こんにちは、STUDY HACKER編集部です。

今回は企画第2弾です。
ミス東大2014候補の吉田菜季さんと一緒に、渋谷駅徒歩1分にある会員制自習室「Study Lounge」におじゃましてきました。

Study Loungeは高校生に人気の勉強記録アプリ「Studyplus」のスタディプラス株式会社が運営している会員制自習室です。

渋谷駅から徒歩1分という驚異的に便利な立地に加え、ブース式自習スペースとラウンジスペースを兼ね備えており、高校生・大学生・ビジネスパーソンといった様々な層から人気を得ています。

今回は特別に許可を頂いて、実際にStudy Loungeの中に入れさせて頂きました!
前半では吉田さんにレビュー頂きながら内部を少しだけご紹介。
そして後半では、「スタディプラス株式会社」の廣瀬社長にインタビューすることができましたので、その模様をお送りします。

badge_Columns_100Study Loungeご紹介

sl-entrance

入り口からすでに重厚感があります。中に入ってみましょう。

cafespaceview_slide03

入ってすぐに見えるのは、このラウンジスペースです。
吉田「わぁ、すごいオシャレ!これなら全然カフェで勉強するよりこっちのほうがいいですね。」
私もびっくりしました。アンティーク調の家具で囲まれており、普通のカフェよりもオシャレに出来ています。

入ってすぐ受付がありますので、そこで利用手続きをしましょう。

晴れてる時は窓際に行けば、陽の光を浴びながら勉強することができます。
パンフレットを見ながら、
「ドリンクサービスがあるんですね!コーヒーも飲み放題……たくさん飲んじゃいそうですが……笑」

奥にはソファーもあってゆったりくつろげるスペースもあります。
ラウンジスペースは基本的におしゃべりも大丈夫なようなので、友達同士で利用しても情報交換などできますね。

PC・Wi-Fi・プリンタも完備されているので、大学生やビジネスパーソンにも重宝しますね。
ちなみに各テーブルの下にはコンセントが付いていますので、電源難民にもありがたい作りになっています。

広めなテーブルもあります。ここでごはんを食べることもできます。

奥に見える扉はブース式自習室の入り口です。
ラウンジスペースとは打って変わって、私語厳禁の集中スペースになっています。

「よくある予備校の自習室とは違って、椅子も豪華になっていますね。これなら疲れないで勉強できそう……!」
陽の光も入るので、閉塞感など感じずに勉強することができます。

営業時間も7:00〜23:00と長時間!ここまで至れり尽くせりな自習室ならあっという間に一日経ってしまいそうですね。

daito-ec
90日でTOEIC835点、英語会議もストレスなしに。パーソナルトレーナー × 科学的トレーニングの『英語の90日』
人気記事

badge_Columns_100スタディプラス廣瀬社長インタビュー

■拝見させて頂きありがとうございました。とてもオシャレな作りでしたが、コンセプトなどはあったのでしょうか。

僕が予備校時代に通っていたカフェがオシャレでとても集中できたんですよね。でも旧来型のブース式自習室も集中できるので、いいとこどりをしたという。

■実際にStudy Loungeの営業が始まったのはいつ頃からですか。

2014年、今年の3月からですね。

■現在利用されている方の割合はどれくらいなのでしょうか。

6割程度が大学生・社会人の方で、残り4割が大学受験生の方ですね。

■元々は人気アプリ「Studyplus」を運営されていらっしゃるわけですが、そのオンラインサービスとオフライン自習室というのは元々の構想としてあったのでしょうか。

いえ、元々はなかったんですけど、ちょっと実験的な試みとして、ITとリアルというところで両方やってみたいな、と。

■なるほど。ではStudyplusについても少々お聞かせ下さい。ユーザーの方は現在どれくらいいらっしゃるのですか。

80数万人ですね。高校生がよく使う勉強系アプリのランキング*で1位を頂きました。
*リクルート進学総研(2014)「高校生価値意識調査2014」

■最近APIを導入してプラットフォーム化が顕著ですが、他アプリとの連携でさらに存在感を高めていくという方向性なのでしょうか。

それもありますし、もちろん引き続きStudyplus自体のユーザー数を増やしていきたいと思っています。
さらにプラスアルファのところで、僕たちはスマートフォンを使うことで教育のあり方を変えていけると思っています。Studyplusってのは勉強の記録をつけるアプリなんですけど、その中で、記録をグラフにしたりとかSNSで交流したりもできます。

でもそれでやってることって実はそんなに特殊なことではないと思っています。勉強の記録をつけるって言われてみれば当たり前のことで。その延長線上に発展可能性がすごくあるんじゃないのかなって。うちで英単語アプリ作ってみた(ラーニングドラゴン英単語3300)っていうのも、Studyplusをプラットフォームとして展開しているからこそ、その先にある発展可能性を感じたからなんですよね。

■なるほど、他にもStudyplusを学校や予備校、塾といった教育機関に導入してもらうという方向性も出てきますね。

ただ、そこに関しては色々とちょっと難しいかなってところもあったりしますが、その方向性ももちろんあります。

■そのままオフラインに乗り込んでいく形なのでしょうか。

そうですね、ただ、オンラインだけじゃない、O2Oとしての展開をしていきたいと思っています。あくまで、僕たちは教育をテクノロジーを使って変えていきたいというところなので。

■今後の展開に期待しています。本日はありがとうございました。

ありがとうございました!

***

いかがでしたでしょうか。渋谷から駅チカでここまで利用しやすい自習室はなかなかないと思います。人気が出過ぎて締切の時間が出ることもあるとか。受験生・ビジネスパーソン問わず是非利用したいところですね。