こんにちは、STUDY HACKER編集部です。

いよいよ夏休み!という学校も多いのではないでしょうか。
この夏、スパートをかけたい受験生のために、独学派でも使える「地理・歴史」の参考書をセレクトしました。

参考にしてみてくださいね。

ss-dokugaku5

badge_Columns_100読みやすさ抜群、中身は充実。センター地理対策の定番。
『センター試験 地理Bの点数が面白いほど取れる本』(中経出版 )

レビュー記事:地理参考書の名著!センター試験に最適。- 『センター試験 地理Bの点数が面白いほど取れる本』

「地理にまとまった時間を割きたくない」。
そう考えている受験生はたくさんいると思います。

そんな受験生に最適な参考書がこれ。塾や学校への通学途中の電車内、なかなか寝つけないそんな夜など、ふとしたときにこの参考書を開いて見てください。「系統地理分野」・「地誌分野」の二本立ての内容が、会話形式で非常にわかりやすく書かれています。

たとえ学校の授業を全然聞いていなかったとしても、まるで隣に先生がいて授業をしてくれているかのように、スラスラ内容が頭に入って来ます。独学用参考書として、空いた時間に読書をするような軽い気持ちで、勉強を進めてみてはどうでしょうか。

badge_Columns_100読むばかりじゃつまらない。そんなあなたに。
『瀬川聡のセンター試験地理B[系統地理編]超重要問題の解き方』(中経出版 )

レビュー記事:独学でセンター地理9割を狙ってみよう! – 『瀬川聡のセンター試験地理B[系統地理編]超重要問題の解き方』

「センター試験 地理Bの点数が面白いほど取れる本」の兄弟参考書です。知識をいかに吸収し、利用するかが地理を勉強する上での、キーポイント。

知識は教科書や参考書を読むことで吸収することができますが、いかにして知識を利用し問題を解くのかといった実践力は、読み進めるだけではなかなか鍛えられません。

センター試験頻出の問題を掲載しているこの一冊に取り組むことで、「知識を利用して解く」といった実践力を養ってもらいたいと思います。

「独学で取り組んでいて、わからない問題に出会ったらどうするんだ。夏休みだから先生にも聞けないじゃないか?」といった方も心配ありません。解答が丁寧なことと、兄弟編である「センター試験 地理Bの点数が面白いほど取れる本」でたやすく補填することが可能です。

badge_Columns_100 これであなたも、地理オタク。上級者向け参考書。
『データブックオブ・ザ・ワールド』(二宮出版)

レビュー記事:入試で高得点を取りたい方、統計が好きな方にお勧め。使えるデータ満載です! – 『データブックオブ・ザ・ワールド』

地理の受験勉強を進める中で、「あれ?地理って案外面白いぞ。もっと教えてほしい。」と興味を掻き立てられている方。きっと、はまります。

自然・人口・産業・政治・経済・民族・文化など、あらゆるジャンルのあらゆるデータが掲載されていて、読み進める中で確実に地理博士へと近づく自分に気がつくことでしょう。

地理が苦手で楽しくないという方にも、センターレベルの問題を解いていて、気になるデータやグラフに出会ったとき、二次試験レベルの問題で、論述できないような内容が問われた時など、ピンチを救ってくれるような、詳細な資料がこの一冊に掲載されていますので、ぜひ手元に置きながら勉強してみてはどうでしょう。

badge_Columns_100 タテをマスターすることで流れをつかむ。
『タテから見る世界史』(Z会出版)

レビュー記事:世界史は「タテ」「ヨコ」を意識せよ!タテ編 – 『タテから見る世界史』

世界史の基礎はタテにあります。ここでいうタテとは、それぞれの国で時系列で何が起こったのかを、また、ヨコとは、ある国である出来事が起こっていた時に他の国では何が起こっていたかを指します。

受験勉強を、タテとヨコをはっきりしないまま始めてしまうと、徐々に何が何だかわからなくなってきてしまいます。そこで、この夏休みを利用して独学勉強開始の土台作りを、まずはタテから始めてみてはどうでしょうか。

時系列的に、起こった出来事を把握することで一連の歴史という流れを感じとることができます。受験までの短い時間に、いかにして成果を上げるかを考え、独学勉強の基礎となるタテの見方を早期に習得しましょう。

badge_Columns_100もう忘れたなんて言わせない。
『日本史の「なぜ」と「流れ」がわかる本』(東進ブックス)


レビュー記事:日本史のストーリーを、肌で感じろ! 日本史学習のはじめの一歩! – 『日本史の「なぜ」と「流れ」がわかる本』

先ほど紹介した『タテから見る世界史』と似た、流れをつかむ日本史参考書です。

異なる点はより基礎的な内容をより丁寧にわかりやすく記載していること。覚えられないから、日本史が嫌い。日本史が嫌いだから、勉強したくないといった負のスパイラルをそろそろ抜け出してみませんか。

教科書よりずっとわかりやすく書かれている本書を使用すれば、自ずと頭に入ってくること間違いなしです。学校の先生の授業がわかりにくい人も、わからないからできないままにしておくのではなくて、自ら独学で本書に取り組み壁を壊してみましょう。

***

いかがでしたか?

塾や予備校に行かず、独学でなんとかしたいと考える人も多い地歴。今回はそんな「独学派」おすすめの良書をご紹介しました。

ぜひ一度試してみてください!健闘を祈ります!


京都大学大学院工学研究科化学工学専攻。岐阜県立大垣北高等学校卒業。学部時代は化学工業に必要なプラントエンジニアリングの知識を習得し、現在は化学工学的な視点を生かして機能性ナノ粒子の応用・工業化研究を行っている。