皆さんは普段どのくらい読書をしていますか?

アメリカでの調査によれば、30代で年収3000万円の人の読書量は、ビジネスパーソン全体の平均に比べて38倍も多かったということがわかっています。読書は漠然と「良いもの」というだけではなく、デキル人には必須とも言えるほどの重要な存在でもあるのです。

それじゃあ自分も読書をしよう! と思っても、今まで読書習慣のない人は「最後まで読み切れない」「そもそもどの本を読めば良いんだ?」など、色々な壁を感じてしまうかもしれません。

そこでまず「無理なく読書を続けられる方法」と「種類ごとの本の選び方」を知ることで、読書に対するハードルをグッと下げてみませんか?

本はなるべく“サラッと”読もう

読書をするというと、本とじっくりと向き合って内容をとことんまで吸収しつくす、というイメージを持っていませんか? 確かにそのような「熟読」にも良い面はあるのですが、忙しいビジネスパーソンに適した読み方ではありません。

『遅読家のための読書術』の著者であり、書評家の印南敦史氏は、「熟読しなければ内容をつかめないタイプの本でない限り、少し読み飛ばすくらいで流れや内容がわからなくなることはない」と話しています。本を読んだことで、少しでも知識や発見が頭に残ればよいのだそうです。

また印南氏は以下のように語っています。

読書の真の価値は、たくさんの本を読んで、それぞれの中で“価値を感じるような1%”に出会うこと。その小さなかけらが集まってつながり合い、知識として大きく成長していくんです

(引用元:ウレぴあ総研|本は“流し読み”でいい! 1日1冊読破も可能「新しい読書術」のコツ4つ

忙しい生活の中でたくさんの本を読んできた成功者たちは、このような多読のパターンを採用しています。時間と労力を節約しながら価値ある出会いを見つけていくことが、ビジネスパーソンにとって最善の読書スタイルなのです。

さらに、読書には音楽鑑賞やビデオゲームなどをしのぐ非常に高いリラックス効果があり、ストレスの解消に役立つことがサセックス大学の研究によってわかっています。今までのストレス解消法をひとつ読書に置き換えてみるだけで、ストレスを解消しながらスキルアップができるかもしれません。

yamamoto-800-ec
60日でTOEIC300点アップ! パーソナルトレーナーが教えた「あなたが」最速で結果を出すための英語学習法
人気記事

オススメ1:ビジネス書

ビジネスパーソンが読書をしようと思ったとき、最初に目に留まるのがこのジャンルではないでしょうか。成功者の体験を元にした“指南書”は、明日からのビジネスに役立つ情報がたくさん書かれています。しかしビジネス書ブームとも言われる昨今、書かれている範囲が広くなりすぎていて、どの本を手に取ればよいのかわからない、という人もいると思います。

そのような人には、ビジネス書の決定版、『七つの習慣』をオススメします。
本書はアメリカの経営コンサルタント、スティーブン・R・コヴィー氏によって書かれたビジネス書で、仕事でのマネジメントや職場での人間関係、時間管理などに役立つ習慣が書かれています。これらはアリストテレスの考え方を重視しており、習慣を改善することによって人間の内面的な改善と成功を導くことができる、ということを伝えているのです。

またビジネス書としてトップクラスの売り上げを記録した本でもあります。書店のビジネス書コーナーで大きく扱われていることが多いので皆さんも一度は目にしたことがあるかもしれません。読んでいて損のない一冊と言えるでしょう。

yomukotonokounou-hon02

オススメ2:哲学書

哲学書は「難しそうだし役に立たないだろう」と思うかもしれません。しかし、そんなことはないのです。

もちろん、哲学書の中には本格的な学術書もありますが、一方で実生活に直接つながる問題を哲学的に考えた、簡単に読むことができる哲学書も少なくありません。日常生活ではあまり考えたことのなかったやり方で「物事の本質」に気づき、パッと目の前が開かれるような感覚を与えてくれます。

また、「本質的なものの考え方」は仕事の上での問題解決能力に大きく影響するでしょう。そんな哲学書の中でもオススメしたいのは、千葉雅也氏の『勉強の哲学 来たるべきバカのために』です。

本書はフランス哲学の考え方を基盤とし、読者に対して「本質的な勉強の仕方」を指南するという内容になっています。しかしその内容はビジネス書のような「暗記術」などに一切触れず、知らず知らずのうちに縛られている「常識」の呪縛から離れ、物事の本質を突き詰めていく方法としての「勉強」を哲学的に考えています。

この本の最大の特徴は、その哲学的な内容とは裏腹に非常に理解しやすい語り口と、実際の会話等を例にしたわかりやすい解説です。それによって、哲学的な内容にもかかわらず、哲学的知識がなくても簡単に読める内容になっています。哲学ってどんなものか、ちょっとだけ覗いてみるかな、という人にとっては最良の一冊になるはずです。

オススメ3:小説

「ビジネス書」「哲学書」と同じくらいにオススメしたいジャンルが小説です。

カナダ・トロント大学の研究で、フィクションを読むことは人間の共感能力を高める効果があるということがわかっています。小説を読むことで、コミュニケーション能力が高まり、仕事にもよい影響が出ると考えられているのです。

小説は知識の宝庫ですから、小説を読むことを通して得た知識が、他者との会話で役に立つということも多いでしょう。また、小説を読むことは物語世界への没入経験になりますから、リラックス効果が高く、ストレス解消にもなります。

小説と一口に言っても色々なものがありますが、特におすすめなのは短編集です。長編小説はついつい先が気になって夜中まで読み続けてしまう可能性がありますが、短編集であれば、忙しい中でも読みやすいでしょう。それに好みではない話だったらサッと読み飛ばして次の短編に移れるというのも、短編集のよいところですね。ちなみに私のお気に入りは村上春樹の『神の子どもたちはみな踊る』という短編小説です。

インターネットには「おすすめの短編集〇選」というサイトが多く存在していますから、その中から気になった本を選んでみてはいかがでしょう。

***
「人生を変えた一冊」という言葉があるほど、本との出会いは人間にとって大きなものになり得ます。忙しい日々の合間を縫って、少しずつ読書の習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。

(参考)
World U News|本棚を見ればあなたが何者か判る。あなたの年収も判る。一流の人の読書法とは?
ウレぴあ総研|本は“流し読み”でいい! 1日1冊読破も可能「新しい読書術」のコツ4つ
TELEGRAPH.CO.UK|Reading ‘can help reduce stress’
Gow Magazine|知的なストレス解消法!読書でストレスが消える事実
Wikipedia│7つの習慣
THE WALL STREET JOURNAL|小説を読めば共感力は培われるか
スティーブン・R・コヴィー著,フランクリン・コヴィー・ジャパン訳(2013),『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』,キングベアー出版.
千葉雅也著(2017),『勉強の哲学 来たるべきバカのために』,文藝春秋.