みなさんいかがお過ごしでしょうか。

「英語のプロトレーナーが教える」英語の耳をつくるための6つのルール、第3回をお送りします。

前回は、弱く発音される「弱形」(weak form)というものをご紹介しました。
しかし、英語のネイティブが使う音声変化はまだもう少しあります。今回はあらたに2つのルールをご紹介します。

badge_columns_1001711なんと。消えてしまう音さえある!

まずは動画をどうぞ。

いかがでしょうか。

なかなかタフになってきましたが、ルールをきちんと押さえた上でご自分でも発音してみてください。必ず言えるようになるし、そうすれば音は聞き取れるようになります。

前回の動画と併せてご確認くださいね。

第2回動画→英語のジムENGLISH COMPANY 人気トレーナーの教える『英語の耳』の作り方
第1回動画→英語が聞けないのはルールを知らないから! 人気トレーナーが教える『英語の耳』の作り方

今年6月にオープンした、英語のパーソナルジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」
トレーニング3ヶ月を終えて、大きく英語力を伸ばす方がついに出始めました。

あなたに3ヶ月間「英語のパーソナルトレーナー」をつけるという新しいコンセプトで、英語力を一気に押し上げます。

StudyHacker ENGLISH COMPANY 公式サイト

こちらの記事もチェックしてくださいね!
TOEIC 3ヶ月で400点アップ! 英語の「ジム」 English Company モニターインタビュー
6つのルールで英語は絶対聞き取れる! リスニング特訓アプリ【Listening Hacker】リリース!