勉強に最適な食べものと聞いて、あなたは一体何を思い浮かべるだろうか?
脳に糖分を供給するチョコレート? ミネラルたっぷりの海藻?

今回StudyHackerがご紹介したいのは「カツオ節」。

え? カツオ節? なんで? と思うかもしれない。ちょっと信じられないかもしれないが、カツオ節の効果についてはたくさんの科学者が研究をし、数多くの論文が出されているのだ。今日はそんな研究をいくつか紹介しながら、カツオ節の秘密をお見せしよう。

katusobushi

badge_Columns_100勉強での疲れ目に! カツオ節は眼精疲労に効果アリ

勉強をしている時に目が疲れたら、一体何をするだろう。
目薬をさす、蒸しタオルをのっける、ちょっと寝てみる……。
いろんな方法があるが、カツオ節はそれらと同じくらいのパワーを持っているのだ!

株式会社味の素研究員の本田氏によれば、被験者に継続的にカツオ節を摂取させる実験を行ったところ、カツオ節を摂取し始めてからたったの一週間で「目が赤くなる」人の割合が減り始め、三週間で「目が疲れる」と訴える人の割合が減少したという。

本田氏いわく、カツオ節に含まれるいろいろな種類のアミノ酸が全身の循環器系に作用、涙の量を増やしたり、目の機能調節をスムーズに行えるようにしたりして、疲労をとったのではないかとのこと。
カツオ節は目に効く……ピンとこないかもしれないが、実際に証明されている驚きの効果の一つだ。

daito-ec
90日でTOEIC835点、英語会議もストレスなしに。パーソナルトレーナー × 科学的トレーニングの『英語の90日』
人気記事

badge_Columns_100目だけじゃない! カツオ節で作業効率UP!

勉強していてイライラすることの中に、「単純作業」がある。資料をファイルにまとめ直したり、単語カードを作ったり、紙の分厚い辞書をぺらぺらめくったり……。
確かに必要だけど、それ自体は全く勉強につながらない「作業」って意外とあるんじゃないだろうか。
自分も浪人時代、毎週毎週配られる地理のプリントをファイリングするのに一苦労した記憶がある。

そんな時にもカツオ節は有効だ。味の素と福岡女子大の共同研究によれば、カツオ節を摂取した人は、単純作業をした後、ストレスを受けたときに分泌される唾液中の「コルチゾール」の量が減少し、さらに疲労感も少なくなったとのこと。

この実験での「単純作業」とは延々と並んだ一桁の数字を足し続け、その答えを書き込んでいくというもの。聞いただけで嫌になるほど退屈な作業だが、カツオ節はそんな時にも効果を発揮した。

この効果、別に受験生に限った話ではない。仕事でストレスを感じているサラリーマンのみなさんや、毎日の家事に疲れた主婦の方々にも知ってほしい、驚きのカツオ節パワーの一つだ。

badge_Columns_100カツオ節でメンタル回復。暗い気分をカツオ節で一掃しよう。

カツオ節パワー、まだまだこんなもんじゃない。なんとカツオ節はメンタル面にも良い影響を与えるらしいのだ。今度も味の素と福岡女子大の共同研究。

人の気分や感情を調査する際には「TMD」という指標が使われることがある。この実験では、被験者に毎日、朝ご飯と晩ご飯のときにカツオ節を50mlずつ摂取してもらい、一週間後のTMDの変化を計測。すると被験者の「緊張-不安」「抑うつ-落ち込み」の度合いが低下した。そのうえ「集中力」は上昇したというから驚きだ。
この研究は福岡女子大の学生を対象に行われたものだが、別の研究では中高年を対象にして、カツオ節だしの味噌汁を摂取してもらい、同様の結果を得ている。

これもカツオ節に含まれるアミノ酸のおかげでは、と研究代表の石崎氏は語っているが、詳しいメカニズムはまだ不明とのこと。
日本食によく使われているし、うまみ成分がいっぱいだし、体に良い効果がありそう、というのは何となく想像できる。でも女子大生からおじさんおばさんまで、食べた人の気分さえも改善してしまうなんて…!

恐るべしカツオ節!!

badge_Columns_100カツオ節×みそ汁の最強タッグ。毎日飲んでカツオ節パワーを身につけろ!

ここまで読んでもらってカツオ節のスゴさはわかってもらえただろう。でも、こんな人もいるんじゃないだろうか。
カツオ節って、どうやってとったらいいの?ムシャムシャ食べるわけにもいかないし……。
もちろん、カツオ節をそのまま毎日食べるのはちょっと厳しいだろう。
だから、「味噌汁のだし」にしてほしい。「だし」というのは日本に古来から伝わる味付けの方法で、含まれているアミノ酸などのうまみ成分を壊すことなく抽出することができる。(Wikipedia:出汁

しかも一般的な味噌汁に使うカツオ節の量は水に対して1〜2%ほど。朝と夜に味噌汁を飲めば、上記の実験で摂取した量は軽々とれてしまう!
さらに味噌汁の大豆に含まれる大豆ペプチドには、脳機能を向上させる効果があることがわかっている。
カツオだしの味噌汁は脳にも良くてまさに一石二鳥、なのだ。

***
朝ごはんは、パン派だという人も、シリアル派の人も、是非是非味噌汁を一杯飲んでから出かけてほしい。カツオ節に含まれるスーパーパワーで、どんな難問もすいすい解けるようになる……かも。

参考文献

本多正史・石崎太一・黒田素央 (2006)「鰹節だし継続摂取による眼精疲労改善効果」,日本食品科学工学会誌, 53 (8), 443-446.

石崎太一・久野真奈見・梅木陽子・黒田素央・早渕仁美 (2005) 「アンケート方式 (POMS) による鰹だし摂取の気分・感情に及ぼす影響の調査」, 日本食生活学会誌, 16 (1), 39-43.

石崎太一・黒田素央・久野真奈見・北面美穂・早渕仁美 (2007) 「鰹節だし摂取が単純作業負荷時の精神疲労・ストレスおよび作業効率に及ぼす影響」, 日本食品科学工学会誌, 54 (7), 343-346.

高崎裕治 (2004) 「P-9 夕方の大豆ペプチド摂取が脳波と主観的疲労感に及ぼす影響 (日本生理人類学会第 51 回大会座長報告)」, 日本生理人類学会誌, 9 (3), 127.


東京大学理科二類所属。県立浦和高等学校および駿台予備校出身。小さいころから自然や生き物に関心を持ち、高校時代に読んだ福田伸一の「生物と無生物のあいだ」に刺激をうけ、分子生物学を志す。テニス歴6年。AKB48の大ファン。