圧倒的なパフォーマンスを発揮して勝利をおさめたスポーツ選手が、試合後のインタビューの際に口にする言葉には、いくつかの共通したワードがあります。例えば、全く疲労感がない、宙に浮いているような感じ、無意識、直感的、自動的に動作を行った感じ、時間がゆっくり、または止まったように感じた……等々。

この状態はアスリートにしか味わえないもの、と思っている人は少なくないでしょう。スポーツ心理学によると、これは「ゾーン」または「フロー」とよばれる心理状態。少年漫画などではしばしば誇張され、無敵になった状態というように描かれがちなため、なかなかそういう状態は訪れないなどと誤解されがちです。

しかし、スポーツ心理学の発達によってこの現象が少しずつ解明されてきていて、今では、ゾーン状態、フロー状態に入るための方法というのも、かなり明らかにされているのです。それをきちんと理解すれば、私たちの仕事や勉強などにも大いに活用することができます。では、私たちがゾーン状態に入るためには、どうすればよいのでしょうか?

キーワードは「緊張」と「リラックス」

よく、不可思議で神通力じみたものとして描かれる「ゾーン」状態ですが、実際に極度の集中状態に入っているアスリートを調査したところ、ある共通点が見つかったのだそう。それが、まず極度の緊張状態に入ること、そしてその次に、呼吸法などを使い脳を一気にリラックスさせ、目の前の問題に集中し「よし、やるぞ!」と意識を切り替えること。

一見トレードオフにも思えるこれらのことを一気に行うことで、セロトニンやドーパミンといった種々の快楽物質が分泌されてリラックス状態になった脳は、極度の集中力と、非常に高いパフォーマンスを発揮するのです。

takashima-ec
苦手だったリスニングを克服し、90日でTOEIC845点ゲット! リスニング練習の「質」を変えた、プロトレーナーのトレーニングメソッド
人気記事

五郎丸選手がきっかけで広く知られた「ルーティーン」とは

ラグビー日本代表の選手として一躍有名になった五郎丸選手の、キック前の独特の動きを覚えているでしょうか。あれは、「ルーティーン」と呼ばれるものです。五郎丸選手以外にも、バッターボックスでバットを動かすイチロー選手や、サーブの際にボールを何度か地面で弾ませるテニス選手は、ルーティーンをこなしています。

ルーティーンとは、要所要所で一定の動作を行い、その一点に気持ちを向けることで、次のプレーの準備をするというもの。先ほど説明したように、ゾーン状態とは、極度の緊張状態が一気に目の前のことへの集中に転換されることによって生まれるもの。ルーティーンは、そのプロセスのなかで重要な役割を果たします。単なるパフォーマンスなどではなく、実力の発揮に欠かせない重要な手続きなのです。

zone-state02

仕事や勉強で高いパフォーマンスをあげる3つの方法

では、アスリート以外の人が高い集中力と能率を発揮して仕事のパフォーマンスを上げるには、どうすればよいのでしょうか。ここでは3つの方法を提案したいと思います。

1 呼吸法によってストレスをコントロールする

スティーブ・ジョブズ氏が行っていたとしてかなり認知されるようになった「マインドフルネス瞑想」のように、深く呼吸をしながらそこに意識を向けることで、集中状態を作ることができます。日々仕事に追われ、やることが山積みなら、呼吸を整えていったんストレスを忘れる。そうすることで、高い集中力を作り出すことができるでしょう。

2 ルーティーンを持つ

ルーティーンが有効なのは、何もアスリートに限った話ではありません。「この動作をしたら自分は集中モードに入るんだ!」と決めて、パソコンを立ち上げる前に毎回何かをするように決めてみましょう。例えば、机を整理して机の一定の場所に腕時計を外して置き、その秒針をじっと見る、といった具合に。繰り返していくと、ルーティーンが脳内で刷り込まれていくため、ルーティーン効果が高まるようです。

3 ストレスを感じる要因をあえて意識する

極度のストレス状態からの解放。これが集中力を高める要因なのですから、リラックスをすることの他に、ストレスをあえて作り出すということも有効であるといわれています。例えば、締め切りが迫っている場面であれば、時間がいかに押しているかを紙に書き出してみましょう。そして、ストレスを高めた状態から、ルーティーンや呼吸法によってストレスを解放し、目の前の作業に意識を傾けます。そうすることで、仕事の効率は格段にアップするでしょう。

***
集中力ややる気は、日によって不安定でどうしようもないものととらえられがち。しかし、それを自分でコントロールし、作業効率を高める方法は、深く研究されてきているのです。この記事を参考に、自分なりの方法を身に着けてみてください。

(参考)
INDUSTIRY CO-CREATION|ゾーン(究極の集中状態)に入るための3つのステップ。「ストレス」「リラックス」「集中」(前編) -ICCカンファレンス TOKYO 2016
高妻容一著(2002),『今すぐ使えるメンタルトレーニング 選手用』,ベースボールマガジン社.
勝木光著,『ベイビーステップ』,講談社.