同じことを説明しているはずなのに、わかりやすい人とわかりにくい人っていますよね。
また、同じくらいわかりやすくても、もっと聞きたい! と思う人ともう聞かなくていいや、と途中で飽きられてしまう人もいます。

あなたの話は、人にどう思われているのでしょうか?
せっかくなら、もっと楽しんで聞いてもらいたいですよね。そのためには、5つのポイントに気を付けて話してみてください。

1.とにかく簡潔に

まず、「とにかく簡潔であること」を心掛けましょう。

話したいことや伝えたいことが多くなればなるほど、文章は冗長で長くなっていきます。しかし、それでは大事なことを話す前に相手は飽きて、あなたの話に注意を向かなくなってしまうでしょう。

あなたが1番伝えたいことは何ですか? 伝えたいことに優先順位をつけて、短くまとめてみましょう。

話す前に、話したいことを箇条書きでリストアップして、優先順位をつけてみてください。そのリストを頭に入れておくだけで、ポイントを絞った話し方ができるようになります。

takashima-ec
苦手だったリスニングを克服し、90日でTOEIC845点ゲット! リスニング練習の「質」を変えた、プロトレーナーのトレーニングメソッド
人気記事

2.相手が聞きたいことを予想する

相手が聞きたいことを予想して話すことも大切です。

人は、基本的に自分の興味にあることにしか関心を持ちません。そのため、あなたがどれだけ重要だと思って話していることでも、それが相手にとって関心のないことであれば聞いてすらもらえないのです。

一方的に自分が話す時でも、聞き手が何に興味を持つのだろう、どこに重点を置いて話せば楽しんでもらえるのだろう、ということを意識しながら話すようにしましょう。

3.面白い話し方をマスターしよう

面白い話し方をすれば一気に興味をもって話を聞いてもらえることは間違いないでしょう。

だからといって漫才やコントのようなしゃべりをしろと言っているわけではありません。それは「面白い話」であって「面白い話し方」とは似て非なるものです。

面白い話し方には、「意外性」と「裏切り」という2つの要素が重要になります。
意外性とは、普段あなたが言わないような切り口を混ぜること。例えば、強面のおじさんが子供のおもちゃの話や戦隊ヒーローの話をしていたらびっくりしますよね。また、若いお姉さんが演歌歌手の話をしたら驚いて興味を惹かれるでしょう。

このように自分の立場や特性からは想像できないような切り口を話に導入することで驚かせることができます。

裏切りは、相手の予想を裏切るような話をすることです。例えば、下記のような話があります。

昨日うちにも赤ちゃんができたんだぁ。
へぇ、おめでとう!
ありがとう。
それがすっごくかわいくってさ。
わ〜、こんど会ってみたい。
いいよ。今日でも。
まぁ、めだかの赤ちゃんなんだけどね

(引用元:The Freedom|面白い話し方が3分でできてしまう3つの方法

このとき、聞き手は完全に人間の赤ちゃんだと思って話を聞いていますが、実際にはメダカの赤ちゃんの話で、聞き手の予想が裏切られたといえます。

このように相手の予想を上回る話術というのが、興味を引き付けることに役立つのです。

adobestock_107344241

4.感情論に走らない

人間は、時に感情で動く生き物ですが、感情論ばかりのスピーチには逆に冷めてしまい説得力を感じないもの。相手にきちんと自分の話で納得してもらいたければ、感情論に走った話し方はやめましょう。

では、どうすれば感情的ではない話し方ができるのでしょうか?
それは1つ目にもあったように、自分が話したいことを端的にまとめて理解しておくことがコツです。

話したいことが自分の中でも論理立てて整理されていないと、つい感情的な物言いになってごまかしてしまうもの。きちんと整理して自分でも理解できていれば、感情的にならなくとも相手を説得することは可能なのです。

また、相手に反論されてつい感情的になってしまう場合は、「その反論の理由は何なんだろう?」と先に疑問を持つ癖をつけましょう。相手もあなたにいちゃもんをつけようと思って反論しているわけではないはず。

きちんと疑問をもって接すれば、そこからまた論理的に話すことは可能です。

5.ボディランゲージや小道具も有効

よく言われるように、人間の印象の7割は非言語コミュニケーション、つまりボディランゲージなどの言葉以外の部分で決まります。

あなたが話し方や話す内容にどれだけ気を使ったとしても、それ以上に重視されるのがあなたの立ち居振る舞いなのです。相手の立場に立って考えると、言葉だけに依拠した説明はやや物足りなく思えてきますね。

そこで、話す内容を決めたらジェスチャーや小道具にも頼ってみましょう。
例えば、両掌を見せれば隠し立てをしていない、誠実だということを表現できます。指をさすりながら話すと、それは不安だという心理を表すことになるので、話す内容に沿ったジェスチャーをしてみてください。

小道具であれば、論点をまとめた紙を見せながら話すだけでもずいぶんと聞き手にとっての負担は減るでしょう。何かの商品について話すのであれば、その現品を見せながら説明できれば、ぐっとイメージがわいて理解しやすくなります。

図やイラストを付け加えたり、言葉以外の手段も使うことでわかりやすさは5倍にも10倍にもなるのです。

***
コミュニケーションは相手がいてこそ。
どれだけ重要なことを話していても理解してもらえなければ、聞いてもらえなければまったく意味がないのです。まずは、話を聞いてもらうためにわかりやすい話し方を始めてみましょう。

(参考)
The Freedom|面白い話し方が3分でできてしまう3つの方法
Woman Nikkei Online|相手の知りたいこと、聞きたいことに的を絞って考えをまとめて話すこと
5セカンズ|感情論にならないための6つの方法
わかりやすい話し方のコツ|ボディランゲージ
Charade|ボディランゲージ・身振り・手振り~人に好かれる話し方~