Student girl writing formulas on transparent wall

学校の授業や予備校の講義、さらには過去問と、日々大量の勉強と格闘している受験生。「授業のノートは分かりやすく取りなさい」と良く言われますが、数学など、問題集を解く時のノートはどうしたら良いでしょう? ただミミズのような字でチョロチョロと式や計算を書き込むだけ?「問題を解くだけだからどうせ後から見直さないから、メモ帳で計算すればいいや」なんて思っていませんか?それは大間違い。

授業ノートだけでなく、問題集を解くノートも工夫することで、実力がつきやすくなります。今回は、数学があまり得意でなかった私が、数学の問題集用ノートで実践し、大きく成績をあげた方法をまとめました。

badge_columns_1001711問題はコピーして貼るべし

数学の問題を解くとき、特に図形の範囲などは一々図を写すのが面倒ですね。かといって問題集に書き込むと、復習がしづらくなってしまいます。そんな時、問題はコピーして貼ってしまいましょう。そうすれば心置きなくドンドン図に書き込めますし、復習をするときもわざわざ問題集と照らし合わせる必要がありません。

ちなみに、ノートに問題を貼るときは、1ページにつき大問1題までにしましょう。ノートのスペースをケチってテトリスのように書き込むと、復習するときにかえって大変です。

suugaku-notebook01

実際に使っていたノート(ふせんは今回付け足しました)

kamijo-45days-ec
45日でTOEIC825点に到達! 外資コンサルが選んだ、パーソナルトレーニングという英語学習の形。
人気記事

badge_columns_10017111日のノルマ分だけノートに貼っておこう

その日に自分がノルマとしている分だけをノートに貼って持っていきましょう。問題集を持ち歩く必要もなく、自分のノルマを可視化できるので「今日の数学のノルマはこれだけか」などが一目で分かり、やる気がでます。

それに加えて大切なこと。それは、復習しようと思いながらファイルの中に放置している模試や問題集の間違った問題です。これらは、いちいちコピーをとるのも面倒なので休日などを利用して全て切って貼ってしまいましょう。模試などは特に受験回数が多くなってくると放置しがちになり、結局最後まで復習しないパターンに陥りがちです。しかし当然ながら、模試に出てくるような問題はしっかりおさえておきたいものばかり。
「二度と開かずに終わった」なんてことにならないように、受験したその日のうちにノートにスクラップしておきましょう。
復習のし忘れを防げる上に、プリントだらけの部屋をすっきりさせることができますよ。

最初に模試や問題集を切る時はドキドキしますが、一度やってしまうとこれが快感に。

そしてノートに貼ってやるべき内容が可視化できたら、ブルドーザーのようにどんどんやっつけていきましょう。

badge_columns_1001711やり直しをするときは上から貼る

間違えた問題をやり直すときにも、一工夫。

同じページに上から紙を貼って(もちろん、前回の自分の解答を見られるようにしておいて)やり直しをしてください。後ろの新しいページを使ってはいけません。こうすることで、自分が前回間違えていた部分を改善できているか、確認しやすくなります。

もし同じところで躓いていたら要注意です。これも、解答だけしか書いていなければ自分の思考まで見えないため、いつまでも改善できません。

***
いかがでしょう?
この方法は私が高校2年生の時に数学の先生から教えてもらい、結局受験最終日までこのやり方で続けていて確実に効果があった方法です。ぜひみなさんも試してみてくださいね。


京都大学法学部所属。私立神戸女学院高等部卒業。合氣道同好会と美術部に所属。京都大学のiCeMsやカラスマ大学の活動にも参加。オンライン塾講師も経験。