きょうの英語フレーズ、今週のテーマは「ビジネスメール」です。仕事においてメールでのやり取りは不可欠。そんなメールでのやり取りを円滑する、ビジネスメールに関する英語フレーズをご用意しました。

I’ll forward you the email from the manager.

マネージャーからのメール転送するね。

メールを別の人と共有したいとき、便利なのが転送機能。そんなときに添えるフレーズがこちら。”I’ll forward you the email from the manager.” 「マネージャーからのメール転送するね。」

Could you let me know your response by friday?

金曜日までにお返事頂けますか?

期日を守ることはとても大切です。それはメールであっても同じですよね。相手からの返信が遅いと自分の仕事も滞ってしまう! そうならないためにも、予め一言伝えておきましょう。”Could you let me know your response by friday?” 「金曜日までにお返事頂けますか?」

Could you send me the document in a PDF format?

書類をPDF形式で送って頂けますか?

書類をメールで送る場面は少なくありません。送ってもらうときに自分が欲しい形式を指定すると次に行う業務もよりスムーズに進めることができます。そんなときはこちらのフレーズ。”Could you send me the document in a PDF format?” 「書類をPDF形式で送って頂けますか?」

Could you CC me as well?

私もCCに入れて送って頂けますか?

念のためメールの内容を自分にも共有してほしいとき、CCに入れてもらいますよね。そんなときはこのフレーズ。”Could you CC me as well?” 「私もCCに入れておくって頂けますか?」

Could I have your email address please?

メールアドレスを教えて頂けますか?

外部の方へ資料をメールで送りたい、でもそういえばメールアドレスを聞いてなかった! そんなときにはこちら。”Could I have your email address?” 「メールアドレスを教えて頂けますか?」

I just sent you an email so please check it.

今メールお送りしたのでご確認頂けますでしょうか?

人によって一日に受け取るメールの件数って違いますよね。中には一日で1000件近くをさばく人もいるのではないでしょうか? 自分の大事なメールがそんな中に埋もれないためにも、メール送信後に一言伝えてあげるとより確実ですよね。”I just sent you an email so please check it.” 「今メールお送りしたのでご確認お願い致します。」

There was no attachment.

添付がなかったよ。

メールに添付ファイルを誤って添付せずに送ってしまった……。なんて経験ありませんか? 誰もが一度はしてしまう失敗だからこそ気付いたときはそっと教えてあげましょう。”There was no attachment.” 「添付がなかったよ。」