずに。

- 耳栓の利用
話し声や騒音は、状況によって案外気になってしまうものです。そんなときは耳栓をすることによって、集中力を持続させましょう。シリコン製だけでなくデジタル式といった遮音効果の高い高級耳栓も登場するなど、使い勝手のよいタイプを選んでみてはいかがですか。

***
集中できる場所や環境は人それぞれです。自分に合った集中できる環境を見つけて、勉強や仕事を効率よく進めたいものですね。

スーパー銭湯にて「3時間の執筆と30分のサウナ」を3回繰り返し、原稿を一日30枚書いている作家もいるそうです。なるほど、Tシャツなどの楽な服装だと、湯上りでも生産性がグッと上がりそうですね。

若い時代、集中して勉強できる時間はとても貴重です。
さあ、あなたも自宅を出て、外で効率的に勉強しましょう!

(参考)
StudyHacker|秋には外で勉強しよう! 京大生がおすすめする『外勉』の効果と、3つのおすすめスポット
StudyHacker|晴れた日は外で勉強しよう! 東大生が「ソト勉」を試してみた。
StudyHacker|その勉強、どこでする? あらためて勉強場所について考えてみた。
StudyHacker|カラ勉
東京都交通局| FREE Wi-Fi & TOKYO