受験シーズンが終わり、StudyHacker読者の中には春から大学生という方も多いのではないでしょうか。

大学生というとバイト、サークル、レポート、恋愛と様々なイメージが浮かんできますが、ここ数年ではTwitterをはじめとするSNSの存在も欠かせないでしょう。入学したての頃は「Twitterなんか使うまい」と思っていた筆者も1回生の6月には始めてしまい、今となっては、依存まではいかないにしろ、無いと不便という存在になっています。

この経験も踏まえて、今回は新大学生に何故Twitterが必要になるのか、どのように付き合っていけばよいかを紹介したいと思います。

Twitterは情報収集ツール

Twitterは投稿のことをつぶやきと称するなど、自分から情報発信をするツールという印象があります。tweetも「さえずり」を意味する単語であり、元々のコンセプトもそうであるといっても良いでしょう。

しかし、大学生にとってのTwitterの役割はやや異なります。大学生が求めるのは発信の場よりも情報。それも、企業CMやニュースではなく、授業の教室変更や休講の情報、近所で新しいお店が出来たといった身近な情報です。もちろんこれらは自分でも得られるもの。にも関わらずTwitterで情報を得るのは、大学HPにアクセスする煩わしさが解消できたり、自分からは調べに行かないような情報を簡単に得られたりするため。

「なんだその程度か」と思うかもしれませんが、これが実はとても重要な意味を持っているのです。膨大な情報が交錯する現代では、いくらでも情報が得られる反面で指向性の設定が重要かつ難題になっています。言い換えると、適切な情報を感度良く探し出すことが難しい、ということ。

検索の仕方を間違えば欲しい情報は全く得られず、正しいサイトへ行きついてもその中から必要な情報を見つけ出さなければならない。場合によっては類似するリンクの海を漂流することにもなりかねません。

そこで、Twitterで自分と同じ集団に属する人をフォローすれば、流れてくる情報の指向性が自動的に最適なものになってくれるというわけです。

また、身近な情報だけでなく自分の興味のある分野や趣味の情報も、共通の人たちをフォローすることによって簡単に得られる。この利便性が、情報収集ツールとしてのTwitterの価値を生み出しているのでしょう。

kamijo-45days-ec
45日でTOEIC825点に到達! 外資コンサルが選んだ、パーソナルトレーニングという英語学習の形。
人気記事

大学生の「広く浅い付き合い」にはぴったり

大学生の交友関係は広くて浅いと言われます。これは、学部やサークル、はたまた新歓で知り合っただけの人など出会いの場がたくさんある一方で、高校のように毎日顔を合わせる機会が少ないためでしょう。人数によっては同じクラスの人やサークルの同期であっても、全員は把握していないということもあるそうです。

この時活躍するのがもちろんTwitter。同じ集団に属する人をフォローすれば、ツイートからその人となりを把握できます。こうすれば、個別にメールやメッセージを送るのに比べてハードルはとても低いでしょう。残念なことに、突然メッセージが来たり話しかけられたりすると怪訝に思ってしまうのが現代。しかしその一方で皆お互いのことを知りたいと思っている。このジレンマがTwitterを使う必要性へと繋がっているのです。

また、「誰か今からご飯行かない? 」といった投稿が多いのも、大学生のTwitter利用の特徴。個別に送ると何か思うところがあるように捉えられそうだし……といった感情ゆえでしょう。こういった投稿にたまたま出くわし何となく反応する、そういうところから意外な交友関係の発展につながることもTwitterの利点です。

twitter-tsukiaikata02

Twitterの罠、「依存」に陥らない為に

ここまでTwitterの良い面を取り上げてきましたが、綺麗なバラに棘があるごとくTwitterにも罠があります。その罠とは、「依存」。

京大のような屈指の難関校でも、講義中にスマホでTwitterをしている学生がたくさんいます。歩きスマホだけで飽き足りず、食事中やお風呂のなかでも手放せないという人も多いでしょう。

Twitterで言えば、数分間でも誰かしらがツイートする「更新性」が依存する理由として挙げられます。しかし、画面をスクロールして更新し、新しいツイートを数行読む。この作業はとても多くの時間を浪費しています。1時間後にまとめて読めば5秒にも満たないような文量のために更新をしているわけですから。こう考えると、Twitterに依存するのがいかに非効率的かがお分かりいただけると思います。

検索に時間を割いたりTwitterそのものが趣味だったりするのならば、どうこう言うつもりはありません。しかし、一般的な大学生として、Twitterを便利に利用するのであれば、自分が「更新乞食」になっていないか、常に意識すると良いでしょう。

(参考)
マイナビニュース|20代のスマホ所有率は94%、SNS利用率は30代でも8割超 – 総務省が統計調査
STUDENTS LAB|【大学生のSNS活用調査】twitter/facebookどのくらい使っている?本当に大学生が利用しているSNSはこれだ!
就職ジャーナル|Vol.320 大学1年生に聞きました。SNS、どんなふうに利用してる?
アンケートデータベース(MyEL)|[20911] Twitterの利用に関するアンケート調査(第7回)
Web担当者Forum|あなたの知らないTwitterユーザーの“今” 世代を問わず使える情報収集ツールへ