パソコン作業や書類の作成など、日々のデスクワークはビジネスパーソンにとって必要不可欠です。しかし、「最初はいいけれど、時間が経つと集中力がきれてしまう……」といった悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。すこし休憩して運動する、仮眠するといった対策がとれたらいいのですが、なかなかそれも難しいもの。そこで今回は、「座ったまま脳を活性化させる方法」をご紹介します。

1.水を飲む

脳をしっかりと働かせるうえで水分を取ることは非常に重要です。なぜならば脳の約80%は水分なので、それが不足すると活動に影響を及ぼしてしまうから。実際に、水分補給の効果はイースト・ロンドン大学とウェストミンスター大学の研究において実証されています。知的作業に集中する前に約0.5Lの水を飲んだ人は、飲まなかった人に比べて14%反応時間が速くなることが発見されたのだとか。つまり、定期的にコップ1杯の水を飲むことは、脳の活性化に役立つというわけです。

ちなみに、大人の集中力は90分持つのが限界といわれています。90分集中したあと一息つく際に水分補給しておくと、高い集中力をキープして仕事を行うことが可能となるはずです。ただし、水の吸収には1時間ほどかかるため、集中力が続かない人は短めの休憩とともに水分補給の頻度を増やすとよいでしょう。また、カフェインは一時的に集中力を高めてくれますが、水分を排出してしまう働きもあるため、過度に摂取すると水分不足に陥ってしまいます。カフェインが入ったコーヒーやお茶などは適量にとどめておきましょう。

takashima-ec
苦手だったリスニングを克服し、90日でTOEIC845点ゲット! リスニング練習の「質」を変えた、プロトレーナーのトレーニングメソッド
人気記事

2.脳の呼吸を整える

「脳の呼吸」をご存知ですか? おそらく聞きなれない方のほうが多いですよね。

私たちの脳と脊髄は“膜”に覆われており、“膜”との空間は髄液で満たされています。その髄液をつくるときに脳は「膨張」し、排出するときに「収縮」します。これが「脳の呼吸」です。この髄液は、脳の毛細血管や静脈系など、体のさまざまなところが吸収していると考えられています。そのため「脳の呼吸」が乱れると、心や体、思考などにも悪影響を及ぼしてしまうのです。また、「脳の呼吸」は肺呼吸にも影響を及ぼすため、血流を滞らせて軽い酸欠状態を引き起こす可能性があります。そうなると、筋肉や自律神経にまで影響が及ぶかもしれないのです。

そういったことから、『「脳の呼吸」を整えればあなたの全身はよみがえる!』の著者であり、整体師・指圧師・針灸師として多くの患者さんを治療してきた宮野博隆氏は、「息」を整えるだけでなく「脳の呼吸」を整えることが必用だと提唱しています。でも、“脳の呼吸を整える”なんていわれると何だか難しそうですよね。ところが、この次にご紹介するように、椅子に座ったまま簡単に行える方法があるのです。

◎脳呼吸法(足上げ法)
1.椅子に座り、つま先を地面につけたまま、右足のかかとを1cmだけ上げて15秒維持。
2.右足のかかとを下ろし、左足のかかとを同じようにして15秒維持する。

たったこれだけです。これを、左右15秒×4〜12セット(1分〜3分)を行います。ただし、脳の呼吸のメカニズムを崩さないよう、かかとを上げて維持する時間は必ず15秒をキープしましょう。また、地面から「1cm」も厳守してください。筆者も試してみたところ、呼吸が整い眠気も去っていきました。

◎筋膜ストレッチ
1.両腕を前に伸ばし、左手の手首を右手の手首の上に重ねる。
2.顔を固定した状態で、左側に肩を30度回転させる。この姿勢を15秒維持。
3.上に乗せる手を右手に変えて、同じように行う。

これを、左右交互、各3回行います。筋膜とは、人間の筋肉や内臓を覆っている組織のこと。これをほぐすことで、全身がきちんと髄液を吸収できるようになります。筆者も試したら肩から腕にかけて伸びる感覚がとても気持ちよく、呼吸を意識することでボーっとしていた頭もスッキリしました。

suwari-noukassei-02

3.GABAを摂取する

脳を活性化させるために、役立つ成分を摂取するのも有効です。

とてもデリケートな脳は、フィルター機能によって有害なものから守られています。しかし、必要な栄養成分が不足すると途端に脳は状態を悪くして、さまざまなトラブルを引き起こしてしまうのです。特に忙しいと、そういった状況に陥ることが多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめしたいのがGABAの摂取です。GABAは発芽玄米に多く含まれているアミノ酸の一種で、脳の機能を正常に保つ働きがあります。近年は市販のチョコレートなどにも含まれているので知名度は高くなっているはず。実際に行われた研究でも、血流を促進して脳細胞の代謝を高めたり、脳内にある神経の興奮を鎮めて精神を安定させたりといった効果が確認されています。GABAは発芽玄米だけではなく、野菜や果物にも含まれています。食事の際に、ちょっと意識しながら摂取してみてください。

***
水を飲んだり、座りながらちょっと足を上げたりストレッチしたり、GABA入りのチョコレートを食べたりと、意外にも脳の活性化は手軽に行えます。さっそく試して、仕事の集中力を高めてくださいね。

(参考)
水のススメ|ビジネスマンにオススメの水15選!水分補給と仕事効率化の関係
WIRED.jp|水を飲むと脳が活性化する:研究結果
Study Hacker|脳を活性化させよ! 集中力の維持と回復に役立つ6つの脳科学的方法
Career Supli(キャリアサプリ)|あしたのシゴトが面白くなるウェブマガジン|心身のコンディションを左右する新見解!「脳の呼吸」の影響力とセルフケアの方法
藤林真美,神谷智康,高垣欣也,森谷敏夫(2008),『GABA経口摂取による自律神経活動の活性化』, Vol. 61 pp.129-133
J-STAGE Home|GABA経口摂取による自律神経活動の活性化
ファンケルコミュニティ|明日はもっと元気 体にいい話記憶力や思考力を向上し、ストレス緩和に「DHA、いちょう葉、PS、GABA」