「受験生だし、twitterとかやめたほうがいいのかな……?」

このような悩みを持つ人って、けっこういると思います。

実際、友達が「自習室で勉強中なう」とツイートするたびに、私は「いや絶対勉強してないだろ」と、自習室で内心ツッコミを入れていました。えっ?それじゃあお前も同類だって?そこは大人の事情ということで(笑)

話を本題に戻します。

受験生は、twitterなどのSNSは控えるべきなのでしょうか?

私は、その必要はないと思っています。

確かに、やるべき勉強をせずにtwitterに没頭するというのは考え物ですが、成績アップのために利用することが可能なのも、twitterなのです。

twiter
では、実際、twitterがどのように受験に役立つのかをご説明しましょう。

1. 受験関連botをフォローする!

私は、受験生時代は、受験に関連したbot(自動的にツイートするプログラム)のみを

フォローするアカウントを作っていました。

たとえば、「センター試験までの日数bot」のようなアカウントがあります。これは、試験までの日数を毎日ツイートしてくれるものです。これが毎日タイムラインに表示されれば、「よし、今日は英語の長文を解こう」だとか「そろそろ過去問にも取り掛からないと……」のように、自分自身のスケジュール管理の目安として利用することができます。

そのほかにも、「東大京大早慶大で出る英単語」など、探せば受験生に役立つbotはたくさんあります。

solize-ec
【法人様 ご導入事例】英語パーソナルトレーナーによる「90日集中研修」で英語人材を科学的に育成!
人気記事

2. やる気をtwitterで奮い立たせる!

受験生は、いくら勉強したといっても、不安はとれないもの。

そんな時は、格言botなどを利用するのもオススメです。

昔の偉人の名言をフォローするのもいいですし、私は、「松岡修造bot」なるものをフォローしていました。


その崖っぷちが
最高のチャンスなんだぜ!

言い訳してるんじゃないですか?できないこと、無理だって、諦めてるんじゃないですか?駄目だ駄目だ!あきらめちゃだめだ!できる!できる!絶対にできるんだから!

泥まみれに生きるってかっこ悪いと思ってるんじゃないですか?
見てくださいよ!
生き生きしてるよ!
自分らしさを感じられるよ!
泥んこばんざーーーい!!

うん。ちょっとだけこわいね。

でも、このような熱いセリフも、模試の成績が悪くて落ち込んでいるときには、案外励まされるものなんです。皆さんも、あこがれのスポーツ選手のアカウントなどをフォローしてみてはどうでしょうか?

一昔前は、「漫画で勉強なんて」と思われていたのが、現在では有効な方法として市民権を得ているように、結局のところ、twitterで成績を下げるのも上げるのも自分次第、ということなのでしょう。このコラムを読んでいる皆さんは、ぜひtwitterをも自らの成績アップに役立ててください!


東京大学文科二類所属。明星高等学校卒業。東京でも大阪弁を貫く決意で日々を送っている。現在は、有名フリーペーパー制作にかかわり、多くの企業の協賛を獲得している。