人の記憶ほどあやふやなものはありません。大事なことなのになぜか忘れて、冷や汗をかいた経験は誰しもが持っていることでしょう。

例えば、「買い物に出かけたはずなのに、肝心なものを買い忘れてしまい、帰ってから気が付いた」といったような日常生活の些細なことから、「面接で絶対これをアピールしようと決めていたことをアピールし忘れて、失敗してしまった」といったビジネスにおける重要な場面にいたるまで。大事だと十分わかっていることなのに忘れてしまうとは、悲劇としか言いようがありませんよね。

そこで今回は、大事なことを絶対忘れないために習慣づけして欲しい4つの方法を紹介します。ポイントは、頭の中だけに記憶するというのは避ける、ということ。簡単にできることばかりなので、忘れたせいで失敗したなんてことを起こさないためにも、全部身に着けてくださいね。

1. 些細なことこそメモすべし

大事だと認識していたはずなのに忘れてしまったということは、記憶の網を通り抜けてしまったということ。たとえて言うなら、左の耳から右の耳に抜けてしまったということなのです。

大事だと思うところこそ、詳細にメモを残しておくべきですよ。一度でもそれを怠ってしまえば、次やるとき絶対忘れています。些細なことでも記録する習慣をつけましょう。

機械の操作方法や規則のような大事なことは、本や書類をたどれば書いてあるかもしれません。でも、細かい知識は自分自身の頭で覚えておかないと、いざというときに使えず、どうしようもないのです。あなたにそれを伝える側も、細かいところはさらっと流して、きちんとした説明を怠ってしまいがちなもの。大事だと思うのなら、面倒だなと思ったり、これくらい忘れないだろうなどと安易に考えたりせず、1から10までメモをとる習慣を心掛けましょう。

furukawa935-ec
60日でTOEIC935点! 受験英語のアセットを活かした、ビジネス英語の "磨き方"
人気記事

2. 入力ではなく書き残しておこう

大事なことは、パソコン等に入力して記録するのではなく、紙媒体に書き残す習慣をつけましょう。プリントや電子媒体のものは、一度自分で手書きでまとめ直してみるのがおすすめです。時間はかかりますが、ただキーボードで文字を打つだけ、文書を見るだけ、とは違って、考えながら作業することになるので記憶にも残りやすくなります。

できれば、なんでも書き込むノートを作っておくと便利です。スケジュール帳を使うのも良い方法。関連スケジュールも合わせて記録することができますよ。コンパクトな紙媒体で記録しておくと、持ち運びも便利ですし、後から追加して書き込むのも容易にできます。

3. 何度も繰り返し、身に着ける

大事なことは何度も実際にやってみて、本当の意味で「身」に着けてください。体で覚えてしまいましょう。言葉では説明できないのに、勝手に体が動く、ということは経験したことがありますよね。例えば、子供時代に習得した鉄棒の逆上がり。頭で覚えるより先に体で覚えたはず。このことは何も運動に限ったことではありません。頭ではなく、手に記憶させるという方法を取り入れましょう。

頭に記憶しようとすると、思い出す時に考える作業が必要になります。その点、手に記憶することで無意識に行動することができ、考える作業は必要ありません。応用できるジャンルとしては、実験の手法や、機械やパソコンの作動方法など、手を動かす作業が向いています。パスワードなど気軽にメモできないロックナンバーの解除にもおすすめです。

wasurenai-shukan02

4. プチ日記を習慣づけよう

一日のうちに起きた出来事は、どんなに短くてもいいので、毎日記録に残しておくことを習慣づけましょう。おすすめなのがスケジュール帳のWeeklyのページ。広すぎず狭すぎず、ちょうどよい大きさですよ。

日記というと続けられるか不安になるかもしれませんが、メモを残すだけで良いのです。誰に会った、何を食べた、どんな話を聞いた、○○が大切だと思った、○○について調べてみようと思った、○○に行ってみたいと思った、など、その日の出来事や感じたことなどを、簡単でいいので書いておきましょう。いざ必要となった場合に、「あれなんだっけ……」とならずに済みます。

書きたいことがたくさんあればたくさん書いたらいいし、何も書くことがなかったら、特になにもなかった、つまらなかった、でもいいのです。何もなかったという記録が残ります。

ここでも、記憶に残すということが肝心ですので、上で述べたように「手で」書くようにしましょう。

***
大事なことを絶対忘れないための4つの習慣を紹介しました。この習慣をきちんと身に着ければ、「どうだったっけ」と悩むことはなくなるはず。情報を得た時の少しの努力で、長く使える記憶にしてください。

何が大事な情報になるかは、後になってからでないとわからないことも多いはず。何でも記録しておくことは、近い未来必ず役に立つはずです。

きちんと記録して忘れないようにすれば、ミスやストレスも少なくなります。仕事の効率もアップすること間違いなしです。

(参考)
とゆ著(2013), 『メモと記録だけでストレスフリーな毎日を続ける仕事術 マニュアル通りじゃないから続けられるタスク管理のコツ26箇条』, インプレス.
鹿田尚樹著(2009), 『大事なことはすべて記録しなさい』, ダイヤモンド社.
サンクチュアリ出版監修(2010), 『図解 ミスが少ない人は必ずやっている「書類・手帳・ノート」の整理術』, サンクチュアリ出版.
中島孝志著(2014), 『仕事が速い人の「手帳・メモ・ノート」超活用術: 夢と目標を必ず実現する!』, 三笠書房.
宇野千代著(1993), 『行動することが生きることである―生き方についての343の知恵』, 集英社.
Study Hacker|頭の回転は「手」で決まる! 思考スピードを加速する “手の動かし方”