Attractive female working at home.Student.Using digital pen.

夏ですね。
学生の方も、社会人の方も、夏休みの季節になりました。

長い夏休み。海に行くのも、花火を見にいくのもいいですが、
「勉強」始めてみませんか?

ニュースや新聞を見るたび「なんだこれ」と気になること。結構ある人多いんじゃないでしょうか?でも、よし勉強してみるぞ、といっても、普段は忙しくてなかなか難しいですよね。

歴史、社会情勢、科学分野。この長い休みを利用して、アカデミックなこと勉強してみませんか?

そうして勉強を始めようとする時、ハードルとなるのが「知識」です。

学生でも、社会人でも、新しい分野に飛び込むときは知識が必要です。今の世の中、医療でも法律でも、自然科学でも、知識がなければわからないことだらけですから。

そんな時、ネットの怪しい情報は信用したくない。でも分厚い本を読むのはちょっと……。という方も多いでしょう。

今日はそんな方のために、「勉強を始める」ためのヒントをご紹介しようと思います。

badge_columns_1001711素早く大量に。やはりWikipediaは強い。

なんだ、初っ端からウィキかよ。なんて言わないでください。確かにWikipediaは誰でも編集可能ですし、偏った意見が反映されているという批判があることも確かです。

しかし、だから全てダメかというと、そうとも言えません。確かに参考文献の欄に記入するのはよくないとされていますが、「導入として知識を素早く、大量に仕入れる」際に利用するならば、問題はないと思うからです。

筆者もよく、「なんだこの話題。どんなものなのか全然わからんわ!」といって、とりあえず最初にWikipediaを引いてみることがよくあります。そうすると、その話題では何が一般的に問題とされていて、どんな意見が多いのか、ということを簡単に見ることができるのです。

もちろんそのままでは信用できませんから、そのあと「じゃあWikipediaにのってたこの単語でweb検索してみよう」とか「Wikipediaでみたこの先生の論文をみてみよう」といった風に自分で調査を始めるわけです。

また、Wikipedia内に参考文献が直接貼ってあることもありますから、一概に参考にならない、とはいえないのではないでしょうか。「素早く、大量に情報を仕入れる」そのためには非常に有効な手段だと考えます。

Young woman wearing glasses day dreaming while studying

takashimasama-wata
60日でTOEIC920点。"ビジネスレベル" のスピードと正確さを身につけた90日の英語パーソナルトレーニング
人気記事

badge_columns_1001711研究論文を手軽に読める?大学の「プレスリリース」

さて、いよいよ本格的に情報を集めていくわけですが、研究論文なんてみたことないよ、なんて人も多いかもしれませんね。実際に調べてみても、読むのにお金がかかったり、英語で書かれていたりして、なかなか欲しい情報にたどり着けないもの。

そこでおすすめしたいのが「大学のプレスリリース」です。

プレスリリースというのは、組織が報道関係者に向けて発表をする際に簡単に内容をまとめたもの。新製品の発売だったり、人事異動だったり。小さな報告から、世間を揺るがす超ビッグなものまで。いろいろな報告が日々なされています。

大学のプレスリリースは、研究の成果や結果を簡単にまとめ報告するもの。ネット上で簡単に見ることができるうえ、簡潔にまとめられているので、簡単に内容を把握することができます。もちろんソースはれっきとした学術論文ですから、信頼性もバッチリ。

参考までに東京大学のものを乗せておきますから、見てみてください。
東京大学|研究成果発表一覧

badge_columns_1001711ネット世界にアンテナを張ろう「Google アラート」

最後にご紹介するのが「Google アラート」です。
現在、ネット上には非常に多くの情報が溢れています。一つの単語を検索してもおびただしい量のページがヒットする始末。この中でどれが有用か、なんて素人には判断が難しいですよね。

また、毎日毎日新しい情報が追加されて、ついていけなくなるのもネットですよね。
ついこの間まで最新の記事だったのに、ちょっと目を離したすきに全く逆の状況になっていたりすることもしばしば。

そんな時に役立つのがGoogleのサービス「Google アラート」。
自分のGoogleアカウントから設定できるのですが、自分の興味のあるワードを設定しておくと、その語に関連するサイトをストックし、あとで読めるようにしてくれるのです。

いちいち検索して確認しなくても、これで最新情報をゲットすることができます。しかも、やたらめったらストックする、というのではなく、検索順位が上位のものだけをピックアップしてくれるので、信頼度も高い。

もし気になるワードがあれば、試してみてください。

***

以上でご紹介した方法は、ごく簡単なものばかり。
学問や職業として論文や文章を書く人には到底参考にならないでしょう。

でも、そんなアカデミックな世界に暮らしていなくても、知らないことを知れたら嬉しいし、わからないことがわかるようになれば、やっぱり楽しい。

知識は武器になります。
ぜひ今日ご紹介した方法を試してみてくださいね。


東京大学理科二類所属。県立浦和高等学校および駿台予備校出身。小さいころから自然や生き物に関心を持ち、高校時代に読んだ福岡伸一の「生物と無生物のあいだ」に刺激をうけ、分子生物学を志す。テニス歴6年。AKB48の大ファン。